知られざるレモンの効果12

· 3月 3, 2016
レモンは、世界中の家庭で使われているフルーツです。料理に使っても、ジュースにしてもとてもおいしいだけでなく、非常に高い栄養価や健康効果があります。

レモンは主に、そのビタミンCの高い含有量と、ビタミンB、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウムや食物繊維が含まれていることで知られています。レモンは古代より薬として使われており、また現代では、研究によって更なる健康効果が明らかになっています。この記事ではレモンの12の効能についてご紹介します!

レモンの主な効能の一つは、体内のpHの値を調節することです。現代では多くの人が酸性の食品を摂っており、体の酸化に対抗するためにレモンを食べることが推奨されています。それでは、レモンのその他の効能を見ていきましょう。

利尿作用

ライム

レモンには抗酸化物質、ビタミンとミネラルが豊富に含まれており、体内の余分な水分と、毒素を排出する利尿作用があります。このため、高いデトックス効果と、病気を予防する効果があります。

血液をきれいにする

レモンに含まれる抗酸化物質は、動脈をきれいにすることと、体が血中の老廃物や毒素を取り除くことを促す効果があり、循環器の病気を予防します。また、コレラやマラリアのような病気の治療にも役立ちます。

熱を下げる

風邪やインフルエンザが原因で熱が出たときに、お湯にレモンの果汁を入れて飲むことで、体の防御機能を高め、体温を下げるのを助ける効果があります。

血圧を下げる

高血圧

レモンの果汁を入れた水を頻繁に飲むことは、高血圧の治療を補う効果があります。これは、体内の余分な水分の排出を促し、血圧を下げるのに役立つ、カリウムの作用によるものです。

喉の感染症を治療する

レモンは、さまざまな種類の感染症に対抗する、抗菌・抗ウイルス作用で知られています。喉の感染症についても、レモンを使ったいくつかの治療法があります。一つめの方法は、お湯にレモンの果汁を入れて飲むこと、二つめは、レモンの果汁でうがいをすることです。これらの治療法を一日に数回行いましょう

呼吸器の症状

レモンは、ビタミンCの高い含有量と、抗菌・抗ウイルス作用によって、呼吸器の健康にも素晴らしい効果があります。気道をきれいにし、ぜんそく、気管支炎などの呼吸器の症状を治療するための免疫機能を強化するのに役立ちます。

豊富な抗酸化物質

レモンティー1

レモンには、フリーラジカルに対抗し、がんのような深刻な病気をも予防する効果のあるビタミンCと抗酸化物質が豊富に含まれています。また、早期老化の予防にも素晴らしい効果があります。

こちらの記事もごらんください:早期老化の5つの原因

胃腸の症状

レモンには、体内のpHの値を調節し、以下のような胃腸の症状を改善する効果があります:

  • 腹部の膨満感
  • 便秘
  • 消化不良
  • 寄生虫
  • 吐き気
  • 胃酸過多

減量効果

体重計1

体重を減らすためには、食事にレモンを取り入れることをおすすめします。レモンを食べることで、体脂肪を減らし、体から毒素を排出するのを促す効果があり、また、満腹感も得やすくなります。胃が空っぽの状態で、レモンの果汁を入れたお湯を飲むのが効果的です。

デンタルケア

レモンの果汁には、歯肉からの出血や口臭を防ぎ、歯を白くする効果があります。

こちらの記事もご覧ください:口臭を解消する5つのコツ

健康な肌

レモンを毎日食べることは、健康的で、若々しく、輝くような肌を手に入れるために役立ちます。また、レモンの果汁は、肌の感染症やにきび、脂性肌、シミなどを治療するために、局所的(広範囲には使わないでください)に使うこともできます。ただし、レモンを塗った肌が日光にさらされることで副作用が起きる場合がありますので、必ず夜に使用してください。

輝くような髪

輝く髪

レモンは髪と頭皮にも素晴らしい効果があります。レモンの果汁は、頭皮をきれいにし、フケを予防し、髪の手触りを改善し、輝きを保つために役立ちます。