プロテインシェイクとその効果

· 5月 12, 2019
プロテインシェイクは、健康的なダイエットを補完するのに役立ちますが、専門家のアドバイスに従い、自分の体に合うものを適量摂取することが大切です。自己流の摂取法は、副作用などのリスクがあります。

現代社会では、多くの人が健康に気を配り、運動を行なっています。

運動を始めるとプロテインシェイクという言葉を耳にする機会も増え、どんなものなのか興味を持っているけれどまだ飲んだことがないという人も少なくありません。

本記事では、運動とプロテインシェイクの関係やその効果についてご紹介します。

タンパク質とは?

ジョギング前のタンパク質補給

タンパク質とは、アミノ酸によって形成される主要な栄養素で私たちの体に非常に大切なものです。

ペプチド結合と呼ばれる「鎖」によって融合されているタンパク質は、骨、筋肉、体内器官、そして皮膚で行われる体内組織の形成と再生に深く関わっています。

また体内機能が重要に機能するのに役立つ機能もあるタンパク質は、食品を通じて私たちの体内に吸収されます。

タンパク質の構成要素をご紹介します:

  • 水素
  • 炭素
  • 窒素
  • 酸素
  • 硫黄

タンパク質は、私たちの体内組織の重量のおよそ半分を占めています。

プロテインシェイク

プロテインシェイクを作る女性

プロテインシェイクについては、良い情報だけでなく間違った情報も多く広まっています。

プロテインシェイクを、筋肉をつけたい人やボディービルディングの大会に出る人だけのものと考えている人もいますが、実は運動行なっている人にとっては、体内にタンパク質を補給する食事を補完する非常に便利なものです。

ジムで頑張って運動しているのならば、プロテインシェイクは運動の効果を高める非常におすすめの飲み物です。

プロテインとはタンパク質のことで、プロテインシェイクには大量のタンパク質が含まれています。

プロテインシェイクの主な働きは、筋肉の形成に役立つタンパク質を効果的に体内に補給することです。

定期的に一貫した運動を続ける人が多くいます。

計画を立てて自分にあった運動を継続して行なっている人は、バランスのとれた、炭水化物、ミネラル、たんぱく質が豊富に含まれている健康的な食事を組み合わせることが大切です。

しかしどれだけ健康的な食生活を心がけていても、激しい運動や定期的に運動している人には、タンパク質が不足しがちです。

これを補うのがプロテインシェイクです。

体内に十分なタンパク質を補う効果のあるプロテインシェイクには、様々な種類があります。

含まれているタンパク質の量やシェイクそのものの風味にもいろいろなバリエーションがあり、専門家のアドバイスのもとで、自分にあったプロテインシェイクを選ぶことが大切です。

こちらもご参考に:筋肉肥大にならないエクササイズルーティーン

プロテインシェイクが効果的な理由

シェイクを飲む女性

プロテインシェイクを頻繁に活用しているのは運動選手でしょう。

彼らは常に激しいトレーニングを行うため、体内に定期的に必要量のタンパク質を補給することで、激しいトレーニングの効果を高める必要があるからです。

運動選手の多くが、トレーニングの直後にプロテインシェイクを摂取して、タンパク質を補いながらエネルギーを回復させます。

運動選手だけではなく、定期的に運動している人にもプロテインシェイクはおすすめです。

ただしプロテインシェイクだけに頼るのではなく、必ずバランスのとれた健康的な食生活を補完するものと考えてください。

プロテインシェイクを飲む上で大切なのが、それぞれのプロテインシェイクに含まれているタンパク質の量を知ることです。

それぞれの製品には異なる量のタンパク質が含まれているため、自分に合うプロテインシェイクを選び、タンパク質の過剰摂取を控えてください。

タンパク質は私たちの体に大切な栄養素ですが、過剰摂取は健康に悪影響を及ぼします。

また、プロテインシェイクは食事の代わりにはなりません。体内にタンパク質を補い体が適切に機能するのを助けるサプリメントですが、食事の代わりになる他の栄養素は含まれていません。

必ず推奨されている用量を守り、健康的でバランスのとれた食生活と組み合わせてください。

健康を促進

ある研究によると、プロテインシェイクの中でも牛乳から作られるホエイ(乳清)をベースにしたシェイクは、骨粗鬆症に苦しむ人に役立つことがわかりました。

ただし、タンパク質の摂取量が多すぎると、骨が弱くなるため正しい摂取量を維持することが欠かせません。

タンパク質やタンパク質サプリメントは免疫機能を高めるのに役立つと考えられているため、怪我をしたときに傷を適切に治癒させるのに役立ちます。

コレステロール値を正常に保つ効果が期待できるタンパク質をプロテインシェイクで補給することで、心血管機能の改善に役立ちます。

大切なのは、プロテインシェイクを飲むだけで健康上の問題が全て解決すると考えないことあり、医師の治療や医師が処方した薬と置き換えることはできません。

過剰なタンパク質の摂取は、逆に心血管系やコレステロールの問題を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

こちらもご参考に:食べ物とエクササイズ:雑誌のボディを目指す鍵

プロテインシェイクの欠点

プロテインシェイクを飲むことで得られる利点をご紹介しましたが、プロテインシェイクが引き起こす可能性がある欠点や悪影響を理解することも大切です。

長期的に正しい摂取量を守り、過剰に摂取しない限りは安全ですが、タンパク質を過剰に摂取することで、尿中のカルシウム値が増え、尿路結石や骨粗しょう症などのリスクが高まり、腎臓結石を引き起こす可能性も高まります。

これは窒素が増加することで、血中の窒素値が上昇し脱水症状などを引き起こすリスクも高まります。

プロテインシェイクは専門家のアドバイスに従い、適量を守って摂取することが大切です。

  • He T, Giuseppin MLF. Slow and fast dietary proteins differentially modulate postprandial metabolism. International Journal of Food Sciences and Nutrition 2014; 65 (3): 386-390. Available at: https://doi.org/10.3109/09637486.2013.866639. Accessed 01/20, 2019.
  • Morton RW, Murphy KT, McKellar SR, Schoenfeld BJ, Henselmans M, Helms E, Phillips SM. A systematic review, meta-analysis and meta-regression of the effect of protein supplementation on resistance training-induced gains in muscle mass and strength in healthy adults. British Journal of Sports Medicine 2018; 52 (6): 376-384. Available at:  https://doi.org/10.1136/bjsports-2017-097608. Accessed 01/20, 2019.
  • Phillips SM. Dietary protein requirements and adaptive advantages in athletes. British Journal of Nutrition 2012; 108 (S2): 158-167. Available at: https://doi.org/10.1017/S0007114512002516. Accessed 01/20, 2019.
  • Phillips SM, van Loon LJC. Dietary protein for athletes: From requirements to optimum adaptation. Journal of Sports Sciences 2011; 29 (s1): 29-38. Available at: https://doi.org/10.1080/02640414.2011.619204. Accessed 01/20. 2019.
  • Schoenfeld BJ, Aragon A, Wilborn C, Urbina SL, Hayward SE, Krieger J. Pre-versus post-exercise protein intake has similar effects on muscular adaptations. PeerJ 2017; 5. Available at: https://doi.org/10.7717/peerj.2825. Accessed 01/20, 2019.