あなたは大丈夫?タンパク質不足の4つの兆候

· 9月 16, 2017
栄養不足が慢性疲労や抜け毛の原因になることをご存知でしたか? 不安な方は栄養士に相談し、欠乏している栄養素を見つけることが大切ですが、実はタンパク質の欠乏が原因かもしれません!

食事にタンパク質が不足していませんか?

日々のエネルギーは私たちが食べるものから得られるため、食事は人間の成長や健康に欠かせません。

食事は私たちの「燃料」となって体を動かすため、バランスのとれた質の良い食事が、体内機能を正常に働かせながら私たちの健康を維持します。

炭水化物、脂質、そしてタンパク質などは特に重要な栄養素の一つです。本記事で詳しくご説明します。

タンパク質の大切さ

現代社会では、食生活のバランスの乱れが大きな問題となっています。タンパク質の取りすぎやタンパク質不足が指摘されています。

ダイエットなどを始めると、タンパク質を過剰に摂取する生活から、今度は不足する生活へと移行することがあります。

まずはじめに、タンパク質の体内での働きを理解し、必要量を摂取することが大切です。

  • エネルギー全体の15%を体内に供給する
  • 筋肉、爪、肌、そして髪の形成をサポートする
  • 抗体を作り、感染症を治療する
  • 筋肉を強化することで減量効果を促進する
  • 赤血球や酵素の生成をサポートする
  • 体内の水分量に影響を与える

タンパク質不足の兆候

タンパク質が不足している時にどのような兆候や症状が現れるのかを理解することが大切です。

以下でご紹介する症状が現れたら、医師や栄養士に相談して、専門家の指導の元で正しい治療や食生活の改善を行ってください。

1. 病気になりやすい

最初に影響を受けるのは免疫システムです。

免疫システムはタンパク質の摂取と密接に関わりがあるため、タンパク質が不足すると、タンパク質でできている抗体が欠乏し、病気になりやすくなり、最終的に体全体にダメージを与えます。

2. 筋肉の密度の減少

タンパク質の大きな役割の一つが筋肉の形成です。

ジムなどで体を鍛え始めると、まず最初にタンパク質を積極的に摂取するように指導を受けます。これは筋肉を形成する近道だからです。

しかしタンパク質が不足すると筋肉が萎縮したり小さくなり、時間の経過とともに体全体が弱くなります。

一見するとその変化に気づかないかもしれませんが、体内では筋肉量が減少し、怪我やけいれんなどが起こります。その後、手脚に影響を及ぼします。

3. 慢性疲労

慢性疲労はタンパク質不足の最も顕著な兆候の一つです。

普段行なっている行動を行うことができなくなるなどの症状が現れます。特別な理由もなく疲労感を感じる時、タンパク質不足を疑ってください。

4. 肌のトラブル

肌の表面を健康的に保つためにも、私たちの組織は多くの栄養素を必要とします。その中でもタンパク質はとても重要です

タンパク質が不足すると、コラーゲン、ケラチン、そしてエラスティンが形成されなくなり、肌の保湿や弾力、そして自己防御機能に悪影響を及ぼします。

またタンパク質不足は、毛包にダメージを与えるなど髪にも大きな影響を与えます。髪の成長だけではなく、その強さなどにも影響を与えます。

これらに加えて、タンパク質不足がシワやほうれい線の原因となることもありますので気をつけましょう。

メイン画像転載元 © wikiHow.com