ポトスで家の空気をきれいに

· 11月 5, 2015
ポトスは有毒なので、絶対に口に入れないでください。適当な部屋に置くことによって、その効能を享受できます。

つる性植物のポトス(和名:黄金葛)は、最近、多くの家に吊り下げられているポピュラーな植物ですが、その健康上の最大の2つの利点はあまり知られていません。 ポトスは成長する間、部屋の空気をきれいにし、目のうっ血や炎症がある場合に目をリラックスさせます。 また、高眼圧症、白内障、緑内障の予防・治療に役立ちます。この記事では、ポトスの利点を詳しく説明し育て方や、その健康効果を最大にするために何をすればいいか、ご紹介しましょう。

ポトスの特長とケア

ポトス2

ポトスは屋外で育てた場合、明るい色のストライプや模様が出る、緑色の幅広い葉を持っています。よく成長させるためには、一定の条件が必要です。温度は16〜24度の間に保たなければならず、 屋内を好みます。ある程度の光は必要ですが、直射日光を受けてはいけません。

根腐れを避けるため、頻繁に水やりしないでください。ポトスを増やしたい場合は、茎をカットし、水をいれたコップの中に根が出るまで差しておき、新しい植木鉢に植え変えましょう。

こちらの記事もご覧ください:空気を綺麗にしてくれる8つの植物

注意

毒があるので絶対にポトスを食べてはいけません。これからご紹介するポトスの利用法は、屋内に置く場合を想定しており、また葉を利用するときも、葉を摘まずに植物につながったままで利用するものです。

どのように空気を浄化するのか?

ポトス3

この植物は、塗装や内装されたばかりの部屋でよく検知されるホルムアルデヒドといった有毒ガスなど、それを置いた部屋の空気をきれいにします。ホルムアルデヒドは、例えば木製の家具に使われる化学物質であり、研究によると、その煙は有毒で、長期的に見ると発がん性を有しています。 私たちも、気づかないうちに吸い込んでいることがよくあります。

ポトスはまたベンゼンと一酸化炭素を除去するため、夜間の酸素量を気にせずに寝室に置くこともできます。また、ポトスは嫌な匂いを排除するということがいくつかの研究で証明されています。こうしたすべての理由から、台所、浴室、リビングルームなど家全体にポトスを置きましょう。空気がはるかにきれいになっているのに、すぐに気づくはずです。

目の炎症をどのように落ち着かせるのか?

目

目の炎症や疲れ目に悩んでいる時、ポトスには驚くべき利点があります。 これは、コンピュータを長時間使ったり、眼精疲労の場合に特に顕著です。 また、緑内障や白内障の防止に役立つと考えられています。

こちらの記事もご覧ください:緑内障を予防するためにできること

この植物の目への利点を最大にするために、以下の簡単な手順に従ってください:

  • 湿った布でポトスの葉のほこりを落としてきれいします。でも、葉は摘まないでください。 植物全体のエネルギーがある状態で使います。
  • 楽な姿勢で座ってください。ツルを一つつまみ、目を閉じて、まぶたの上に手のひらで葉をそっと当てます。ひじを机につくと、無理な姿勢で余計な力が入らずリラックスした状態でいられるでしょう。
  • 目を閉じたまま3〜5分間座り、完全にリラックスさせます。
  • ゆっくり目を開くと、目がはっきりし、よりリラックスしていると感じるでしょう。
  • 目が疲れたり炎症がある時は、いつでもやってみてください。緑内障や白内障の予防には、病気のリスクを下げるために、毎日行いましょう。

白内障についての注意

白内障を未然に防ぐことができる初期の兆候の一つは、瞳(虹彩内部の黒い丸)の近くにできた緑や銀の小さな傷です。 これは、すぐに治療を開始できるよう、眼科医の診察を受ける必要があるという明確なサインです。 この場合、1日2〜3回、上記のようにポトスの葉を目に当てることで、医師の治療を補完できます。