ペプチドの概要と肌への効果

ペプチドは、コラーゲンの構成要素です。この記事では、ペプチドについて、そしてなぜ今日の化粧品業界でペプチドが重要なのかについてご紹介します。
ペプチドの概要と肌への効果

最後の更新: 03 9月, 2021

昨今、エステやコスメで使われる新しい製品や技術が圧倒的に増えています。その中には、スキンケア用のペプチドも含まれています。

ペプチドとは、短いアミノ酸の鎖のことです。コラーゲンやエラスチンの材料となる、肌にとって重要な成分です。

ペプチドは体内で自然に生成されますが、コラーゲンの生成量は30歳を過ぎると年に1%の割合で減少します。

そのため、肌のなめらかさが失われ、シワやたるみが現れ、ツヤのない肌になってしまうのです。それを防ぐために、最近では多くのセルフケア製品にペプチドが配合されています。

さて、若さを取り戻すための「奇跡の製品」を謳うトレンドや成分が多い中、ペプチドは本当に効果があるのでしょうか? 以下で、この疑問に答えてみたいと思います。

ペプチドのさまざまな種類

ペプチド
ペプチドはコラーゲンが連なってできたもので、30歳を超えると、体内での生成量が減っていきます。

まず始めに、ペプチドにはいくつかの種類があり、それぞれが異なる機能や肌への効果を持っていることを知っておく必要があります。ここでは主なものを紹介します。

細胞膜透過性ペプチド(CPP)

細胞膜を通過することができるタイプです。ミネラル(カルシウム、マンガン、鉄など)を届け、コラーゲンを増やす効果が期待できます。

酵素阻害ペプチド

その名の通り、特定の酵素を阻害する作用を持つペプチドのことです。特定の酵素とは、主に血管系に存在するアンジオテンシンなどです。その一方で、肌の自然なコラーゲン分解プロセスを止める働きもありあます。

シグナルペプチドまたはトランジットペプチド

シグナルペプチドは、ポリペプチド鎖の合成において最初に登場し、タンパク質の行き先を示す役割があります。シグナルペプチドのメッセージが肌に届くと、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。

神経ペプチド

神経伝達ペプチドは、アミノ酸からなる化学物質です。神経の末端から分泌され、さまざまな器官の活動に影響を与えます。

特定の化学物質をブロックし、その化学物質が放出されることで筋肉の収縮を引き起こします。そのため、美容面ではシワや小ジワを伸ばす効果があるとされるのです。

テトラペプチドとヘキサペプチド

ペプチド鎖の長さの違いにより、テトラペプチド、ペンタペプチド、ヘキサペプチドがあり、それぞれ機能や効果が異なります。

  • テトラペプチドやペンタペプチドは、デリケートな部分(目の下の袋など)に作用し、皮膚を引き締める効果があります。一方、ペンタペプチドは、組織の修復を促進し、治癒に貢献し、コラーゲンの合成を高め、促進します。
  • ヘキサペプチドは、シワに作用して筋肉をリラックスさせます。ボトックスのような効果がありますが、針を使わず、副作用もありません。

その他のペプチド

ペプチドQ10は、コエンザイムQ10の合成を促進します。専門家による研究では、運動能力への影響が指摘されています。また、老化を遅らせ、フリーラジカルを中和する抗酸化物質であるとも考えられています。

最後に、銅ペプチドもあります。専門家の間では、この金属の細胞に対する酸化活動を防ぐことができるのではないかと推測されており、その特性についてはまだ研究中です。しかし、その美的効果はまだ証明されていません。

こちらもお読みください:コラーゲンを毎日摂ることの7つの効能

ペプチドの肌への効果

ペプチド 肌
ペプチドは、皮膚を潤わせ、すべすべでモチモチに保ち、結果若々しく見せてくれます。

ペプチドは体の中でさまざまな働きをしています。酵素やホルモンの材料になったり、エネルギー源になったりしています。

重要なのは、ペプチドは、コラーゲンが破壊されて失われた分を補うために、より多くのコラーゲンを生成しなければならないと細胞に「伝える」ことです。

したがって、ペプチドの主な働きは、コラーゲンの生成、保護、補充を助けることです。ペプチドのその他の機能は、この機能から派生したものであると言えます。

特に、ペプチドはいくつかの方法で肌に恩恵を与えます。

  • 水分補給。コラーゲンが減少すると、皮膚が脱水症状を引き起こします。ペプチドはこの物質の生産を増加させるので、肌の水分損失の影響を逆転させたり、軽減させたりします。
  • 肌の柔らかさ、弾力性、ハリ。コラーゲンと水分が回復すると、すぐに目に見える形で肌の柔らかさ、弾力性、ハリが出てきます。ペプチドはエラスチン繊維も構成していることを忘れないでください。
  • シワや表情ジワの減少。コラーゲンが増えると、肌が滑らかになり、若々しい印象を与えます。肌にハリと滑らかさがあると、シワや表情ジワが目立たなくなるからです。
  • 肌のバリア。ペプチドは、感染症に対する最初の防御線となります。コラーゲンの生産量が増えると、肌が強くなり、抵抗力が増します。

こちらもお読みください:スキンケアとお肌の健康についての真実

ペプチドの働き

ペプチドはアミノ酸の鎖であり、アミノ酸は体中のタンパク質を構成する成分です。

ペプチドを含む化粧品やトリートメントを使用すると、基本的にペプチドが肌に浸透し、体内の細胞に「もっとコラーゲンを作らなければならない」というメッセージを伝えます。いわば、体をだましているようなものです。しかし、この場合は、目的が手段を正当化しています。

コラーゲンの生成を促す方法は、化粧品以外にもあります。ゼラチン、サーモン、ピーマン、トマトなど、コラーゲンを多く含む食品があります。

ペプチドスキンケア製品のポイント

一般的に、ペプチドは肌に良いと言われています。しかし、すべてのペプチドが同じというわけではありません。コラーゲンの生成を促すシグナルを出すものや、酵素の生成を阻害するものなどがあることは前述しました。しかし、ほとんどのペプチドは水を集める働きをします。

また、ペプチドは他の成分と組み合わせることもできます。ペプチドは、肌の特定の受容体に結合することで、アンチエイジング、保湿、抗酸化、ハリ・弾力、組織修復、美白、ニキビ抑制など、さまざまな効果を発揮します。

ペプチドスキンケア製品を選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  • 本当にペプチドが配合されているかどうかを確認する。しかし、別の名前(パルミトイルなど)で登場することもあることを忘れないでください。
  • 最適な製品を選ぶ。例えば、クリームは肌に触れている時間が長いため、より効果的です。これは、肌がより多くのペプチドを吸収することを意味します。
  • 1つの製品にすべてが含まれているわけではないので、自分のニーズに合わせて選択するとよいでしょう。なお、テトラペプチドは弾力性やハリを高め、ヘキサペプチドはツヤや見た目を整える効果があるとのことです。
  • 最後に、その他の成分を見てみましょう。ペプチドの中には、他の成分と組み合わせることで効果を発揮するものがあります。例えば、ビタミンCやナイアシンアミドなどです。したがって、ペプチドのスキンケア製品にそれらが含まれていればより安心できます。

ペプチドの禁忌と注意すべき点

ペプチド 禁忌事項
基本的に禁忌事項はありませんが、稀にアレルギー反応を起こすことがあります。

一見、奇跡のような物質ですが、何事にも必ずマイナス面があります。

まず、「ペプチド」という言葉は、短いアミノ酸の鎖を総称しています。

実際にはさまざまな種類があり、そのすべてが肌に作用するわけではありません。そのため、肌を再生する成分が含まれていなくても、マーケティングのための「ラベル」としてペプチドという言葉が使われてしまう可能性があるのです。

研究は今も行われています。中には、対照群の臨床研究に限ってですが、すでに分析が完了しているペプチドもあります。つまり、少量のサンプルや実験室条件下(in vitro)での研究です。ペプチドは肌に良い影響を与える可能性がありますが、はっきりとした主張をするためには、科学的にはまだ長い道のりがあります。

良いニュースは、好ましくない反応が観察されていないこと、毒性がないこと、そしていくつかの副作用があるだけであることです。ごくまれにアレルギーの報告もあります。ただ、高価なものが多いのが難点です。

ペプチドは若さの秘訣か

他の多くの製品と同様に、ペプチドは究極の老化防止剤として宣伝されています。大手チェーン店やオンラインショップでは、クリームやマスクなどの製品に含まれています。

確かに、ペプチドは役に立ちますが、奇跡的なものではありません。老化を抑えたり遅らせたりするには、食事や運動、十分な水分補給やストレス解消など、さまざまな要素を組み合わせる必要があります。また、ペプチドはすでに体内に存在していることを忘れてはいけません。

1日2回を目安に、適度な量を塗るとよいでしょう。また、肌がより良く吸収するような製品を選ぶようにしましょう。

一方、医学研究者たちにより、ペプチドの肌の若返り効果についての研究は続けられています。

こちらの記事もおすすめです。
毎晩のスキンケアにおすすめ:7つの美容ルーチンとは?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
毎晩のスキンケアにおすすめ:7つの美容ルーチンとは?

毎晩の スキンケア は、毎朝家を出るまでの様々な用意と同じくらい、またはそれ以上に重要なルーチンです。美しい肌を目指す場合は、毎朝晩のスキンケアが欠かせません。本記事では、毎晩のスキンケアで行うべき7つの方法をご紹介します。肌を休ませながら活力を取り戻す夜のスキンケア ルーチン が完成します。



  • Alencar-Silva T, et al. (2018). Breaking the frontiers of cosmetology with antimicrobial peptides. Biotechnology Advances. 2018; 36(8): 2019-2031.
  • Deptuła M, Wardowska A, Dzierżyńska M, Rodziewicz-Motowidło S, Pikuła M. Antibacterial Peptides in Dermatology-Strategies for Evaluation of Allergic Potential. Molecules. 2018; 23(2): 414.
  • Edgar S, Hopley B, Genovese L, Sibilla S, Laight D, Shute J. Effects of collagen-derived bioactive peptides and natural antioxidant compounds on proliferation and matrix protein synthesis by cultured normal human dermal fibroblasts. Sci Rep. 2018; 8(1):10474.
  • Elias P. Skin barrier function. Curr Allergy Asthma Rep. 2008; 8(4): 299–305.
  • Errante F, Ledwoń P, Latajka R, Rovero P, Papini AM. Cosmeceutical Peptides in the Framework of Sustainable Wellness Economy. Front Chem. 2020; 8: 969-977.
  • Ito N, Seki S, Ueda F. Effects of Composite Supplement Containing Collagen Peptide and Ornithine on Skin Conditions and Plasma IGF-1 Levels—A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Marine Drugs. 2018; 16(12):482.
  • Lei J et al. The antimicrobial peptides and their potential clinical applications.
    Am J Transl Res. 2019; 11(7): 3919–3931
  • Lim, S.H., Sun, Y., Thiruvallur Madanagopal, T. et al. Enhanced Skin Permeation of Anti-wrinkle Peptides via Molecular Modification. Sci Rep. 2018; 8: 1596
  • Lin’kova N, Drobintseva A, Orlova O et al. Peptide Regulation of Skin Fibroblast Functions during Their Aging In Vitro. Bull Exp Biol Med. 2016; 161: 175–17.
  • Pascarella S, Tiberi C, Sabatino G, Nuti F, Papini A, Giovannelli L, Rovero P. Serpin A1 C-Terminal Peptides as Collagen Turnover Modulators. ChemMedChem. 2016; 11: 1850-55.
  • Proksch E, Segger D, Degwert J, Schunck M, Zague V, Oesser S. Oral supplementation of specific collagen peptides has beneficial effects on human skin physiology: a double-blind, placebo-controlled study. Skin Pharmacol Physiol. 2014; 27(1): 47-55.
  • Qian B, Zhao X, Yang Y, Tian C. Antioxidant and anti-inflammatory peptide fraction from oyster soft tissue by enzymatic hydrolysis. Food Sci Nutr. 2020; 8(7): 3947-3956.
  • Sinjari B, Diomede F, Khavinson V et al. Short Peptides Protect Oral Stem Cells from Ageing. Stem Cell Rev and Rep. 2020; 16, 159–166.
  • Varani J, et al. (2006). Decreased collagen production in chronologically aged skin.
    The American Journal of Pathology. 2006; 168(6): 1861-1868.