アレルギー注射について知っておくべきこと

26 9月, 2020
アレルギー注射は、すべての種類のアレルゲンに対して有効なわけではありません。しかし、基本的には、アレルギー反応をコントロールするための安全で効果的な治療法です。副作用反応を引き起こす可能性があるため、医療機関でのみ投与してもらうようにしましょう。

アレルギー注射は、アレルギー反応のために選択できる治療法の1つです。症状がただ緩和されることもあれば、継続的な治療の後に症状がなくなることもあります。

しかし、すべてのアレルギーに対応するワクチンがないため、すべての人がアレルギー予防注射を受けるのに適しているわけではありません。免疫療法はまだ発展途上の分野です。

いずれにしても、現在、アレルギー注射やワクチンについては多くの誤解があります。アレルギー注射についての正しい知識を得るために、ぜひこの記事を最後までお読みください。アレルギー注射は何のために使用されているのか、そして副作用についてお伝えします。

アレルギーとは

アレルギーとは、特定の物質を摂取したり、それと接触したりした後に起こる反応のことです。アレルギー反応を起こす物質は非常に多岐にわたります。これらの物質が、免疫系の過剰な有害反応を活性化させるアレルゲンと呼ばれるです。この作用により、様々な結果が引き起こされます。

アレルギーには軽度のものから重度のものまでありますが、最も重篤なアレルギー反応はアナフィラキシーです。短時間で起こり、その症状は致命的です。

アレルギー注射とは

アレルギー注射

アレルギー注射は、アレルギーに対する治療法です。その目的は、アレルギー反応を引き起こす特定の物質を避けることができないときに、その物質に対する過敏性を減少させたり、排除したりすることです。

また、アレルギー注射は、アレルギー反応を引き起こす物質に対する免疫力を高めるのに役立ちます。医師は、他の治療法や対策では問題を治療するのに十分でない場合にのみ、免疫療法に頼ることになります。

こちらもお読みください:アレルギーテスト:種類とその手順

アレルギー注射はどのように作用するか

アレルギー注射には、有害な反応を引き起こすアレルゲンが少量含まれています。このアレルゲンは、注射液の中に精製された形で存在しています。これを注射すると、体内ではアレルギー反応を防ぐ抗体が作られます。

理想としては体がアレルゲンに対して免疫を持つようになるまで、徐々に投与量を増やしていきます。通常、症状が目に見えて減少したり、消失したりするには、3〜5年の期間が必要です。

投与方法

基本的に、アレルギー注射の投与方法は静脈内投与です。治療には2つの段階があります。

  • 第1段階の蓄積期。この段階では、3~6ヶ月間、週に1~3回注射を打ちます。
  • 第2段階の維持期。これは3〜5年ほど続きます。この段階では、月に1回または6週間ごとに注射を受けます。医師により症状が検討され、いつ治療を停止するかが決められます。

アレルギー注射の種類

全てのアレルゲンに対応する注射があるわけではありません。例えば、食物アレルギーには適用できません。注射は、季節性アレルギー、室内アレルゲン(ダニ、カビ、ゴキブリ、ペットのフン)、虫刺されが原因のアレルギーに効果があります。

アレルギー注射はいつ受けるべきか

アレルギー注射

アレルギー注射は、検査でアレルギーがあると確実にわかっている人にのみ使われます。しかし、次のような場合にはお勧めできません。

  • 5歳未満の子供や妊婦
  • 重度の喘息や心臓病の患者
  • 特定の薬、特にβ遮断薬を服用している人
  • アレルギー注射に副作用を起こしたことがある人

アレルギー注射は、他の治療法が効かない場合にのみ使われます。例えば昆虫アレルギーの場合などにこの方法が使用されます。

副作用と安全性

基本的に、ほとんどの人がアレルギーの注射を受けても問題はありません。しかし、中には副作用が出る人もいます。注射を打った場所に赤みや炎症が出ることがあります。しかし、通常はすぐに治まります。

また、全身反応が起こる場合もあり、鼻づまりやくしゃみ、じんましんなどが含まれます。喉の炎症や息苦しさ、胸部圧迫感があることもあります。また、重度の副作用で稀にアナフィラキシーが起こることもあります。このため、必ず病院でアレルギー注射を受けるようにしてください。

こちらもお読みください:花粉症やアレルギーに役立つ空気清浄機

期待される結果

一般的には治療開始1年目に適度な改善があるとされます。2年目にはより顕著になり、ほとんどの場合、3年目には注射なしでも症状が出なくなります。

もう少し時間がかかる人もいれば、軽い症状が続く人もいます。動物の排泄物に対するアレルギーに関しては、アレルギーのある人は可能な限り接触を避けた方が良いでしょう。

  • Fernández-Caldas, E. (2001). Presente y futuro de la inmunoterapia. ALERGOLOGIA E INMUNOLOGIA CLINICA, 16, 6-12.
  • Porras, O. (2008). Vacunación: esquemas y recomendaciones generales. Acta Pediátrica Costarricense.
  • Posfay-Barbe, K. M., & Greenberg, D. P. (2007). Vacunación. In Atlas de Alergia e Inmunología Clínica. https://doi.org/10.1016/b978-848174943-4.50023-5