アレルギーテスト:種類とその手順

9月 13, 2019
アレルギーを誘発するアレルゲンにはさまざまな種類があるため、患者のアレルギーを特定するために使用するアレルギーテストにもいくつかの種類があります。

一般的にアレルギー検査とは、特定の物質に対する患者のアレルギーまたは感受性を識別する手順を含む一連の医療検査です。

前述したようにアレルギーテストには様々な方法がありますが、その中には、プリックテスト、皮膚のアレルギーテスト、血液検査、そしてパッチテストと呼ばれるテストもあります。

アレルギー検査

血液検査や臨床検査は、アレルギーを特定するという点に関しては他の手法とは異なります。

これは、血液を調べてそこに存在している物質のみを確認します。

これらの検査は通常、IgE抗体、または身体が「危険」とみなす物質から身体を保護する際の細胞などを調べます。

その一方で、プリックテストやパッチテストなど、疑わしい物質に対して制御された状態で患者にごく少量を曝露させるテストで、アレルギー反応を調べます。

アレルゲンを特定するために、医師は患者が示す可能性のあるアレルギー症状を調べ、以前のアレルギー反応と比較します。

薬物への曝露を行う場合は、経口、経鼻、または気管支などを通して投与することがあります。

薬のアレルギー検査

アレルギーテストの種類

一般的に、患者が未知の理由でアレルギー反応を起こしたときに、このタイプのアレルギー検査を実施します。

最近の研究によると、すべての薬はさまざまな人に有害な反応を引き起こす可能性があることがわかっており、過敏症を引き起こす頻度の高い可能性のある特定の化合物も存在します。

薬に対する一般的なアレルギー反応の症状には以下のようなものがあります。

  • 蕁麻疹
  • 刺さるような痛みや燃えるような痛み、または薬物が投与された患部への刺さるような痛みや熱
  • 発疹
  • 強度が異なる発熱
  • 涙目や目の刺さるような痛み
  • 薬剤が適用された場所で起こる炎症
  • 最も重症の場合はアナフィラキシーまたはアナフィラキシー反応

アレルギー検査中、医療チームはいくつかの種類の薬を調べ、投与するのに最適な薬を決定します。

いずれにせよ、このテストによりアレルギーや感受性がわかります。

ご存知ですか?:アレルギー性鼻炎:5つの自然療法

プリックテスト

アレルギー検査

プリック針と呼ばれるものを使って、少量のアレルゲンを皮膚に刺して入れる方法です。

現在では一般的に使用されているアレルギー検査の一つで、食物アレルギー、動物へのアレルギー、または環境アレルギーを判定します。

一般的な手順は次のとおりです。

  • 医師はアルコールで前腕の内側の患者の皮膚を消毒します。
  • テストする物質を皮膚に少量注入します。
  • 刺した場所に印をつけ、他の部分は清潔に保ちます。
  • 15分待ち、アレルギー反応が起こるかどうかを確認します。この15分間は、患者は物質が注射された場所に触れたり掻いたりすることはできません。

パッチテスト

これらのテストは、食物アレルギー、環境アレルギー、動物アレルギーがあるかどうかを判断する一般的な方法でもあります。

  • このテストでは、医師または看護師が患者の背中を消毒します。
  • 試験物質を含むパッチを背面に配置します。パッチは、48時間かけて化合物をゆっくりと放出します。
  • 48時間後、患者は再び病院に戻り、医師がパッチの下で起こりうるアレルギー反応を観察します。
  • パッチテストを実施している間は、背中を濡らしたり掻かず、また発汗を引き起こす運動などを控えることが大切です。
  • 他の薬の服用も可能な限り避けてください。

こちらもご参考に:グルテン不耐性の症状と治療法

アレルギーへの曝露テスト

医師は通常、このタイプの検査を使用して、特定の薬物に対するアレルギーまたは類似物質に対する患者の耐性について調べます。

ただし、この方法はプリックテストやパッチテストよりもリスクが高くなるため、この検査を行うリスクと利点を慎重に判断する必要があります。

アレルギーを検査するときには、偽陰性などの結果が現れることもあり、そうなると手順を繰り返す必要があります。

そのため、専門医は患者の状況や症状に合わせたテストを決定し、選択肢を患者に正しく伝えることが大切です。

  • Charnot-Katsikas A, Beavis KG. In vitro testing of antimicrobial agents. In: McPherson RA, Pincus MR, eds. Henry’s Clinical Diagnosis and Management by Laboratory Methods. 23rd ed. St Louis, MO: Elsevier; 2017:chap 59.
  • Oberski, D. L. (2018). Sensitivity analysis. In Cross-Cultural Analysis: Methods and Applications, 2nd Edition. https://doi.org/10.4324/9781315537078
  • Frey, H. C., & Patil, S. R. (2002). Identification and review of sensitivity analysis methods. In Risk Analysis. https://doi.org/10.1111/0272-4332.00039