パートナーが家事を手伝ってくれない!改善するには?

8月 20, 2019
パートナーが家事を手伝ってくれないのは、もしかするとそのように育てられたからかもしれません。ですが、この習慣は変えることが可能なのです!

協力不足というのは、いつの時代もカップル間で起こりうる問題の一つです。「パートナーが家事を手伝ってくれない」という不満を抱える女性は多いでしょう。こんな状況が長く続くと、疲れやイライラが募るのは当たり前でしょう。

かつては、このような状況が起こっても、「男性は家族のために稼いでくる」のだからという考えから、女性が家に居て家事をするのは”仕方のないこと”だと考えられていました。ですが、時代は変わりました。女性は、家事以外にも様々な重要な役割を担うようになったのです。ですが、残念ながら昔ながらの考え方は今だに生きているようです。”家庭を守るのは女性だ”という考え方です。

社会に出てお金を稼ぎ、子供を育て、そして家事までこなす女性は数え切れないほど多くいます。一方、仕事を終えて一旦家に帰ると、何にもしないという男性は今でもいます。男女の平等は今日の大きな話題ですが、改善しなくてはいけない問題は今だにたくさんあるようです。不平等な扱いに日々悩む女性は多いのです。

では、実際、パートナーが家事を手伝ってくれない時にどうすればいいかを見ていきましょう。

どうして彼は家事を手伝ってくれないの?

部屋の片付けをする女性 パートナー 家事

男だから、女だから、という考え方は歴史によって歪められてきました。男女間の不平等はこれまで常に存在し、特に結婚後の二人の役割に対する期待は男女で大きな違いがあります。

そのため、「パートナーが家事を手伝ってくれない」とあなたが感じる理由は様々だと思われます。

  • パートナーは親に依存して成長した子供の頃からずっと母親が全ての身の回りの世話をしていた場合、パートナーは、家事を手伝うということを思いつかないかもしれません。結婚すると女性が全ての家事を行うという環境に育ったのかもしれません。
  • あなた自身が”スーパースター”症候群である:男性が家事を手伝わないケースの中には、女性に原因がある場合があります。彼女が全てをこなしてしまうため、男性は手伝う隙がなく、その状況に慣れていますのです。
  • パートナーは家事の仕方がわからない:言い訳のように聞こえるかもしれませんが、実際、よくあるケースです。パートナーが手伝わないのはやり方がわからないからだ、というケースです。パートナーは手伝おうとしたのに、結局は余計な仕事を増やしてしまうだけになることもあります。
  • パートナーは男性優位に考えるタイプである:女性がどんどん社会に進出し、その役割も変わってきていますが、今だに変わらず、時代に取り残されている男性がいます。「皿洗いをするなんて男のすることじゃない」と今でも考えている男性がいることは事実です!中には、仕事で疲れて帰ったら、王様のようにもてなされたいと考える男性もいるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:仲良しカップルに大切な6つの習慣

 

パートナーが家事を手伝ってくれないーどうすればいい?

パートナーが家事を手伝ってくれないことに対して、身体的にはもちろん、精神的にも疲れているなら、今すぐ行動を起こしましょう!この状況を改善するポイントをお教えします。

  1. 事実に直面する:どうして手伝ってくれないのか、家族をサポートする努力をしてくれないのかを聞きましょう。居心地の良い家庭を作るためには日々管理することが必要だということを思い出してもらいましょう。
  2. お互いの長所を見つける:あなたとあなたのパートナーは全く別の人間です。お互いにとってどの方法が一番うまくいくのかを考えましょう。例えば、料理が得意な人もいれば、整理整頓が得意な人もいます。得意な分野は人によって違いますので、それぞれが得意な分野を担当にすると良いでしょう。
  3. リストを作る全ての家事を書き出し、リストを作りましょう。何をしなくてはいけないのかを書き出したら、曜日ごとに分けてもいいですね。そうすれば、忘れっぽい人でも自分の担当部分がわかりやすいでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:掃除しにくいところを/きれいにする12の秘訣

 

手伝い方を教えましょう

キッチンの掃除をするカップル パートナー 家事

前述したように、この問題は必ずしもパートナーの家事への興味が薄いから、というだけではありません。もしかすると、手伝い方がわからないだけかもしれないのです。ぜひ、パートナーに何をすれば良いのか明確に教えてあげましょう。

まずは、窓拭き、皿洗い、天井の四隅にできたクモの巣取り、ゴミ出し……など基本的な仕事を教えましょう。

そして、大切なことは、パートナーの仕事を決して批判しないということです。また、間違ってしないかどうか、作業をずっと監視するのは止めましょう。やり方と注意点だけ伝えてあとは任せましょう。

 

結論

全てがあなたの責任であるように感じませんか?「パートナーが家事を手伝ってくれない」という題にピンときましたか?

思い当たる節があり、現状を変えたいと願うなら、まずは一歩踏み出しましょう。今日ご紹介したようなことを実践し、あなた自身の生活の質を改善しましょう。そして、あなたとパートナー両方がお互いに納得でき、ハッピーになる方法を考えましょう。