お手軽レシピ:パスタ入りスープの作り方

7月 4, 2019
世界中には、パスタや麺が入ったスープのレシピが数多く存在します。本記事では、栄養価の高いパスタ入りスープを手軽に作る方法をご紹介します。

スープと麺やパスタは非常に万能な食材の一つでキッチンではとても重宝します。

他の食材と組み合わせるのが簡単で、バリエーションも豊富ですが、基本的な組み合わせは、スープとパスタです。

スープは、野菜や動物性の食品などの食品を組み合わせることが多くあり、動物の骨の出汁や野菜を組み合わせたシチューや、具材として肉や魚介類を加えるレシピも多くあります。

また、スープの味付けも、基本的な塩以外にも様々な調味料を使うことができます。

冷製スープもありますが、基本的にスープは温かい状態で食べることが多く、たくさんの食材を組み合わせることで豊富な栄養素を体内に提供する温かいスープは、寒い冬の季節には特にお勧めです。

本記事では、パスタ入りスープを作る方法をいくつかご紹介します。

こちらもお試しください:とても簡単!自家製シーフードスープの作り方

手軽にパスタ入りスープを作る方法

マラガアンダルシア・フィッシュヌードルスープ

ベジタブルスープ

このレシピでは、スペイン南部が原産の様々な野菜や魚を組み合わせた、マラガアンダルシアフィッシュスープをご紹介します。

材料

  • 玉ねぎ 1個
  • ピーマン 1個
  • ニンニク 3片
  • 完熟トマト 2個
  • 冷凍イカ 1袋(200g)
  • 魚の切り身 1~2枚(200 g)
  • 冷凍エンドウ豆 2/3カップ(100 g)
  • パプリカ 小さじ1杯(5 g)
  • 魚のスープ 4カップ(1リットル)
  • 太めのパスタ ¾カップ(150 g)
  • ベイリーフ 1枚
  • オリーブオイル ½カップ(100 ml)
  • 塩・コショウ

こちらもご参考に:一番ヘルシーなクリーミー野菜スープは?

作り方

  • 玉ねぎ、ピーマン、ニンニクを細かく切ります。
  • トマトはさいの目に切り、横に置いておきます。
  • 鍋にオリーブオイルを入れて火にかけたら、トマト以外の切った野菜を入れて炒めます。
  • 野菜が柔らかくなったら、先ほど横に置いたトマトを加え、かき混ぜ続けてください。
  • ここから約10分間、またはすべての材料に完全に火が通るまで炒めます。
  • 別の鍋に塩を加えた水を入れて沸騰させます。
  • 魚を準備します。
  • 必要ならばまずきれいに洗ってください。皮をむいて切り身になっていない場合は切り身にします。
  • 骨がある場合は、骨を取り除いてください。
  • ただし、骨や皮は出汁用の袋に入れて沸騰させている水に入れると、風味が良くなります。
  • 先ほどの炒めた野菜の中に、切ったパプリカを入れてよく炒めます。
  • パプリカを入れて炒めたら、沸騰させた湯を加えます。魚の骨や皮を出汁に加えた場合は、ここで取り出します。
  • 魚、冷凍エンドウ豆、パスタを入れます。
  • 8~10分間火にかけます。パスタがお好みの硬さになったら出来上がりです。

豚肉と野菜のパスタスープ

 

30分で完成するスペイン伝統のパスタ入りスープをご紹介します。

材料

  • パスタ 2と½カップ(300 g)
  • 豚ロース肉 1カップ(200 g)
  • 揚げトマト 大さじ4(60 ml)
  • 炒め玉ねぎ 大さじ1杯(15 g)
  • ピーマン 1個
  • ニンニクとパセリ
  • 油 大さじ1(15 ml)

作り方

  • 鍋にオリーブオイルを入れて火にかけたら、豚肉の両面を焼きます。
  • 玉ねぎと細かく切ったピーマンを入れて、すべての材料を炒めます。
  • 焦げないように常にかき混ぜます。
  • 最後に揚げトマトを入れ、すべての材料を約1分間軽く炒めます。
  • 別の鍋で、肉からとった骨と塩を入れた水を沸騰させてスープを作ります。
  • 10分間火にかけたら、先ほど炒めた野菜を加え、その後、にんにくとパセリを加えます。
  • 火を強くした後にパスタを加えて数分間火にかけます。
  • 沸騰したら、弱火にしてさらに10〜15分煮ます。

シンプルでありながら風味豊かなパスタ入りスープのレシピをぜひお試しください。

忙しい日にも短時間で手軽にできる、栄養満点なスープです。