お財布と体にやさしい10の食べ物

· 10月 12, 2015
冷凍野菜は素材の元々持つ全ての栄養を保存することができて、なおかつ長期間保存できます。

しっかりとした栄養を摂ることは健康に必要不可欠です。バランス良く、しかもお金をあまりかけずに栄養をしっかり摂ることが大切です。

 

1.豆腐

豆腐は海外でも大人気の健康食品。しかし海外ではお財布にはキビシイ食品の一つなのです。和食にも、洋風アレンジにも、積極的に食生活に取り入れない手はありませんね。

2.卵

あまり体に良くないと思っている人も多いですが、栄養価がとても高く安価に入手できます。実際にはコレステロール爆弾というわけではありませんが、心臓血管の疾患や心筋梗塞などを防ぐためにも1日に2個ほどまでも目安に食べるのが適量でしょう。卵は高タンパク質、低カロリーです。

こちらの記事もお読みください:卵の鮮度を見分ける方法

3.インゲンマメ

インゲン豆

インゲンマメやマメ科全般は安価で手に入れることができ、なおかつ体に非常に良い食べ物です。インゲンマメはタンパク質とビタミンを非常に多く含んでいるので、血糖値を高くならないように維持してくれます。さらに良いところは、マメには様々な種類があり、レシピも豊富なところです。

 4.サツマイモ

煮たり、焼いたりして食べられている甘い塊根の1種で、主に熱帯地域に属しています。サツマイモはカルシウム、カリウム、食物繊維、ビタミンA・Cが多く含まれています。また体に多種多様な良い影響を与えてくれます。さらには非常に高い酸化防止成分を含んでいて低カロリーです。

5.ツナ缶

魚類全般は私たちの脳や心臓を助けてくれます。ツナ缶一缶にはレストランで出てくる魚の切り身と同じ量の栄養分が含まれています。マグロはたんぱく質のようにビタミンとミネラルの宝庫です。またΩ-3脂肪酸を含んでいるので、血圧やコレステロール数値を低下させてくれます。しかしマグロは水銀を含んでいるので食べ過ぎには注意してください。

6.バナナ

バナナは私たちの体の状態を良い状態に維持してくれる食べ物です。また食べるのも簡単です。ビタミンなどの豊富な栄養分を含んでいるので体に非常に良く、バナナにはカリウムが含まれていて痙攣や色んなタイプのケガを防ぐ手助けをしてくれるのでスポーツをしている人にはとてもオススメです。

こちらの記事もご覧ください:簡単ユニーク バナナの使い方6種

7.パスタ

パスタ

パスタはマルチ穀物です。繊維が3重にもなっているので心臓血管の疾患、糖尿病を防いでくれて、満腹感を与えてくれます。ですので先ほど紹介したツナや卵と一緒に食べるとさらに良いです。

8.冷凍野菜

冷凍野菜は健康を維持するのにとても良い食べ物です。多くの人が思っているのとは反対に、冷凍野菜は室温で維持できる全ての栄養素と成分を保存することができます。この冷凍野菜の一番のメリットは、すぐに消費する必要が無く、冷凍庫で長い期間保存することができます。切られた状態ですぐ食べられるようになっていて、なおかつ簡単に手に入れることができます。

9.トマト

トマト

トマトには老化を遅らせてくれる酸化防止成分とビタミンA・Cが多く含まれています。トマトの良い所と言えば、輪切り、ジュース、ピューレなど色んな方法で食べれるということです。またある研究で、トマトの缶詰も、栄養分を凝縮して保存しているので体に良いということが証明されました。

10.肉

肉は健康に悪い、と思われています。実際に肉の食べ過ぎは体に悪い影響を与えてしまいます。しかしバランスよく食べることで、体に良い影響を与えることができます。しかしどの肉を選んで食べるかが重要です。脂肪分が少ない薄く切ったお肉を選ぶことが重要です。