オレガノとオリーブオイルで出来る呼吸器系のケア

3月 22, 2019
オリーブオイルとオレガノの組み合わせは、呼吸器系のケアに役立ちます。

呼吸器系は毒素やウイルス、細菌など様々な有害成分に常にさらされています。

また免疫系はそれらから体を守る役割を担っています。

ですが、時には免疫システム以外の助けも必要になります。どんなに健康的な生活を送っていても、空気汚染や化学物質によって病気になることはあります。さほどひどくないものから慢性的なものまで、呼吸器系には風邪や咳、鼻詰まりなど様々な症状が現れます。

薬の力だけでなく、自然のものを使って治療をする方法があります。体を守るバリアを作りつつ、様々な不調を改善します。

その1つにオレガノとオリーブオイルを使った呼吸器系のケア方法があります。抗菌作用、抗炎症作用があり、気管をクリアにしてくれます。

 

オレガノとオリーブオイルで呼吸器系を守る

オレガノ

オレガノとオリーブオイルの組み合わせには抗菌作用、抗炎症作用、デトックス作用があります。つまり、特に病気の時などの肺や気管をきれいにするのです。

・どちらにも抗酸化作用があり、体の中に入ると、フリーラジカルによるダメージから体を守ります。

・オレガノにはフェノールが含まれています。これは殺菌作用と抗ウイルス作用があり、呼吸器県の感染を改善します。

・細菌やウイルスの増殖を防ぎ、免疫力を高めます。

・マグネシウム、カルシウム、鉄分などの必須ミネラルを含みます。血流を改善し、細胞や体液貯留などによる炎症を抑えます。

・ビタミンAとC、アミノ酸、脂肪酸が含まれており、体の抗体力を維持させます。

・呼吸器系に良いだけでなく、消化や心臓血管の健康にも良いです。

・抗けいれん作用やリラックス作用があり、頭痛や筋肉痛、生理痛にも効果があります。

なによりも副作用がありません。予防医療として取り入れても良いでしょう。

こちらもお読みください:エクストラバージンオリーブオイルの驚きの活用法10

この療法の方法

オリーブオイル

風邪やインフルエンザ、その他の呼吸器系の感染症に効果のある、オレガノとオリーブオイルの自然療法のやり方をご紹介します。

治療だけでなく、これらの病気を予防するために毎日使っても構いません。

重要なのは100%エクストラバージンのオリーブオイルを使うことです。精製されたものには同じような効果がありません。

材料

・オレガノの枝  1本

・エクストラバージンオリーブオイル  200g

道具

・すり鉢

・蓋つきのガラス瓶

・木製のスプーン

作り方

・オレガノを良く洗って、完全に乾かします。

・ペースト状になるまですり鉢で擦ります。

・ガラス瓶に移し、オリーブオイルを加えます。

蓋をして2~3週間、暗くて風通しの良い場所で保管します。

・この期間中、2日に1回は蓋を開けて木製のスプーンでよく混ぜてください。

・全体がなじんできたら、濾して使用します。

こちらもお読みください:ミルクシスル 素晴らしい効能のハーブ

使い方

風邪 呼吸器系のケア

スプーン半分を空腹時に飲みます

・フレーバーが強すぎるようなら、水やジュースで薄めてください。

・呼吸器系の病気になってしまった場合は、朝と寝る前の2回飲みます。

・胸や背中などに直接塗っても構いません。

・少なくとも呼吸器系が完全に回復するまで2週間は続けてください。

薬箱の片隅にもう1つガラスの薬瓶を加えませんか? あなたと家族の呼吸器の健康には気を使いましょう。

一度作って試してみてください。特に風邪やインフルエンザにはおススメですよ。

Singletary, K. (2010). Oregano: Overview of the literature on health benefits. Nutrition Today. https://doi.org/10.1097/NT.0b013e3181dec789