オリーブオイルとニンニクを使った静脈瘤を緩和する自然療法

1月 22, 2018
今回ご紹介する自然療法を実践しながら、バランスのとれた健康的な食事と運動を継続することが静脈瘤の治療には高い効果を発揮します。

静脈瘤は、血液の循環に問題が起きていることを示す最も顕著な兆候であり、特に下肢に影響を及ぼします。

静脈瘤は毛細血管と静脈が拡張することで発症しますが、これは炎症または血液の異常な蓄積、そして体内の循環系の壁や弁が弱くなっていることが原因です。

静脈瘤を発症すると赤みを帯びて痛んだような色の血管が浮き出てくるため、女性は(男性にも発症しますが女性ほどの影響はありません)一般的に、その見た目を「見苦しい」ものと考えます。多くの場合、静脈瘤は体の中でも、ふくらはぎや太ももの内側など、周りから目につく場所に発生し、大きくなります。

50代以上の女性が発症することが多いと言われていますが、若い女性でも静脈瘤を発症することもいくつかの症例から明らかになっています。

静脈瘤を小さくし、循環機能を改善する美容製品が数多く販売されていますが、今回は高価な市販品ではなく、自宅で簡単に手作りできる、100%天然成分の自然療法をご紹介します。

オリーブオイルとニンニクから作る天然の保湿剤を使い、炎症を和らげながら血行を促進する効果的な方法です。

静脈瘤の治療に効果的なオリーブオイルとニンニクの自然療法
静脈瘤

オリーブオイルとニンニクを組み合わせて作るローションは、オイルのような形状に仕上がります。またレモン果汁を加えることで静脈瘤が目立たなくなる効果があります。

このローションには強力な抗炎症作用や皮膚の弾力を取り戻して引き締める効果と、血行を促進する効果があるため、静脈瘤の症状の緩和におすすめです。

円を描くようにマッサージしながらこのローションを塗ることで、リンパ系の循環を促進し、細胞への酸素の供給を妨害している老廃物を取り除く効果があります。

また皮膚を滑らかにしながら、不快な症状や痛みを和らげる効果もあります。

静脈瘤の初期症状が現れたらすぐにこの自然療法をお試しください。治療の開始が早いほど、高い効果が期待できます。またすぐに効果が現れない時も、継続して使い続けることで希望の効果が現れます。

オリーブオイルとニンニクの自然療法

ニンニクとオリーブオイル

 

材料にはできる限り高品質のものを選んでください。安価な食品は、そこに含まれる成分や栄養価が劣化している危険があります。

エクストラバージンオイルと新鮮なニンニクには、静脈瘤に高い効果を発揮する強力な成分が含まれています。

材料

  • ニンニク 12片
  • エクストラバージンオリーブオイル ½カップ(100g)
  • レモン果汁 1個分
  • ガラス容器 1個

作り方

  • ニンニクの皮をむき半分に切ります。すり鉢を使ってペースト状になるまでニンニクをつぶします。
  • つぶしたニンニクをガラス容器に入れたらオリーブオイルとレモン果汁を加えます。
  • 容器を密封したら冷暗所に一晩置きます。
  • 翌朝、木製のスプーンなどでニンニクを取り出したらローションの出来上がりです。

使用方法

  • 静脈瘤の影響を受けている場所に円を描くように優しくマッサージをしながらたっぷりとローションを塗ります。
  • 円を描く動きを続けながら指先を使って少し押すようにマッサージをしてください。血行を促進する効果があります。
  • このまま1時間おいたあと、冷水で洗い流します。
  • 週に3回、できる限り夜間に行ってください。
  • 確実な効果を得るためには、この自然療法に加えて、バランスのとれた食事と毎日の運動を欠かさないようにしてください。

今回の自然療法に、食事と運動を加えることは、私たちの脚をはじめとする体内の健康維持効果があるため、血行促進だけではなく、体重を減らして炎症を軽減する効果もあります。

経済的で手軽な自然療法で、静脈瘤を解消しませんか?

あなたへおすすめ