【オオバコの治癒特性】科学がわかっていること

オオバコにはさまざまな薬効があるため、家庭でとても役立つ植物です。その魅力を余すところなくお伝えします。
【オオバコの治癒特性】科学がわかっていること
Diego Pereira

によってレビューと承認されています。 医者 Diego Pereira.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 13 3月, 2023

風邪の回復に役立つ、癒し効果がある、胃を保護する、血糖降下作用がある、腎臓の健康に寄与するなど、オオバコの治癒効果は多岐にわたります。

フラボノイドなどが豊富に含まれているとされ、自然療法では、その緑の葉と種子の両方が使用されます。煎じ薬として服用したり、外用に塗ったりします。

また、オオバコは食品として、スープ、シチュー、ピューレなどのさまざまなレシピで消費されます。ただし、妊娠中の使用には注意が必要です。オオバコの治癒効果をすべてご存知でしょうか? もっと詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

オオバコの治癒特性

プランテンは、プランタゴ・メジャー、プランタゴ・ランスオラータ、広葉樹プランテンとも呼ばれる草本類で、オオバコ科に属します。大きさは20cm以下で、披針形でやや歯がある葉を持つ。欧米諸国、特に湿度の高い環境でよく見かけます。

他の多くの植物と同様に、オオバコの治療効果は様々な研究の焦点となってきました。そのおかげで、現在では、オオバコの薬効を裏付ける論文が数多く発表されています。例えば、Biomedicine and Pharmacotherapy誌に掲載された研究では、オオバコには以下の成分が含まれていることが判明しています。

  • フラボノイド
  • アルカロイド
  • テルペノイド
  • フェノール酸誘導体
  • イリドイド配糖体
  • 脂肪酸
  • 多糖類
  • ビタミンA、C、K
  • クエン酸カリウム
オオバコの特性。
オオバコには、薬理学的な可能性を持つ物質が含まれていることが研究により判明しています。しかし、この植物はまだ研究が必要です。

オオバコの利点

オオバコの成分により、様々な治癒効果があるとされているため、この植物が私たちの健康にもたらす効果をいくつも挙げることができます。ただし、奇跡の種と考えるべきでもなく、医療に取って代わるものでもないことを明確にしておく必要があります。

場合によっては、良い補助療法や補完療法となる可能性もあります。しかし、副作用や他の薬との相互作用が免れないため、服用前に医師に相談することをお勧めします。

1.治癒剤

上記の研究によると、オオバコは傷の場合、治癒を助け、さらに抗潰瘍剤として作用するアジュバントとしてプラスの効果を発揮するそうです。

2. インフルエンザとや風邪

プランテンは、インフルエンザや風邪などの一般的なウイルス感染症対策によく使用されます。Antiviral Researchに掲載された研究によると、これは主に、抗ウイルス活性を持つフェノール化合物の含有によるものです。

3. その他の呼吸器および口腔の状態

オオバコの葉のお茶は、気管支の分泌物を薄くして排出するのに役立ちます。また、この煎じ薬でうがいをすると、扁桃腺炎やカンジダ症など、口や喉の症状が緩和されます。

4.細菌からの保護

オオバコには高い抗菌活性を持つ多糖ペプチドが含まれているため、他の細菌の中でも特に肺炎連鎖球菌に対する保護効果があります。

5.肝臓の健康

オオバコの治癒効果のうち、肝毒性に対するポジティブな効果も見つかっています。医学雑誌「Indian Journal of Pharmacology」に掲載された研究によると、この植物には抗炎症作用があり、さらに肝保護作用があることがわかりました。

こちらもお読みください:科学的根拠に基づくナツメグの利点

6. 胃潰瘍

葉と種子には胃液の酸度を下げ、胸焼けを緩和する胃保護機能があることが分かっています。また、ヘリコバクター・ピロリ菌の活動を抑制する可能性があります。

7. 血糖降下作用

オオバコは、膵臓の細胞で行われているプロセスを補助することで、血糖値のコントロールを助けると考えられています。

8.利尿剤

利尿作用があり、オオバコ茶は体液の貯留を抑え尿路感染症の治療に寄与する可能性があります。

9. 腎臓の健康に貢献

同じように、抗炎症作用や抗酸化作用があるため、オオバコは腎臓結石の治療にも役立つと考えられています。具体的には、その成長を防ぐ可能性があると考えられています。

Malaysian Journal of Medical Sciencesに掲載された研究によると、この植物の抽出物は、in vitroでシュウ酸カルシウムの結晶の大きさを抑制することにおいて、アロプリノールやクエン酸カリウムよりも優れていたとのことです。

10.火傷の治療

第一度熱傷におけるオオバコの使用について分析した調査結果(スペイン語論文)によると、大多数の患者(75.9%)において、この治療法は良好でした。

11. 早期老化

抗酸化物質が豊富なオオバコは、フリーラジカルによるダメージを予防・修復し、早期老化を予防したり、老化に伴うサインを減少させたりすることができます。

12.オオバコのその他の治癒特性

傷。
オオバコに関する研究結果では、皮膚の傷の治療を助けることができることが立証されています。特に、傷ついた皮膚の再生を促進する働きがあります。

Journal of Ethnopharmacology 掲載された研究によると、傷の治療にも役立つため、オオバコには他にも治癒特性があります

  • おできやさまざまな皮膚病の治療
  • 循環障害や高血圧の症状を軽減する
  • 安定した血糖値を維持する
  • 早期老化を防ぐ
  • 尿量を減らす

オオバコの摂取方法

オオバコ茶は非常に簡単なのでおすすめです。

  • お湯を沸かしてカップに注ぐ
  • スプーン一杯の緑の葉または乾燥した葉を加える
  • 蓋をして10分蒸らします
  • 1日1~2回漉して飲む

新鮮なオオバコでジュースを作るのもおすすめです。

  • 1カップの冷水と大さじ2杯の葉のみじん切りをブレンダーに入れる
  • よくブレンドする
  • 空腹時に漉して飲む

使用方法と応用

  • 外用や湿布として使用できます。オオバコの葉を少し加熱し、傷や炎症、潰瘍、虫刺されなどの患部に貼る。
  • 種子は、寄生虫に対する補完的な治療薬として、煎じ薬として使用されます。
  • 一般に煎じ薬は、下痢などの消化器系の不快感を軽減するのに役立ちます。
  • また、皮は便秘の治療薬とされています。
  • 食事に加えると、その特性をすべて享受することができます。

オオバコの副作用

一般に、オオバコを適量経口投与した場合の副作用の記録はありませんが、妊娠中や授乳中の女性への摂取は推奨されていません。

幼い子供には投与してはいけません。同様に、病気やその他の治療の場合も、副作用の可能性を減らすために、医師に相談するのが一番です。

こちらの記事もおすすめです。
腸内細菌に届く炭水化物(MACs)
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
腸内細菌に届く炭水化物(MACs)

腸内細菌に届く炭水化物であるMACsは、宿主の代謝による消化に耐性がある炭水化物です。様々な研究によって、このタイプの炭水化物は、腸内細菌叢の多様性の増加と全体的な健康改善と深い関わりがあることが示されています。この記事では、Macsと呼ばれる腸内細菌に届く炭水化物とは何かを説明します。


引用された全ての情報源は、品質、信頼性、時代性、および妥当性を確保するために、私たちのチームによって綿密に審査されました。この記事の参考文献は、学術的または科学的に正確で信頼性があると考えられています。


  • Abud M, Nardello A, Torti J (2017). Hypoglycemic Effect due to Insulin Stimulation with Plantago major in Wistar Rats. Med Aromat Plants (Los Angel), 6(3):292.
  • Adom M, Taher M, Mutalabisin M, et al (2017). Chemical constituents and medical benefits of Plantago major. Biomedicine and Pharmacotherapy. Elsevier Masson SAS. Disponible en: https://doi.org/10.1016/j.biopha.2017.09.152
  • Akbar, S. (2020). Plantago major L.(Plantaginaceae). In Handbook of 200 Medicinal Plants, 1455-1463.
  • Ashkani-Esfahani S, Khoshneviszadeh M, Noorafshan A, et al (2019). The Healing Effect of Plantago Major and Aloe Vera Mixture in Excisional Full Thickness Skin Wounds: Stereological Study. World J Plast Surg, 8(1):51-57.
  • Aziz S, See T, Khuay L, et al (2005). In vitro effects of plantago major extract on urolithiasis. The Malaysian Journal of Medical Sciences: MJMS12(2), 22–226. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3349397/
  • Beara I, Lesjak M, Jovin E, et al (2009). Plantain (Plantago L.) species as novel sources of flavonoid antioxidants. Journal of Agricultural and Food Chemistry. Disponible en: https://doi.org/10.1021/jf902205m
  • Beara I, Lesjak M, Orčić D (2012). Comparative analysis of phenolic profile, antioxidant, anti-inflammatory and cytotoxic activity of two closely-related Plantain species: Plantago altissima L. and Plantago lanceolata L. LWT – Food Science and Technology. Disponible en: https://doi.org/10.1016/j.lwt.2012.01.001
  • Chathuranga K, Kim M, Lee H, et al (2019). Anti-Respiratory Syncytial Virus Activity of Plantago asiatica and Clerodendrum trichotomum Extracts In Vitro and In Vivo. Viruses, 3;11(7):604.
  • Chiang L, Chiang W, Chang M, et al (2002). Antiviral activity of Plantago major extracts and related compounds in vitro. Antiviral Research55(1), 53–62. Disponible en: https://doi.org/10.1016/S0166-3542(02)00007-4
  • Farokhi F, Khaneshi F. (2013). Histophatologic changes of lung in asthmatic male rats treated with hydro-alcoholic extract of Plantago major and theophylline. Avicenna J Phytomed, 3(2):143-51.
  • Gomez R, Calderon C, Scheibel L, et al (2000). Immunoenhancing properties of Plantago major leaf extract. Phytother Res, 14(8):617-22.
  • Hetland G, Samuelsen AB, Løvik M, Paulsen BS, Aaberge IS, Groeng EC, Michaelsen TE. Protective effect of Plantago major L. Pectin polysaccharide against systemic Streptococcus pneumoniae infection in mice. Scand J Immunol. 2000 Oct;52(4):348-55.
  • Jazayeri S, Ghods R, Hashem D, et al (2021). The Efficacy of Plantago major Seed on Liver Enzymes in Nonalcoholic Fatty Liver Disease: A Randomized Double-Blind Clinical Trial. Evid Based Complement Alternat Med.
  • Kartini, Piyaviriyakul S, Thongpraditchote S, et al (2017). Effects of Plantago major Extracts and Its Chemical Compounds on Proliferation of Cancer Cells and Cytokines Production of Lipopolysaccharide-activated THP-1 Macrophages. Pharmacogn Mag, 13(51):393-399.
  • Keshavarzi A, Montaseri H, Akrami R, et al (2022). Therapeutic Efficacy of Great Plantain (Plantago major L.) in the Treatment of Second-Degree Burn Wounds: A Case-Control Study. Int J Clin Pract.
  • Melese E, Asres K, Asad M, (2011). Evaluation of the antipeptic ulcer activity of the leaf extract of Plantago lanceolata L. in rodents. Phytother Res, 25(8):1174-80.
  • Mello J, Gonzalez M, Moraes V, et al. (2015). Protective Effect of Plantago major Extract against t-BOOH-Induced Mitochondrial Oxidative Damage and Cytotoxicity. Molecules,  25;20(10):17747-59.
  • Pinto J, Bustamante Z. (2008). Evaluación de la actividad gastroprotectora de los extractos de llantén (Plantago major). BIOFARBO, 16, 36-41. Disponible en: https://docs.bvsalud.org/biblioref/2019/07/1006607/evaluacion-de-la-actividad-gastroprotectora-de-los-extractos-d_cvQyxne.pdf
  • Samuelsen A. (2000). The traditional uses, chemical constituents and biological activities of Plantago major L. A review. Journal of Ethnopharmacology. Disponible en: https://doi.org/10.1016/S0378-8741(00)00212-9
  • Téllez G, Castaño J. (2010). Péptidos antimicrobianos. Infectio. 14(1), 55-67. Disponible en: https://pesquisa.bvsalud.org/portal/resource/pt/lil-560933
  • Türel I, Ozbek H, Erten R, et al (2009). Hepatoprotective and anti-inflammatory activities of Plantago major L. Indian J Pharmacol 41(3):120–124. Disponible en: doi:10.4103/0253-7613.55211
  • Wegener T, Kraft, K. (1999). [Plantain (Plantago lanceolata L.): anti-inflammatory action in upper respiratory tract infections]. Wiener Medizinische Wochenschrift (1946).

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。