お腹の痛みを緩和する薬用ハーブ

10月 11, 2019
お腹の痛みをなんとか和らげたい・・・そんな時はハーブの力に頼ってみませんか?

ハーブには様々な種類があり、それぞれに薬用効果がありますが、今日は、その中でもお腹の痛みを緩和する効果が期待できるハーブをご紹介します。

お腹の痛みって辛いですよね。お腹が痛くなった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。お腹だけでなく、胃が痛くなることが多いという人もいるでしょう。また、ガスの蓄積、胃酸、消化不良、嘔吐、食欲不振などを伴うこともよくあります。

今日は、こういった不快な症状や痛みを和らげてくれるハーブを取り上げます。辛い胸焼けを抑え、痛みを緩和し、消化を促してくれるかもしれませんよ。天然のハーブは、何と言っても副作用がない点がいいですよね。また、手に入りやすく利用しやすいのも魅力です。

お腹の痛みを緩和するフェンネル

フェンネルシードは消化を助け、ガスの排出を促します。つまり、ガスの蓄積や消化不良からくるお腹の痛みを予防してくれると考えられるでしょう。

  • フェンネルシードはお茶にして飲むと効果がでやすいでしょう。
  • また、生のままサラダに振りかけて食べても良いでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:フェンネルシードのお茶でダイエットをする方法

 

カモミール

胃粘膜に良いハーブと言えば、カモミールでしょう。カモミールには治癒効果がありますので、ダメージを受けてしまった膜を修復、保護する効果が期待できるでしょう。また、胸焼けやガスの緩和にもよく、酸性度を中和し、潰瘍や胃炎の痛みを和らげてくれるかもしれません。

さらに、筋弛緩薬、抗炎症薬としても使えるでしょう。きっとお腹の痛みが軽減されることでしょう。

ミントとヘンルーダ(ルー)

ミントには消化を促す強い力があります。また、潰瘍を防ぎ胆嚢を保護してくれるかもしれません。

自宅で育てているミントの葉を使ってミントティーを作り、飲みましょう。ミントティーはティーバッグでも市販されていますので、手に入りやすいでしょう。

お腹の痛みを緩和する薬用ハーブ、ミント

一方、ヘンルーダ(ルー)は酸性度などの胃のトラブルやガスを緩和してくれるでしょう。また、女性の生理周期を整えてくれるかもしれません。

アリタソウとセドロン

アリタソウには強力な消化作用があります。胃の不快感や急性コリックの症状を和らげてくれるでしょう。

一方、セドロンは胃けいれんに良く、排尿を正常にしてくれるでしょう。

ガスで苦しいお腹にはアニス

天然の鎮痙薬として、また鎮痛薬として使えるのがアニスです。

アニスは、お腹の筋肉をリラックスさせ、ガスの排出を促し、むくみを予防し、酸性度を抑えます。さらに、神経性胃炎やコリックを予防し、消化を促してくれるでしょう。

タイムとバジル

胃や腸のけいれんはとても痛く、不快なものです。ですが、タイムを利用すれば、その痛みが緩和されるかもしれません。タイムはまた、ガスの排出にも効果があると考えられています。

タイムを抽出してお茶を作り、毎食後に飲むのが理想的です。

一方、バジルは胃痛や生理痛を緩和してくれるでしょう。バジルを抽出した液でうがいをすれば、喉の痛みにも良いかもしれません。

ローズマリーとアブサン

ローズマリーは、消化不良を始めとする様々な消化トラブルからくる症状の緩和に良いでしょう。ローズマリーのエッセンシャルオイルは胃を保護し、消化管粘液を覆ってくれるでしょう。

一方、アブサンは食べ物や腸管寄生虫から取り込まれたバクテリアによるトラブルの緩和に良いでしょう。

フラックスシード

フラックスシードは下痢や便秘、胃炎などに良いとされています。また、腸や大腸の炎症の緩和や過敏性超症候群や潰瘍にも効果があるかもしれません。

ショウガ

ショウガを抽出したお茶は、胃痛や胸焼け、ガス、吐き気に良いでしょう。さらに、酸性度を下げ、有害な腸内細菌とも戦ってくれるでしょう。また、消化を助け、食べ過ぎによる胃もたれや不快感の緩和にも効果的でしょう。

  • ショウガは生で食べるか、抽出してお茶にしましょう。毎日摂取しましょう。

お腹の痛みを緩和するアロエとアーティチョーク

アロエベラには抗炎症作用があるため、炎症からくる胸焼けや痛みに良いでしょう。また、腸をきれいにして腸管を正常に保ち、便秘を解消してくれるかもしれません。

一方、アーティチョークは消化の過程で機能する器官のデトックスを助けます。肝臓の洗浄効果や体内のコレステロール値の正常化が期待できるでしょう。

こちらも合わせてどうぞ:アロエが胃炎に効く5つの理由

 

タンポポ

お腹の痛みを緩和する薬用ハーブ たんぽぽ

最後にご紹介するのは、タンポポです。胸焼けや便秘を予防し、消化を促進してくれるでしょう。タンポポや一般的な消化システムの状態を改善してはくれますが、潰瘍や胃炎、腎臓結石や胆石の方にはおすすめできません。

ご覧のように、消化トラブルを防ぎ、お腹の痛みを緩和する効果のある薬用ハーブはたくさんあります。薬用ハーブの持つ力をうまく利用し、生活の質を改善できるといいですね。

  • Moreno-Salazar, S. F., Robles-Zepeda, R. E., & Johnson, D. E. (2008). Plant folk medicines for gastrointestinal disorders among the main tribes of Sonora, Mexico. Fitoterapia. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2007.07.009
  • Swapna M. M., R., P., P., A. K., N., M. C., & P., R. N. (2011). A review on the medicinal and edible aspects of aquatic and wetland plants of India. Journal of Medicinal Plants Research. https://doi.org/10.5897/JMPRX11.005
  • Duke, James A, M. J. B.-G. J. duCellier & P.-A. K. D. (2001). Handbook of medicinal herbs. Herbal reference library. https://doi.org/10.1186/1746-4269-7-30