お腹の張りを解消してくれる食べ物

9月 11, 2015
お腹が張っていると感じる日は、水分をしっかりとって、たまっている体液と毒素を排出することが大切です。その際ナトリウム量が高くならないように気をつけましょう。

お腹の張りや膨張は、ガスが溜まったり体液が滞ることで起こります。その原因には様々なものがあり、例えば消化しにくい食べ物を食べた、または特定の健康問題が関係している、などが考えられます。

お腹の張りを引き起こす健康問題としては、過敏性腸症候群、便秘、特定の食物に対して耐性がない、または薬の中にも原因となるものがあります。また、月経前症候群の一つとしても一般的で、非常に不快な症状です。

お腹が張っている原因が食べ物のせいだとはっきりわかっている場合にのみ、その解決法も何を食べているかに集中するべきです。もしも症状が治まらなかったり、悪化したり、もしくは新しい症状が現れる場合には、必ず医師に相談するようにしてください。

一般的に、女性は毎月ホルモンバランスの変化を体験しなければならず、体液が滞留しやすい傾向があります。しかし、だからと言ってお気に入りの服を着て、スリムで素敵な体を楽しむのをあきらめるわけにもいきません。

次に、お腹の張りや膨張を引き起こす可能性があり、避けた方が良い食べ物を紹介していきます。

腹部の膨張を引き起こす食べ物

ラクトース

下に挙げるものの中にはバランスのとれた食事には欠かせないものも含まれますが、同時に不快なお腹の張りの原因になることもあるのです。

・ 乳製品

・ 豆類

・ キャベツ類

・ 炭酸飲料

・ 油っこい食べ物

・ スパイスや味付けが濃いもの

・ 塩

お腹の張りに効く食べ物

毎日の食事を通して、私たちの体に栄養を補給してくれる様々な食べ物の中に、体液の滞留とお腹にガスがたまるのを防いで、スリムな体を実現する助けになるものがあります。

効果的な食べ物で主なもの:

もも

なし

パイナップル

りんご

脂肪のない肉(赤身肉)のオーブン焼き、グリルもしくは茹でたもの

パセリ

オレガノ

バジル

カボチャ等の野菜

なす

ズッキーニ(皮や種は取り除)

レモンバーベナ、ミント、リンデン、ボルド等を使ったお茶もお腹の張りを治めてくれる

なんだかいつもよりお腹が張っている、というときは、必ず水分をこまめにとるようにしましょう。老廃物を排出してくれる唯一の方法です。それから「お腹が張っているときは水を飲まない方が良い」というのは迷信です。しかし、ミネラルウォーターを飲むときにはナトリウムが含まれていないように注意しましょう。

また比較的よく知られているように、塩辛い料理は避けることが大切です。体液の滞留を引き起こしてしまうため、症状を悪化させてしまいます。さらにナトリウム量を増やすことなくフレイバーをプラスするため、スパイスを使うなど別の方法で味付けしましょう。

運動も忘れてはいけません。ただウォーキングするだけでも、体液を動かして排出するのを助けます。自分の体を良く知って、異なる食物に対してどのような反応をするのかを把握すれば、もちろんどうしても努力は必要ですが、スリムなボディーラインを手に入れることは可能なのです。

ウォーキング

一つ重要な点は、お腹の張りの原因となるからと言って、体に必要な栄養源となる食べ物を完全に避けるべきではないということです。問題の食品の別の食べ方を探したり、代わりになるものを探して、さらに栄養バランスを崩さないようにするには、栄養士に相談するのが理想的です。

調理する時のちょっとした変更で、栄養を失うことなく不快な症状も防ぐことができる場合もあります。そして最後に、お腹の張りを予防するのに、食べ物を良く噛むことを忘れてはいけません。消化不良からくる症状を防ぐためにも、食事を儀式のようなものだと捉えて、落ち着いた平穏な気持ちで食べることが大切です。

 

 

あなたへおすすめ