ご用心! 過敏性腸症候群の人が/食べてはいけない食品

· 8月 20, 2015
過敏症腸症候群という名前を耳にしたことはありますか?本記事ではこの病気を発症した人が避けるべき食品をご紹介します。

過敏性腸症候群(IBS)の症状は、多くの不快な症状や合併症を引き起こします。

症状の現れ方には個人差がありますが、お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのが続くと言った症状が一般的で、食べ物が症状に影響を与えているケースが報告されています。

過敏性腸症候群を発症している場合、毎日の食生活を見直し、医師の指導による食事方法に従うことが症状の悪化を予防します。

本記事では、過敏性腸症候群を発症している人が食べるべきではない食品をご紹介します。

 揚げ物とファストフード

ハンバーガー

 

フライドポテトやフライドチキンなどをはじめとする揚げ物は、過敏性腸症候群を発症している時には避けるべき食品です。

過敏症腸症候群は、食事によってある程度症状を軽減することが可能です。そのため、できる限り腸を刺激しない食生活を心がける必要があります。

揚げ物、そしてハンバーガーやピザ、ホットドッグなどのファストフードも症状を悪化させる危険があります。

調理をする際は、油で揚げるより、蒸したりオーブンで焼く健康的な調理方法を活用してください。

またフライパンに少量の油を入れて調理する場合は、健康的な脂質であるオリーブオイルまたはココナッツオイルを使いましょう。

こちらの記事もご覧ください:絶対に避けるべき危険な食べ物15選

赤身肉

調理方法にかかわらず、ソーセージやハムなどの加工肉や赤身肉は避けることが大切です。

これらの肉類は体内で消化されにくく、体内にとどまる時間が長い食品なので、腸の健康に悪い影響を及ぼします。

どうしても肉類が好きな方は、一度に食べる量を減らす、または週3回に減らすなど食生活の改善を心がけてください。

脂身は取り除き、焼くまたは煮込む方法で調理しましょう。

乳製品

牛乳

乳製品は消化に必要な繊維質を持たないうえ、脂質と乳糖を含んでいます。また、消化器系の問題を悪化させる乳清タンパク質とカゼイン(牛乳の中のタンパク質)が、ひどい下痢や便秘を引き起こします。

そのため、過敏症腸症候群を発症している時は乳製品を避け、豆乳やアーモンドミルクなどの植物性のミルクに変更しましょう。

ご存知ですか?:植物性ミルクの効果とその作り方

卵黄

脂質を多く含む卵黄は、過敏症腸症候群を発症している人には刺激が強すぎるため、避けることが大切です。

砂糖と人工甘味料

角砂糖1

ビタミンやミネラルを含まず、健康に不必要な炭水化物のみを提供する白砂糖や人工甘味料は、消化器系の問題を引き起こす可能性があるため、過敏症腸症候群を発症している場合は、できるだけ摂取量を減らしてください。

白砂糖や人工甘味料の代わりには、精製されていない有機栽培のハチミツがおすすめです。

毎日の生活を送るのに必要なエネルギーを提供します。

こちらの記事もご覧ください:アップルサイダービネガー・生姜・ハチミツで作る消化促進ドリンク

砂糖やカフェィンを多く含む飲み物

炭酸飲料には砂糖が多く添加されているため、腸の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、脱水症状を引き起こす可能性があります。

つまり体内が脱水状態になったり、十分な水分が得られない場合は、便秘などの症状を発症し、過敏症腸症候群の症状が悪化するリスクが高まります。

カフェインの含有量の多いコーヒー飲む時は、できるだけ水をたくさん飲むようにしてください。

可能ならばコーヒーを避けて、緑茶やハーブティー、そして自家製フルーツジュースなどを飲みましょう。正常な消化を促進しながら腸の機能を整えます。

参考サイト:日本消化器学会ガイドライン

過敏性腸症候群の症状を和らげる/5つのいやし系ハーブ

あなたへおすすめ