消化不良を防ぐには?

· 8月 6, 2015

ある特定の食べ物を食べた時、きちんと消化されないことで、満腹感や胃、腹部等にガスがたまったような膨張感が引き起こされることがあります。ここではそのようなことが起こらないよう、消化を助けるのに有効な食品をご紹介したいと思います。

膨張感を避けるために。

1.生のフルーツ

生のフルーツは消化不良を防ぐには最適の食品です。食物繊維と水分を含み、その果糖はあまり体内に残らないためです。

忘れないでいただきたいのは、一種類ばかり食べるのではなくバリエーションを付けて食べてほしい、ということと、食べすぎないようにしてほしい、ということです。なんでもやりすぎは禁物ですからね。

 

2.サラダ

サラダ

サラダが体によい、というのはもう常識かもしれませんが、特に、パイナップルとパパイヤを加えると効果が倍増します。と同時にこれは朝食、または昼食におすすめで夜にはもう少し軽めのサラダ、または野菜のムースなど(それも少量)にすれば、満腹感を感じたまま横になる危険を冒さず、消化を無理なく助けることでしょう。

 

3.アルファルファとレンズ豆

アルファルファの芽とレンズマメはビタミン類、ミネラルを豊富に含むためとても体にいいといわれています。サラダやスープに加えると簡単です。

 

4.サワークラフト

サワークラフトは食物繊維のかたまりのため、消化を助けます。独特の味が苦手な場合は水にすこし付けてから食するといいでしょう。

 

5.砂糖の代用として蜂蜜、糖蜜を使用する

ハチミツ

発酵済全粒穀物からとられた蜂蜜等を使用することは消化不良をたすけるのにかなり有効でありますが、蜂蜜も糖分のかたまりであることを忘れずに、特に糖尿病の方は使用を避けたほうが賢明でしょう。

 

ガスがたまったような膨張感や、食べ過ぎたような胃の深いな感じは、日々の生活を改善することで簡単に避けられるので、今日から少し試してみませんか。