お腹の張りを引き起こす8つの食べ物

· 7月 20, 2016
お腹が張るのを避けたければ、体内でガスを発生させるような食べ物の摂取を控え、常に健康でバランスの取れた食生活を送る事が大切です。

おなかが張ってしまうのは、見かけの問題だけでなく、この種の炎症が食べ過ぎや体を刺激する食品を食べる事による消化器官の過労で起こるという事を知っていると、気をつけたほうがいい問題だと気付くでしょう。

さらに、体内に溜まったガスで不快な思いをするだけでなく、痛みを伴う事まであるというのが問題です。お腹の張る傾向のある方は、以下を参考に、お腹の張りを引き起こす食べ物を日々の食生活から除いてみて下さい。

1.脂肪分の高い食べ物

ポテト

脂肪分の高い食べ物は腹部の炎症を起こす主な原因です。

それらはあなたの体重を増やすだけでなく、消化を鈍らせ、コレストロール値をあげます。

いい例はこの魅力的なフライドポテト。脂肪分とスターチ(澱粉)が多く含まれていて、内臓にとっては爆弾のようなものです。

 

2.炭酸飲料

ソーダなどの炭酸飲料は、その高い糖分で多くの人を惹きつけ虜にします。

悪いお知らせですが、その炭酸飲料に含まれる二酸化炭素はあなたの胃を激しく刺激し、胸やけや膨満感を引き起こします。

3.アブラナ科の野菜

ブロッコリー

この種の野菜は消化する事が困難な、ラフィノースと呼ばれる多糖類として知らせています。それらがあなたのお腹の中で腸内細菌に触れた時、胃のむかつき、ガス、げっぷなどの症状を引き起こし、発酵し始めます。

これらのお野菜はそれに含まれる繊維の高さと相まって、治まりにくいお腹の炎症を引き起こします。とは言え、野菜は健康には良いので体への影響を減らすのに役立つ他の食品と組み合わせて適度に摂取しましょう。

4.塩

塩の取り過ぎはむくみの主な原因となり、また炎症の問題とも密接に関わっています。
塩の摂取量を減らすのは腹部にいいだけでなく、主要な臓器全体の健康にプラスの効果があります。

こちらの記事もお読みください:塩の代わりとなる8つのスパイス

5.精製された炭水化物

炭水化物は精製する過程で繊維が取り除かれ、栄養素が低く中身のないカロリーしかもたない食べ物に変わってしまいます。

最も良く無いのは精白小麦粉で、ピザ、パン、菓子パンなどなどに良く使われています。

事実それらの食べ物に寛容性がなく、食べるとアレルギー反応を起こす人もいます。

6.スパイシーフード

スパイス

香辛料は健康のための利点も沢山あります。しかし、適切に摂取しなければそれらはまた炎症の原因にもなります。これらの炎症は過剰な酸が胃の粘膜を刺激する事によって誘発されます。

適度な摂取が好ましい食品は、下記の通りです。

  • ブラックペッパー
  • ナツメグ
  • チリパウダー
  • マスタード
  • お酢

7.乳製品

乳糖不耐症を患っている人は、たとえ美味しそうに見えても乳製品の消費を避ける必要があります。これらは消化を妨げ、膨満感、痙攣、また下痢を引き起こします。

こちらの記事もご覧ください:乳製品&砂糖ゼロ!ストロベリーとアーモンドのムース

8.豆

豆

食生活に豆を取り入れるのには利点が多い反面、高い糖分とその他の成分の為に消化が大変難しいという問題があります。腸内でガスを蓄積し、炎症を生成し、また他の胃腸の問題も引き起こすこともあります。

豆を完全に食卓から排除するべきではありませんが、摂取量を減らして食べる前に良く調理する事を心掛けて下さい。

代わりに魚、鶏肉や大豆製品から多くのたんぱく質を取る事ができます。

これら8つすべての食品が膨満感につながるので、苦痛な症状を回避するためにもこれらを過剰に摂取するのは避けるのがベストです。

もしそれでもお腹の炎症が解決しない場合、もっと深刻な障害の兆候である可能性もありますので、医師に相談する事をお勧めします。

あなたへおすすめ