お米:そのメリットと種類

8月 3, 2018
お米は、素晴らしい主食であること以上に、体にいいことがたくさん。お米を食べることで、神経系や心臓血管系の機能を助けます。

世界中の食事の中でも、最も重要で一般的に食べられている1つでもあり、お米はどの食事ともよく合います。

お米の原産地については諸説ありますが、アジア圏、特に中国と言われています。また、お米はとうもろこしの次に世界中で最も多く栽培されている穀物でもあります。

お米の種類

大抵、スーパーではほんの数種類しか見かけないかもしれませんが、実際にはお米の種類は大変数が多いのです。

長粒米

長粒米は、世界では最も多く流通しているお米でしょう。インドや米国、中国などで広く食べられています。

中粒米

ボンバ」とも称されるこの種類は、ヨーロッパの料理でよく使われます。スペインのパエリアを作るのに最適なお米です。

短粒米

日本で通常食べられる米はこの種類に属します。

パーボイルド米

最後に、パーボイルド米は、産業用に広く使われています。

こちらもお読みください:美味しいパエリアのレシピ

お米のメリット

米

お米はビタミンB3、B6、B9を含みます。ビタミンB3はDNAの修復や、毒素の洗浄と排出、B6は保湿と貧血防止と細胞の保全に役立ちます。

ビタミンB9は神経系の発達に直接関係し、体が疲れないように燃料の役目をします。また、お米はコレステロールフリーでもあります。

抗炎症フード

玄米には利尿効果があるので、積極的に食べましょう。多くの人にとって、利尿効果がある食べ物は、胃の不調を整えるのに役立ちます。お米の食物繊維がお腹の調子を整えます。また、お米に含まれるデンプンが、体内の不要な水分を排出するのに役立ちます。

このデンプンは難消化性デンプンと呼ばれるもので、腸内フローラや結腸の改善にも役立ちます。結果として、体の脂肪燃焼を早めます。

ご飯を食べると腸を整えることになるので、下痢の予防にはぴったりの食べ物です。

心臓へのメリット

心臓

血圧を抑えるのにオススメの食べ物はいくつかあり、お米はその中のひとつです。

塩分が少ないので、血流をよく保ち、血圧を下げてくれます。また、ストレス値も下がるので、心臓の健康に役立ちます。

ぬか油は、お米から作られる製品のひとつ。心臓血管系を強くする抗酸化作用が高い食べ物です。

こちらもお読みください:心臓の健康のために取り入れたい6つの食習慣

お肌へのメリット

ぬか油は、お肌にとっても重要で、非常に大きな影響力があります。

例えばアジア圏では、ぬか油は大抵は鮫肝油の代用として使用されます。コラーゲンの生成を増やし、シワが急激にできるのを防いでくれます。また、ぬか油は日焼け対策としても使われます。

お米とガン

お米

昔はただの言い伝えだと思われていましたが、最近になって科学的研究に裏付けられました。お米をきちんと研ぐこととガン予防に関連性がある、と。

お米を正しく調理しないと、稲を早く育ててお米を早く売るために使われた農薬が残ったままになり、結果として深刻な病気になります。

ヒ素が様々な合併症を引き起こすので、お米はお湯で炊きましょう。

 

お米の炊き方

日本で流通する米を炊飯器で炊く、と水の量もあまり気にしない方も多いかもしれません。

上記の様々な種類の米、基本の炊き方はいたってシンプル:お水はお米の2倍の量。

できるだけシンプルにするために、小さい計量カップを使うのが一般的です。

お米を使った料理はたくさんありますが、今回はヘルシーなほうれん草ライスをご紹介します。

ほうれん草ライス

材料

  • お米 1カップ(250g)
  • 蒸したほうれん草 1房(0.250g)
  • クリームチーズ 大さじ6(100g)

作り方

ご飯を炊き、ほうれん草を加え、クリームチーズを加える。お好みで塩胡椒をして混ぜる。

あなたへおすすめ