お肌のシミをうすくする自然療法

10月 20, 2015
お肌のシミをうすくして皮膚を再生するために、玉ネギの汁を利用できます。イオウとビタミンCがたくさん含まれていますから、シワを減らすのにも役立ちます。
私たちは、シミ・ソバカス・ニキビなどが1つもない、スベスベで健康的な肌を保とうと、ちょっと躍起になりすぎているのかもしれません。シミができる理由は、直射日光・ホルモンの変化・化学薬品などさまざまですが、目立つシミは、うーん、やっぱり気になってしまいますよねえ。今回は、お肌のシミをめだたなくするための自然療法についてお話します。

ラッキーなことに、気になるシミをうすくし、お肌に自然の美しさを取りもどす方法があります。以下、美肌を作るのに役立つ家庭療法をご紹介しましょう。

アロエベラ

古代から、お肌の手入れに利用されてきたアロエベラ皮膚の深部まで潤いを与えるだけでなく、傷の治りを助ける・細胞を再生する・潰瘍の症状を改善する・火傷を治す・シミをうすくするなどの効能があります。アロエベラの薬用効果を十分に生かすためには、肉厚の葉の内側からゼリー状の部分をこそぎとり、1日に2回患部に塗りましょう。

レモン汁

2-レモン

レモンのしぼり汁は、お肌を明るくする自然療法の中でも、もっとも効果が高いものの1つ。その理由は、レモンにはメラニンの生成を調整するビタミンCと、細胞の再生を助ける抗酸化物質が豊富に含まれているためです。レモンの美容効果を利用するには、寝る前にレモン1/2個をしぼって、その汁をシミのある部分に直接塗りましょう。直射日光に当たると、実際に肌を漂白してしまいますから、この美容法は必ず夜に実行してください。朝、水で洗い流します。

玉ネギ

玉ネギも、お肌の健康を守る強い味方です。イオウとビタミンCが含まれているため、シミと闘い、ヘルシーな皮膚を再生するのに最適です。玉ネギの汁を肌につけると、シワを減らしたり、ニキビを治したり、シミを消したりするのに役立ちます。玉ネギをすりおろしてしぼり、その汁をコットンに含ませて患部に当ててください。そのまま10分間置いてから、水で洗い落としましょう。

リンゴ酢1

酢はpHが酸性なので、肌をすべすべにし、光沢を与えてくれるなど、美容にすぐれた効果があります。コットンにリンゴ酢をふくませ、患部に当てましょう。そのまま20分間置いてから、水で洗い流してください。

ヨーグルト

ヨーグルトの中には乳酸が含まれているため、すぐれた美容剤として役立ちます。皮膚の表面から角質を取りのぞくのを助け、やわらかい若々しい肌にしてくれるのです。ヨーグルトは、毛穴を浄化し、皮膚を消毒し、早期老化を防いでくれます。シミやソバカスをうすくするには、まずプレーンヨーグルトを適宜使って、パック剤を作りましょう。これを患部に塗ってから、20分間置き、その後ぬるま湯で洗い流します。

お肌のシミを防ぐ・うすくするためのアドバイス

以下に挙げるヘルシーな習慣とアドバイスにしたがうことで、お肌にシミを作る要因の大部分を避けることができます。

  • 毎日日焼け止めを使う:直射日光は、有害な日焼けやシミ、その他あなたの美肌を損なうさまざまな問題の原因となります。シミができてから治療するよりも、できるのを防ぐ方がいいですから、いつも(特に日中)日焼け止めを使うようにしましょう。もともと色白の人や、ふだん日光にあまり当たらない人はなおさらです。
  • 日差しが強いときに外に出ない:もしお肌を明るくしたり、シミを取ろうとしているなら、最大の効果をあげるため、自然療法は夜に実行しましょう。直射日光にさらされると、かえって逆効果になる場合があり、もともとあるシミをますますひどくする可能性があります。
  • 水分を十分補給する:十分な水分補給は、健康でシミのない美肌作りに欠かせません。たくさん水を飲むようにし、毎日お肌に保湿ローションを塗りましょう。
  • 正しい食生活を実行する:健康で美しいお肌を保つための最後の鍵は、正しい食生活を実行し、くだものや野菜をたくさん食べること。揚げ物や脂っこいもの・砂糖・塩・その他のジャンクフードは、身体に悪いだけでなく、すぐ肌に影響しますから、できるだけ避けましょう。
あなたへおすすめ