【乳がんの化学療法】種類とステージについて

乳がんの化学療法には多くの利点があり、現在では数年前ほど負担の大きい治療法ではありません。この種の治療は、満足のいく結果を得るために他の治療と組み合わせることが一般的です。
【乳がんの化学療法】種類とステージについて

最後の更新: 11 6月, 2022

乳がんに対する化学療法は、強力な薬剤を用いてがん細胞を攻撃する治療法です。病気を治すために用いられることもあれば、病気の拡大を防いだり、症状を和らげたりするために用いられることもあります。

人によっては、1種類の乳がん化学療法だけで治療が可能な場合もあります。しかし、数種類の化学療法を同時に、他のアプローチと組み合わせて使用することがより一般的です。

通常、静脈内または経口で投与されます。時には副作用が心配されることもありますが、すべては忍耐強く、かつ注意深く行うことで克服します。

なぜ化学療法が乳がんに適応されるのか

体内のすべての細胞は、成長したり損傷を修復したりするために分裂し、これは正常なことです。がんは、一部の細胞が制御不能な分裂と増殖を始めたときに発生します。これにより、腫瘍として知られる塊が形成されます。

乳がんに対する化学療法は、その治療方法の一つです。この方法で達成されるのは、急速に増殖する細胞の溢れるような増加を中断させることです。

使用される薬剤の中には、増殖の速い細胞の遺伝物質を損傷する可能性を持つものがあります。また、細胞分裂の速度を変化させるものもあります。

乳がんの診断を受けた人全員が化学療法を必要とするわけではないことをご留意ください。症例はそれぞれ異なり、手術や放射線がより効果的な場合もあります。

化学療法はどのように行われるのか

乳がんの化学療法は、医師の診療所、専門施設、病院などで行われます。最も一般的なのは静脈内投与で、数分の注射か、より長い時間を要する点滴が行われます。

多くの場合、点滴を行うには、より大きく頑丈な装置が必要となります。このような器具は中心静脈カテーテル(CVC)と呼ばれ、「中心静脈アクセス器具」または「中心静脈ライン」とも呼ばれます。その種類はさまざまです。

乳がんの化学療法は、2~3週間を1サイクルとし、その後、副作用を回復するために休薬期間を設けます。ただし、これは使用する薬剤によって異なる場合があります。

早期のがんの場合、治療期間は3~6カ月です。がんが進行している場合は、さらに時間がかかることがあります。しかし、すべては患者さん一人ひとりの状態や処方される薬剤によって異なります。

乳がん 化学療法
点滴が乳がんの化学療法の通常の方法であり、さまざまな薬理学的製剤を使用します。

乳がんのステージ別化学療法

乳がんの化学療法は、病気のステージによって異なります。一般的に、ステージIとIIには1種類の治療法があり、ステージIIIのがんには別の治療法が適用されます。

こちらもお読みください:乳がんを予防が期待できる食べ物

ステージIの化学療法

ステージIの乳がんは、リンパ節への転移がない限局したもの、あるいは転移の程度が小さいものです。このような場合の第一選択治療は手術で、乳房を温存するか、乳房を全摘出します。

その後、放射線療法を行うのが一般的です。しかし、場合によっては、化学療法も必要です。特に、腫瘍の幅が1cm以上ある場合や、好ましくない性質を持つ場合に適応となります。

このような場合、アジュバント化学療法(補助療法)という言い方をします。また、手術の前に行うことで、手術の成功率が上がると考えられる場合にも行われることがあります。そのため、ネオアジュバント化学療法と呼ばれます。

こちらもお読みください: 体が喜ぶ健康的な食べ物

ステージⅡの化学療法

II期のがんは、上記よりもやや大きく、乳房に隣接する数カ所のリンパ節に転移しているものです。このような場合にもステージIのがんと同様のプロトコルが行われますが、通常は手術前に化学療法を行うことが多くなっています。

この方法によって、手術前に腫瘍が多少縮小するため、乳房をより多く温存できる可能性が高まります。ただし、生存率には影響しません。

また、ステージII乳がんに対する化学療法は、手術後または手術の前後に行われる可能性があります。どちらが最適な選択肢なのかを知るために、オンコタイプDXなどの検査が行われます。

ステージIIIの化学療法

ステージIIIの乳がんは、5センチ以上の大きな腫瘍があることが特徴です。また、隣接するリンパ節の多くや、乳房の上の皮膚や下の筋肉などの周辺組織にも転移しています。

このような場合、ネオアジュバント化学療法や手術前の化学療法を行うことが非常に一般的です。すでに説明したように、目的は腫瘍を小さくして、乳房を温存できる可能性を高めることです。腫瘍が十分に縮小しない場合は、根治的な乳房切除術や全摘術が必要になります。

また、手術後に乳がんの化学療法が必要になることもあり、最長で1年間行うこともあります。また、手術で治療を開始し、その後化学療法を行うケースもあります。

乳がんの予防 化学療法
化学療法は、腫瘍学的診断がすでについている場合の治療法です。このような状況に至らないようにするのが予防と経過観察です。

乳がんの化学療法の基準

乳がんの化学療法は、非常に不快な副作用を次々と発生させますが、病気の治療にとって重要なメリットがあることも事実です。

一般的には、次のような基準で選択するとよいとされています。

  • 大きながんや高悪性度のがん。再発しやすいので、化学療法はこのリスクを回避するのに役立ちます。
  • リンパ節に広がっているがん。この状態では、通常、化学療法が推奨されます。
  • 進行性のがんを患う若い人。
  • 健康状態。心臓病、糖尿病、その他の疾患があると、化学療法が制限されたり、条件が悪くなったりします。
  • HER2値。この測定値は、がんの重症度を分類するために使用されます。
  • 患者の意思。女性の意見が重視されます。

副作用が少なくなった

乳がんの化学療法は、しばしば威圧的です。しかし、この分野では科学が大きく進歩したことを明確にすることが重要です。このため、現在の治療法では副作用をずっと我慢しやすくなっています。

治療中は、十分な栄養と休息をとり、精神的な健康に気を配ることが非常に重要です。これらの要素はすべて、より良い結果をもたらすことに貢献します。また、同じ状況を経験した人に話を聞くこともお勧めします。

こちらの記事もおすすめです。
がん治療の副作用について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
がん治療の副作用について

様々ながん治療の副作用について疑問に思う患者は大勢います。専門家の治療を受けるとき、中には答えを求めてインターネットで検索する人もいるでしょう。知りたい情報を探索したのはいいけど、返って疑問がさらに増えた、というのはよくあることです。例えば、がん治療の副作用とはそもそもどんなのがあるか。



  • Piñeiro Fernández, J. (2004). ¿Debe el paciente conocer que tiene un cáncer?: nuestra experiencia en las pacientes con cáncer de mama. Revista Cubana de Cirugía, 43(1), 0-0.
  • Ariza Márquez, Y. V., Briceño Balcázar, I., & Ancízar Aristizábal, F. (2016). Tratamiento de cáncer de seno y farmacogenética. Revista Colombiana de Biotecnología18(1), 121-134.
  • Khosravi Shahi, P., Izarzugaza Perón, Y., Encinas García, S., Díaz Muñoz de la Espada, V. M., & Pérez Manga, G. (2008, January). Tratamiento adyuvante en el cáncer de mama operable. In Anales de Medicina Interna (Vol. 25, No. 1, pp. 36-40).
  • Ariza Márquez, Y. V., Briceño Balcázar, I., & Ancízar Aristizábal, F. (2016). Tratamiento de cáncer de seno y farmacogenética. Revista Colombiana de Biotecnología, 18(1), 121-134.
  • Carlson, J. J., & Roth, J. A. (2013). The impact of the Oncotype Dx breast cancer assay in clinical practice: a systematic review and meta-analysis. Breast cancer research and treatment141(1), 13-22.