抜け毛防止に効く7つの食品

ビタミンB6と葉酸の含有量が高い全粒穀物は、血液に酸素を供給して毛包に栄養を与え、より速く、より強く髪を成長させます。
抜け毛防止に効く7つの食品

最後の更新: 06 12月, 2018

ストレス、化学物質の使用、ドライヤーなどの熱、ホルモンの変化、その他多くの理由で、抜け毛が始まります。しかし、抜け毛に苦しむ人たちの中には、食事がこの問題の主要原因である可能性があると同時に解決法でもある、ということに気付いていない人が多いのです。適切な栄養で抜け毛を防ぐ方法についてみていきましょう。

食品が脱毛の主な原因の一つかもしれないと言いましたが、体の内外が適切に機能するために、体は食べ物を通じてすべての栄養素を吸収します。 髪は毛包から栄養分が補給されるので、髪を強くし髪の健康を促進するのに不可欠な栄養素が豊富な食べ物を食べることが重要なのです。

抜け毛がひどい場合、何が原因なのかを探るために医者に相談するのがベストです。しかし何が理由であれ、以下の食品は、髪の成長を促進、脱毛を治して予防し、柔らかくてサラサラしたの髪にするのに役立ちます。

抗酸化物質

果物や野菜は、天然の抗酸化物質の主要な源です 。食事にこれらを加えることで髪を強化し、健全な成長を促進できます。特に、オレンジ、レモン、キウイフルーツ、ブロッコリー、ホウレンソウといった、髪や組織細胞の形成の必須成分であるコラーゲンの生産の鍵となるビタミンCが豊富な果物や野菜の消費を増やすことをお勧めします。

こちらの記事もご覧ください:醸造酵母で抜け毛・薄毛を解消!

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、米、小麦、オート麦、ライ麦のような全粒穀物に含まれています。 食物繊維は、男性の脱毛症に関連付けらるホルモンであるインスリンを規制する能力に密接に関係しています。 全粒穀物はまた、毛包への酸素の送達に寄与するビタミンB6及び葉酸を含んでいます。

葉物野菜

抗酸化物質が豊富である緑色の葉野菜は鉄分含有量も高く、毛髪の成長を刺激します。 ですから、食事にスイスチャード(フダンソウ)、芽キャベツ、ほうれん草、ラディッキオ(赤チコリ)、ルッコラなどを加えることをお勧めします。

亜鉛

亜鉛は、体内の多くの酵素間の化学反応を触媒する必須栄養素です。 髪への主な利点は、エネルギー生産とタンパク質形成です。 亜鉛が最も豊富な食べ物の一つは、鉄分、タンパク質、ビタミンB6・B12を含む肉です。 これら全ての栄養素は、脱毛予防及び治療に効果的です。 亜鉛は、セロリ、アスパラガス、イチジク、ジャガイモ、ナスにも含まれています。

セロリ

葉酸とビオチンを含む食品

これら二つの栄養素が一緒になって、髪、爪、皮膚といった急速に分裂する細胞の代謝活性のバランスをとるのに役立ちます。 ビオチンは、酵母パン、シリアル、ナッツ、エンドウ豆、小麦ふすま、バナナなどの食品に含まれています。 葉酸は通常、牛肉、七面鳥、鶏の肝臓、ひよこ豆や黒豆といった豆から摂取できます。

こちらの記事もご覧ください:よくある抜け毛の原因10

ビタミンA

ビタミンAの欠乏は、抜け毛を引き起こす可能性があります。毛包を潤滑にして抜け毛を減らすこのビタミンは、皮脂腺のつまりや乾燥予防に役立ちます。 ビタミンAはまた、毛包細胞に酸素を提供し、毛髪の成長を促進します。 卵、野菜、栄養強化したミルクなどを取り、魚のオイル、ヒマワリ油やオリーブ油で、ビタミンAの摂取量を増やしましょう。

目玉焼き

水は健康的で安価な飲料ですが、強い髪を維持し脱毛を予防する鍵になります。 専門家は、1日に少なくとも水8杯を飲み、ソフトドリンク、エネルギードリンク、アルコールの過剰消費を避けることを勧めています。

こちらの記事もおすすめです。
抜け毛に効果的なティーツリーオイルのヘアマスク4選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
抜け毛に効果的なティーツリーオイルのヘアマスク4選

ティーツリーオイルは昔から、何世紀にも渡って頭皮の感染症、フケ、または髪の感染を予防するのに使われて来ました。現在では、脱毛を予防しながら髪を強化するための自然療法の成分として多く使われています。本記事では、このティーツリーオイルを使った抜け毛に効果的なヘアマスクをご紹介します!



  • Almohanna HM, Ahmed AA, Tsatalis JP, Tosti A. The Role of Vitamins and Minerals in Hair Loss: A Review. Dermatol Ther (Heidelb). 2019;9(1):51–70. doi:10.1007/s13555-018-0278-6
  • Guo EL, Katta R. Diet and hair loss: effects of nutrient deficiency and supplement use. Dermatol Pract Concept. 2017;7(1):1–10. Published 2017 Jan 31. doi:10.5826/dpc.0701a01
  • Finner AM. Nutrition and hair: deficiencies and supplements. Dermatol Clin. 2013 Jan;31(1):167-72. doi: 10.1016/j.det.2012.08.015. Epub 2012 Oct 18. PMID: 23159185.
  • Trüeb RM. Oxidative stress in ageing of hair. Int J Trichology. 2009;1(1):6–14. doi:10.4103/0974-7753.51923
  • Suo, L., Sundberg, J. P., & Everts, H. B. (2015). Dietary vitamin A regulates wingless-related MMTV integration site signaling to alter the hair cycle. Experimental Biology and Medicine240(5), 618–623. https://doi.org/10.1177/1535370214557220
  • Beoy, L. A., Woei, W. J., & Hay, Y. K. (2010). Effects of tocotrienol supplementation on hair growth in human volunteers. Tropical Life Sciences Research21(2), 91–99.
  • Saini K, Mysore V. Role of vitamin D in hair loss: A short review. J Cosmet Dermatol. 2021 Nov;20(11):3407-3414. doi: 10.1111/jocd.14421. Epub 2021 Sep 22. PMID: 34553483.
  • Park SY, Na SY, Kim JH, Cho S, Lee JH. Iron plays a certain role in patterned hair loss. J Korean Med Sci. 2013;28(6):934-938. doi:10.3346/jkms.2013.28.6.934
  • Dharam Kumar KC, Kishan Kumar YH, Neladimmanahally V. Association of Androgenetic Alopecia with Metabolic Syndrome: A Case-control Study on 100 Patients in a Tertiary Care Hospital in South India. Indian J Endocrinol Metab. 2018;22(2):196-199. doi:10.4103/ijem.IJEM_650_17