乾燥肌の自然療法

· 10月 10, 2015
高価なものを使わず、自然療法で、乾燥肌を癒しましょう。

顔の肌がつっぱってパサつきヒリヒリしてくる、乾燥肌でお悩みの方。高価なクリームや医薬品に頼らずに乾燥肌を治せる自然療法をご紹介します。

肌の潤いを保って乾燥から防ぎ、柔らかく健康的な質感に改善できる様々方法があります。

 

オリーブオイルと卵

オリーブオイルと卵黄の組み合わせは、乾燥肌に非常に効果的です。オリーブオイルにはビタミンE、Kと抗酸化物質が豊富です。卵黄のビタミンAは肌を柔らかくする作用があります。

卵黄2つにオリーブオイル大さじ2杯とレモン果汁かローズ水大さじ半分を混ぜて下さい。コットンを液に浸して、顔と首全体に伸ばして下さい。20分間置いて人肌程度に温めた水で拭き取って下さい。すぐに効果を実感できるでしょう。

 

レモン果汁と砂糖

これらを混ぜた液は、肌の死んだ細胞を取り除くのに最適です。レモン果汁少量に砂糖大さじ1~2杯を加えたもので円を描くようにして10~15分間肌をマッサージし、角質を落とします。その後ぬるま湯で洗い流しましょう。肌が非常に柔らかくなります。レモンは優秀な収斂剤でビタミンCを含んでいます。肌をワントーン明るくし、細胞を増殖する効果があり、肌がスベスベになります。

こちらもお読みください:砂糖を使った5つの美肌術

 

アーモンドオイル

アーモンドオイルはビタミンEが豊富で保湿効果があり、使用すると乾燥肌が滑らかになります。このオイルが一番優秀な点は、ベタつかず肌がすぐに吸収することでしょう。肌が非常に潤い、乾燥知らずになります。適切な使用法は、10分間顔で優しくマッサージし、さらに10分間おいてから暖かい水で洗い流します。

 

ひまし油

ひまし油はあなたの肌にバリアを形成し、悪影響を与える石鹸、熱いお湯、乾燥した冬から守ります。優秀な天然の収れん剤で、肌から不純物を取り除きます。また、保湿効果もあります。

肌で一番乾燥した部分をちょっとの間マッサージしましょう。他の方法と同様、温かいお湯で洗い流して下さい。

こちらもお読みください:ひまし油とその効用

 

ココナッツオイル

ココナッツオイルで、パサつく深刻な乾燥肌を柔らかくて滑らかな輝く肌に簡単に改善できます。一晩おいて朝に洗い流しましょう。毎晩使用すると短期間のうちに目を見張るような効果が得られ、柔らかい肌が手に入るでしょう。

自然療法

上記の治療法のいずれかを習慣的に使用していると、肌が以前より柔らかくなったと気付くでしょう。リストの中であなたに一番合った療法をお選びください。一度に全ての療法を試すと、肌が炎症を起こしてしまうので控えましょう。