残った石鹸を最大限に活用する方法

残った石鹸を捨てる必要はありません。実はリサイクルをすることで、家族みんなが大好きな新しい石鹸を作ることができます。
残った石鹸を最大限に活用する方法

最後の更新: 13 9月, 2019

浴室での手洗いに通常の石鹸を使っていますか?

液体ソープとは違い、石鹸は小さくなると使いにくいという難点があります。

小さくなった石鹸を最後まで使い切る人もいれば、捨てて新しいものと取り替える人もいますが、実は、残った石鹸はリサイクルが可能です!

残ったハンドソープを最大限に活用する方法

石鹸を使い切る人も、少し残ったら捨ててしまう人も、今回ご紹介する残った石鹸のリサイクル方法をお試しください。

実は、新しい石鹸だけでなくシャワージェルを作ることもできるんですよ。

残った石鹸のリサイクル方法はとても簡単なので、お気に入りの方法になるでしょう。

新しい石鹸を作る方法

残った石鹸で新しい石鹸を作る

残ったハンドソープを加熱して、新しい石鹸を作る方法をご紹介します。

  • 石鹸を全て回収したら、広いガラスの瓶に入れてください。
  • 自分の好きなボディーローションや保湿クリームを加えます。ほんの少量で十分です。
  • 石鹸と保湿剤を入れたガラス瓶を湯せんにかけますが、石鹸が溶けている間は、ガラス瓶の蓋をしないように気をつけてください。
  • ダマにならないようにかき混ぜてください。
  • 自分の好きな型を選んだら出来上がった石鹸を流し入れます。好きな形やサイズ、金型やシリコンなどを使いましょう。
  • 注ぐ時の石鹸は非常に熱くなっているので、鍋づかみなどを使用してやけどに注意してください。
  • 数時間かけて冷まします。

残った石鹸からシャワージェルや液体ソープを作る方法

残った石鹸から液体石鹸を作る方法

新しい石鹸以外にも、残った石鹸から液体のハンドソープやシャワージェルを作ることができます。

  • 残った石鹸の量を確認し、必要な水分量を見極めます。
  • 出来るだけ多くなるように残った石鹸をすりおろしてください。
  • 40gの石鹸に対して4カップの水が必要です。
  • 水を沸騰させたら、すりおろした石鹸を加えて弱火にします。
  • 石鹸を希釈して、塊のない状態で水と混ぜるのが目的ですが、温度をさほど高くする必要はありません。時間がかかっても弱火で溶かすのが最も良い方法です。
  • 完全に溶けたら、冷まします。冷める過程で、ゼリーのような質感になります。
  • 容器を閉じる前に、スプーンか棒で石鹸をしっかりと混ぜることが大切です。
  • 出来上がりです。容器を閉じたらハンドソープかシャワージェルとして使いましょう。

残った石鹸をリサイクルできました!

今回ご紹介したように、残った石鹸のリサイクルはとても簡単です。

新しい石鹸だけでなく、シャワージェルや液体石鹸などその方法もバラエティーに富んでいます。

今後は残った石鹸を捨てずに、ぜひ活用してくださいね!

それはあなたに興味があるかもしれません...
アロマ大好き!おしゃれなグリセリン石けんの作り方
みんな健康Read it in みんな健康
アロマ大好き!おしゃれなグリセリン石けんの作り方

手作りのグリセリン石けんには、市販の石けんと比べると様々な利点があります。グリセリンには保湿効果もあるのです。グリセリン石けん作りはとても楽しい作業です。丸、四角、星、ハート型など様々な形や色、香りの石けんを作ることができますよ。あなたの個性を生かした素敵な石けんを作りましょう。