ニンニクとレモンで/ぽっこりお腹を引き締める

· 9月 12, 2016
ニンニクとレモンでできたドリンクは、お腹の脂肪に効くだけでなく、体の洗浄作用もあり、体の基本的な機能を改善してくれます。

お腹周りに脂肪がついている、おなかがぽっこりしていると悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

お腹についた脂肪は、放っておくとますますひどい状態となりますし、なかなか取れません。特に、新陳代謝が悪い場合は脂肪を取るのが難しいでしょう。

ぽっこりお腹は見た目だけの問題だと思う人が多いかと思いますが、実はその裏には深刻な健康トラブルが隠されている場合もあるのです。

健康学、栄養学の専門家は、バランスの取れた食生活と定期的なエクササイズを行うことがぽっこりお腹には効果的だとしています。

さらに、エクササイズとバランスの取れた食生活の効果を上げるには、ニンニクとレモンを使った方法をプラスして、デトックス効果をさらに高めることをお勧めします。

ニンニクとレモンを使ったこの方法は、自宅で簡単に作ることができ、コレステロール値を下げ、余分な脂肪の燃焼を促してくれます。

今日は、このニンニクとレモンの効能を詳しく見ていきましょう。

ぽっこりお腹の脂肪に!ニンニクとレモンの効能

にんにく

このニンニクとレモンのドリンクは、何世紀にも渡って飲まれてきた伝統的な飲み物です。

ニンニクとレモン、どちらにも浄化作用、消化作用があるため肝臓や大腸の機能を整え、余分なものを排出する効果があります。

ニンニクにはアリシンと呼ばれる活性物質が含まれており、コレステロール値を下げ、心臓の病気のリスクを減らすとして知られています。

また、ニンニクの抗炎症作用と利尿作用が、浮腫んだ組織から余分な体液を排出します。

ニンニクは天然の食欲抑制剤と考えられています。満腹感を持続させ、もっと食べたいという欲望を抑える作用があるからです。

ニンニクの抗酸化作用が細胞を守り、加齢を遅らせてくれる効果もあります。

こちらの記事もご覧ください:お腹の引き締めに効果的なプランク

レモン

上記で説明したニンニクの力は、レモンと一緒に取り入れることでさらに増します。レモンは洗浄作用と消化作用のすぐれた柑橘類で、血液を洗浄しコレステロール値を下げる目的で古代から私たちの生活に取り入れられてきました。

抗酸化物質として働くフラボノイドは、脂肪の消化を促し、下腹部などに脂肪が蓄積されるのを防ぐ働きをします。

レモンに含まれるペクチンが食欲を抑え、消化のトラブルを解消します。

こちらの記事もご覧ください:お腹をスリムにするヘルシーな食生活

レモン、ニンニク、はちみつ

ぽっこりお腹を引き締めるニンニクとレモンドリンクの作り方

ニンニクとレモンのドリンクを作る前に、一つだけ覚えておきましょう。これは、ダイエットに成功する”魔法”ではありません。ダイエットをしている方のちょっとした助けとなるドリンクです。

このドリンクが100%天然の材料でできているということ、そしてバランスの取れた食生活を送るということもポイントとなります。

ドリンクの効果は、その人の新陳代謝の機能状態によって変わってきます。しかし、エクササイズを行って代謝を高め、余分なカロリー摂取に気をつければ、数週間で結果が見えてくることでしょう。

材料

  • ニンニク 2個
  • レモン 2個
  • 水 1と1/2リットル

準備

  • ニンニクの皮を剥き、潰します。
  • レモンをよく洗って輪切りにします。皮は残します。
  • 水を鍋に入れ、ニンニク、レモンの輪切りを入れ、火にかけます。沸騰してから15分茹でましょう。
  • 液体を漉して飲みます。
  • 室温、または冷蔵庫で保存することができます。
  • ニンニクとレモンに火を入れたくない場合は、生のまま水に入れて24時間置いても良いでしょう。

飲み方

  • できたジュースを分けて、1日あたり3回ほどに分けて飲んでも構いません。
  • 朝昼晩の食事の前、もしくは食事中に飲むのが理想的です。
  • デトックス効果を高めるには、3日間連続して続けましょう。その後1週間休み、また3日間行います。

少し苦くて独特の香りがしますので、飲みにくいと感じる人がいるかもしれません。その場合は、オーガニックのハチミツを少し加えると飲みやすくなります。