眠りを助ける6つの古い家庭薬

睡眠は心身の健康にとって極めて重要です。しかし、十分取ることができているでしょうか? 眠りを助ける、昔からの素晴らしい6つの家庭薬を学びましょう。

良質な睡眠を取り少なくとも1日8時間眠るという習慣が、心身の健康を保つ手助けとなります

休んでいるあいだ何が起こっているのか自分では気が付いていなくても、体は1日の他の時間にはできないたくさんの大切なことを行っているのです。

事実、十分な睡眠はホルモンの分泌や脳の活動、そして代謝率に関係しています。

ですから、睡眠時間を削るのはいいことではありません。時に眠れずに苦しめられることは避けられないとしても、それに立ち向かう方法を探すことは大切です

幸運なことに、自然由来の材料を使い、こういった問題を解決する手助けを、どのような望まない副作用も起こすことなく行ってくれるいくつかの古い治療法があります

この記事では、眠れないとき作れるように、このような治療法から6つの最良のものをお伝えしていきます。

1.りんご酢とハチミツ

りんご酢とハチミツの組み合わせは、熟睡を妨げる不安と戦ってくれる、必須アミノ酸が豊富です。

この飲み物を摂ることは睡眠サイクルを決定する2つの脳内化学物質、セロトニンとメラトニンを作る役に立ちます

材料

りんご酢 大さじ2杯(20ml)

・ハチミツ 大さじ1杯(25g)

・水 カップ1杯(250ml)

やり方

・お酢とハチミツをお湯に入れて混ぜ、就寝の30分前に飲む

・睡眠の問題が解消されるまで毎晩飲む。

 

2.バナナの皮

バナナの皮から作ったお茶にはメラトニンを増やす手助けをするトリプトファンが多く含まれています。

その沈静・抗炎症作用は、睡眠の問題に結びつくストレスや疲労を和らげる助けとなってくれます

 

材料

・バナナの皮 1本分

・水 カップ1杯(250ml)

・シナモン 小さじ2分の1杯(2g)

やり方

・バナナの皮を水に入れて、低温で5分間煮る

・5分経ったらシナモンを加え、さらに15分置く

・飲むのに適した温度になったら、眠る前に濾して飲む。

 

3.バレリアン茶

バレリアン茶は沈静・抗炎症の薬効のある治療法で、筋肉の緊張を和らげ、深い眠りへの手助けとなります

 

材料

・水 カップ1杯(250ml)

・バレリアン 大さじ1杯(10g)

・ハチミツ

やり方

・お湯にバレリアンを加える。

・落ち着いたら濾し、ハチミツで甘みを加える。

就寝の20分前に飲む。

 

4.レタス茶

 

レタスの葉から作る自然由来の飲み物は、睡眠の問題を改善するおばあちゃんの古い治療法です。

不安やストレスを慰め、眠ることに集中できるよう、気持ちをリラックスさせてくれます

 

材料

・レタスの葉 3枚

・水 カップ1杯(250ml)

・ハチミツ 大さじ1杯(25g)

やり方

・レタスの葉を切り、水に入れて茹でる。

・茹だったら火を止め、10分置く

・濾し器で濾してハチミツを加え、就寝前に飲む

 

5.カモミール茶

カモミール茶は、不眠や睡眠障害の、自然由来の解決策であり続けています。

その抗炎症・沈静作用となだめる働きは、休息前に筋肉や心をリラックスさせてくれます

 

材料

・カモミールの花 大さじ1杯(10g)

・水 カップ1杯(250ml)

やり方

カモミールの花を沸騰したお湯に加える。

・エキスが沈殿したら、濾して飲む

毎晩眠る前に同じ量を摂取する。

 

6.ナツメグと牛乳

 

このナツメグと牛乳には、トリプトファンが多く含まれます。

この必須アミノ酸は自然に眠りにつく助けとなる神経伝達物質の量を増やす働きをしてくれます

 

材料

・ナツメグ 小さじ1杯(5g)

・牛乳 カップ1杯(250ml)

やり方

・ナツメグを温めた牛乳に加え、就寝前に飲む

・不眠を抑えられるようになるまで毎晩飲む。

 

前述の飲み物からどれかを用意して毎晩摂取し、良質で完璧な休息を得ましょう。