胸が垂れる原因となる5つの悪習慣

· 12月 31, 2015
胸が垂れ下がらないようにブラジャーしてるのに、それが原因で垂れちゃうなんて、あり? 大ありです! 正しいサイズを選び、きちんとフィットしているか確認しましょう。

だれでも時の流れにはさからえないもの。遅かれ早かれ、私たちはみな年老いてゆき、身体にも年齢相応の症状が現れます。私たちのバストも例外ではありません。加齢とともに張りが失われて、やがて垂れ下がってしまうもの。でも、毎日、ちょっとした努力を重ねることで、バストに現れる老化現象を遅らせたり、早期老化を防ぐことは可能です。なぜなら、早くから胸が垂れてしまうのは、あなたの日常習慣のせいかもしれないからです。

バストの張り・形・若々しさを失わせてしまう要因は、加齢以外にもたくさんあります。これには、例えば、母乳で育てた子どもの人数だとか、急激な体重の変化、それに使用しているブラジャーのタイプまで含まれます。でも、バストの垂れにつながるそんな大切な要因を、無視してしまう女性がほとんどではないでしょうか。

女性ならだれしも、若々しく魅力的なバストをできるだけ長く保ちたいと願うもの—お肌や髪の手入れに気をつかうのと同じように、バストも大切にしてやれば、それは不可能ではないのです。今回は、早くから胸が垂れ下がってしまうのを防ぐために避けなければならない悪い習慣を、いくつかご紹介いたします。

合わないブラジャーをつけている

これは胸が垂れ下がる、もっとも一般的な要因であるにも関わらず、数多くの女性たちが無視してしまうポイントです。ブラジャーは、身体にカンタンにフィットするよう、弾力性のある材質でできています。でも、正しいサイズのブラをつけていない女性が多く、それがバストが垂れる原因となり得るのです。ブラジャーを購入する際には、試着して、ゆるすぎずきつすぎず、自分のバストのサイズと形にぴったりフィットするものを選ぶのが理想的。なんと80%近くの女性たちが、自分に合わないブラジャーをつけているとか。あなたは大丈夫ですか?

こちらもお読みください:ブラジャーの効果

喫煙

喫煙は、健康全般によくないだけでなく、お肌の弾力も失わせるため、胸が垂れ下がったり、シワがよりやすくなったりします。喫煙により皮膚のコラーゲン生成量が減り、血行が悪くなってしまうのです。このため、タバコを吸っていると、若い人でもお肌の老化現象がみられるようになります。

こちらもお読みください:今すぐタバコを止めるべき8つの理由

太ったりやせたりの繰り返し

急激にやせると、肌がハリを失い、体脂肪が減少します。私たちの胸は、乳腺と脂肪組織からできていますから、体重が減ることでバストが垂れ下がる可能性があるのです。また、太ったりやせたりを繰り返す、いわゆるヨーヨーダイエットを行っている女性は、たいてい胸が垂れ下がっているものです。バランスの取れた食生活を送ることで、あなたのバストを持ち上げている皮膚の下の筋肉の張りを維持することができます。ですから、ムリなダイエットは避け、バランスの取れた食事を摂って、ヘルシーな体重を維持することが理想的です。

日焼け止めを使っていない

太陽の紫外線が美容・健康にもたらす危険性について、あまたの警告が発せられているのにも関わらず、いまだに日焼け止めを使わない女性たちがたくさんいます。首と胸とは、直射日光を浴びやすい箇所。ですから、この悪習慣はバストの張りにも影響します。紫外線がお肌を焼き、シワを増やし、老化現象を早めてしまうのです。太陽光線を浴びる前にはかならず日焼け止めをしっかり塗り、直射日光に当たる時間をできるだけ短くするよう努めましょう。

運動不足・姿勢が悪い

エクササイズは、張りと丸みのある胸を維持するために欠かせません。ただし、むやみに身体を動かせばいいというわけではありません。ある種の前後動作は、バスト内部のコラーゲン生成を妨げて、かえって胸を垂れやすくしてしまいますから、バストアップに役立つエクササイズの仕方を知っておく必要があります。また、エクササイズ中、特に激しい運動をする際は、スポーツブラやさらしなどで、バストを十分にサポートすること、そして1日をとおして正しい姿勢を維持することもお忘れなく。歩いているときや座っているときに正しい姿勢を保つことが、張りのあるバストを維持するために役立ちます。いつも背筋をのばし、胸を張るように心がけましょう!