水風呂・冷水シャワーは体に良い?

9月 25, 2015
冷水にはしっかりとした若々しい皮膚を作り、うつに対抗してくれたり脳の機能を活性化する効果があります。

冬でも冷水でお風呂に入ったりシャワーを浴びることは体に良いので勧められています。ただし、実践する前にはこの方法のタブーを知っておく必要があります。

冷水のメリット

は生きる源であり私たちの体の大部分を占めているもので、1日に2リットルの水を飲むことで内側だけでなく外側にも潤いを与えます。とはいえ、夏であっても水風呂に入ったり冷水のシャワーを浴びることはあまりないのではないでしょうか。

スパや美容施設などでは冷水を使った方法で血流を活性化させることがあります。体の細胞の循環や全体をを美しくさせる効果があります。

ohuro-relax

 

冷水は肌を張らせるためや筋肉の緊張をほぐすために良いとされており、古くなった細胞を除去してくれる効果や筋肉を補強したりリラックスさせたりする効果があります。

また、頭皮にとても良いと言われています。髪の状態を良くしツヤと強さをもたらしてくれます。(冷水が嫌な人は、最後の頭皮のすすぎのときだけ冷水を使ってください)

また、脱毛やフケを防いでくれるとも言われています。温かいお湯は毛根を開かせて油脂を多く排出させてしまいます。乾いた自然な頭皮を手に入れたいのなら、冷水を使ってください。

 

reisui-syawaa

 

冷水シャワーは血球の形成を刺激し細菌やウィルスに対抗する体質を作ってくれるので、インフルエンザや風邪を予防してくれます。

また、朝しゃっきりと目を覚ますにも良いでしょう。体を再生し頭をすっきりさせてくれて眠気もふきとばしてくれます。考え事をする前に水風呂に入ると、頭に冷静さをもたらしコントロールしてくれるので良いとも言われています。また、うつに対抗してくれたり、脳の機能を活性化してくれる働きがあります。

体の浄化作用の質も高めてくれます。低い温度の水には利尿作用があり、水分が溜まってしまったり脂肪の塊が体内にできるのを防いでくれます。水風呂に入る勇気ある男性はテストステロンの分泌が多くなり、精液の質を改善してくれます。

忙しい日が続いた時や仕事で立ちっぱなしの日があった時は、静脈の炎症を収縮させて血液の循環を促進させるために水風呂で足全体を浸からせることがオススメです。

様々な研究で冷水は風邪が原因で引き起こす病気の確率を軽減させると証明し、さらには肺結核、体の炎症、皮膚病、月経周期の不調を治してくれます。

 

冷水のメリットのまとめ

・免疫機能の刺激

健康的で若々しくしっかりとした皮膚を手に入れれる

・体の抵抗力のメカニズムを作る

体内を刺激する

・血流の循環を促進させる

体に酸素を効率よく分配する

・湿疹、かゆみ、赤い腫れを和らげる

日光を浴びすぎたときに良い

目を覚まさせる

・血管を収縮させて静脈瘤を防ぐ

・毛穴の毒素を除去してくれる

・髪にハリと輝きを与えてくれる

・脱毛とフケを防いでくれる

 

syawaa

 

冷水のデメリット

冷え性、寒がりの傾向のある人、甲状腺機能亢進症を患っている人にはこの方法はオススメできません。また心臓病の問題を抱えている人にもこの方法は勧められません。また不眠症の人にも、リラックス作用のある温かいシャワーとは反対に神経機能を刺激してしまうのでお勧めできません。

 

水風呂・冷水シャワーの補足

katudokoshinsyo-wo-motsu-kodomotati-notameno-tabemono

急に水風呂や冷水シャワーを浴びることは避けてください。体にかなりのストレスをかけてしまい、心臓の鼓動のリズムを狂わせてしまうので肺にも悪影響を及ぼします。浸かったり水温を下げるときはゆっくりと行ってください。はじめはぬるま湯にして徐々に水温を下げていってください。春や夏は秋や冬に比べてこの方法は実践しやすいでしょう。また、寒い日には熱すぎない温度にするか、日によって温度を変えてください。

子供の場合は、子供たちが浸かる温度に気を付けて下さい。小さい子供たちを水風呂に浸からせたい場合は、ぬるま湯から徐々に少しづつ慣れさせてあげてください。年齢に関係なくお年寄りの方にもこの方法を実践していただけます。

あなたへおすすめ