アイスセラピーで体を引き締め/ダイエット

2月 19, 2016
この記事では、自宅で行うアイスセラピーでどうやって肌を引き締めるのかご紹介します。

氷の冷たさを利用してダイエットを助ける、アイスセラピーと呼ばれるこのテクニックについて聞いたことがありますか? 知らなかった人も知っている人も、この記事を読んで是非試してみてください。

冷たさを減量に使う?

はい、その通りです。治療として冷たさを使用することについては、特定のタブーがあるかもしれませんが、とても有益にもなりえます。例えば、のどに痛みがある時、砕いた氷を食べるほうが、熱いお茶を飲むよりも、喉がはるかに気持ちよく感じます。それは、冷たさが炎症を和らげると同時に、喉をリフレッシュしするからです。それはまた別の機会にご説明します。

では、氷とダイエットとの関係に焦点を当てましょう。熱を利用した他のテクニックを試してみて、全く体重が減らなかったなら、アイスセラピーに興味があるかもしれません。

多くの研究が、体の特定の部分に氷を適用することは、脂肪の燃焼を助けると示しています。明らかに脂肪部分を小さくし、皮膚組織を強化するのに非常に有効です。信じられないなら、水風呂や、温水でないプールで泳いだ後、あなたの体がどう感じるか考えてみてください。

氷

アイスセラピーとは?

氷がどのようにダイエットの助けになるのでしょうか。アイスセラピーでは、たるんだ部分や太り過ぎの部分に氷を当てて、引き締めてスリムにします。このセラピーの利点は何でしょうか?

  • 体をデトックス
  • 細胞組織の引き締め
  • 肌のたるみを自然に持ち上げる
  • セルライトの改善
  • 血行促進(角質除去セラピーを伴わなければなりません)
  • わずか数回で脂肪のサイズ減少

2000年代初頭にメキシコで始まったアイスセラピーは、健康的な食事と運動と組み合わせると身体に重要な効果を与える革新的なマッサージ技術です。脂肪の吸収と新しい細胞の生産を促進するため、薬用植物と一緒に使うと、最初の1回から結果が出ます

皮膚に氷を適用するのには、いくつかの異なる方法があります。目や腹部など体の特定部分のために設計されたバッグやゲルパックを使用してもいいでしょう。それを凍らせ、対応部分に当てるだけです。自宅でアイスセラピーをやってみたいなら、袋にいくつか角氷を入れ、薄い布に包み、脂肪を減らしたい場所や引き締めたい部分に当てます。

氷2

アメリカやヨーロッパの大都市では、アイスセラピー専門の施設があります。まず、肌を浄化し、角質を取り除き、血行を促進する特殊な泥を使用し、次のステップの準備をします。 氷のマッサージで、セッションが完了。副作用は報告されていません。

アイスセラピーは、皮膚を引き締め、ダイエットしたい人にお勧めです。アイスセラピーを行う人の95%は女性ですが、女性だけのものではありません。特に出産や授乳後の女性にお勧めします。他の技術に比べて、体に傷をつけず、禁忌もなく、出産後すぐに始めることができます。

またアイスセラピーは、胸、臀部、腹部などのたるみに気づき始めた40歳以上の女性も使用できます。氷がそれら各部位を引き締め、活性化します。

治療の有効性を高める多くの異なる種類の氷もあり、例えば、痩身や引き締め効果に加えて、効果を与えるオイルや天然ハーブを含んでいるものもあります。

氷3

自宅でアイスセラピーを行う方法

大都市のアイスセラピー施設に行く時間やお金がなくても、ご心配なく! 快適に自宅で効果的なアイスセラピーを楽しむことができます。 

必要な材料:

  • ホーステール(スギナ)大さじ3
  • ローズマリーの葉 1握り
  • インスタントコーヒー 大さじ3
  • ツタ 1握り
  • 緑茶やマテ茶 900g
  • 水 ½リットル

方法

材料を15分間茹でます。火からおろし、室温になるまで冷まします。プラスチック容器 (製氷皿ならなお可)に注ぎ、凍るまで冷凍庫に入れます。

凍ったら、脂肪を減らしたい部分や引き締めたい部分を、常に円を描くようにマッサージします。敏感肌の場合は凍傷を避けるために、布やビニール袋に氷を包むよう、注意してください。

あなたへおすすめ