水を十分に飲んでいないと/体に起こること

· 2月 21, 2016

今日は、水を十分に飲んでいないと起こり得る問題について見ていきましょう。

体内に適切な量の水分を維持することは、健康的に内臓が機能する上で欠かせません。これまでにも何度かお話ししましたが、1日あたり、少なくともコップ8杯は水を飲みましょう。この健康的な習慣を続けることができれば、主な健康トラブルは回避できるはずです。

数々の研究の結果、体が必要とする量の水を摂取できていないと、健康上のトラブルに苦しむリスクは上がるということが判明しています。とりわけ、活動的に動いている人にとってです。病理医師団によると、体に水分が足りない人々は腎臓の病や腸、循環器系のトラブルに苦しんでいることがわかっています。

その他、水分不足から起こる健康トラブルとして、頭痛(偏頭痛など)が挙げられます。なぜなら、脳や目は十分な水分を得られないとうまく機能できないからです。水分の不足は目の内側だけでなく外側の目の周りに炎症を起こし、いずれは視力低下という恐れもあります。激しい頭痛、痙攣、倦怠感、筋肉痛、頻繁な気分の変化などは体の水分が不足しているサインです。

仕事にしろエクササイズにしろ、とにかく活動的な人は、たとえ喉が乾いていなくてもより多くの水分を必要とします。体の各器官に水分が不足すると、頭痛、運動能力の低下、大腸や泌尿器のガン、精神的・肉体的に発達できないということが起こります。

消化をする上での水の重要性

水は腸が正しく機能する上で欠かせないものです。水分が足りないと消化の過程が遅くなり、大腸にポリープができやすくなります。また、便秘を引き起こします。もしこの状態が長く続けば、大腸に炎症や痛みをもたらす可能性があります。さらに悪い状態では感染症や大腸炎を引き起こすこともあります。

水を飲むことで予防できる病気

関節炎

水1

ご存知の通り、関節炎は軟骨の機能悪化や減り、変化によってもたらされます。軟骨は関節にある組織で、軟骨があるから私たちはスムーズに関節を曲げたり動いたりすることができます。現時点では、関節炎のはっきりとした原因や決定的な治療法は分かっていません。炎症や痛みを軽減するだけです。しかし言えるのは、関節炎には初期であろうと、かなり進んだ段階であろうと水分不足から起こる痛みがあるということです。軟骨には正しく機能するための水分が含まれており、関節炎の痛みをもたらすことなく円滑に動かす必要があります。

背中の痛み

関節炎に関して述べた事柄はまた背中の痛みの予防にも言えることです。脊椎の関節が機能し、椎間板間の摩擦を防ぐには水が必要だからです。

偏頭痛

水2

多くの場合、偏頭痛の原因は水を十分に飲んでいないことです。水を飲むことで体温が調節されます。これが行われないと血管が広がり、結果として激しい頭痛をもたらします。頭痛が起こったら、冷たい水を大きめのグラスに1杯飲み、体温を下げなくてはいけません。このように常に水分を補給することを心がけていれば、偏頭痛も減っていくでしょう!

慢性的な倦怠感や絶望感

水3

一般的に絶望感はストレスから来ます。例えば、終わりのない家族の問題や毎日するべきことなど・・・

絶望感だけでなく、悲しみやエネルギーの喪失感も水を十分に飲んでいないと起こる感情であるということがわかっています。特に、脳から体全体まで正しく機能しエネルギーを送るのに水が必要なのです。だから私たちの体は水分が足りていないと、脳が正しく機能するためのエネルギーが不足するのです。

覚えておきましょう・・・

体を健康に保ち、長生きする一番簡単な方法は、適切な量の水分をしっかりと補給することです。出かけるときは必ず水筒を持っていくことを忘れずに。病気を予防し体を健康に保ち、長生きをするーこれ以上に大切な理由はあるでしょうか? 質の良い生活を何年も維持したいならどうか水を飲みましょう。