倦怠感や頭痛に効く9つの食べ物

バランスの取れた食生活を送ること、そして何を食べるかに気をつけることによって倦怠感や頭痛を軽減することができます。

日中、疲れを感じるなら、それは体が頑張りすぎている、もしくはストレスや睡眠不足のサインです。

あなたはバランスの取れた食生活を送っていますか?もしかすると、その倦怠感や頭痛は栄養不足の印かもしれません。

きちんと栄養を摂ることが私たちの体にとっていかに大切であるかに気がついていない人は非常に多いのですが、栄養が不足していると、私たちの体は身体的にも精神的にも上手く機能しません。

問題は、何か症状が現れたとき、薬や栄養ドリンクなどで症状を緩和しようとし、根本的な健康問題に目を向けない人が多いことです。

倦怠感やその他の健康トラブルを回避する一番の方法は、毎日の食生活にヘルシーな食物を取り入れることです。そうすれば、エネルギーが体にみなぎるでしょう。

今日は、倦怠感や頭痛に効果がある9つの食べ物について見ていきましょう。

1. 倦怠感に効果があるオートミール

2-oatmeal

オートミールは、穀物の中でも最も体に良く栄養が豊富であると考えられており、体を身体的、精神的に良い状態に保つ上で是非とも取り入れたい穀物です。

オートミールは様々なビタミンやミネラルを含んだエネルギーフードです。体の循環を良くし、心臓の健康や新陳代謝に働きかけます。

オートミールを朝食に食べると、1日頑張れる力がみなぎるでしょう。朝食以外でも、ちょっと小腹が空いた時の軽食としてオートミールはお勧めです。

2. ナッツ類

ナッツには、体にエネルギーとバイタリティを与えてくれるカロリーがぎっしりと詰まっています。

ナッツにはビタミンB群や基礎脂肪酸が含まれています。神経系や脳の機能、心臓の健康を促進します。

一掴み分のナッツを毎日食べると満腹感が持続し、頭痛や筋肉の緊張を防ぐことができます。

ナッツを適量食べることで、身体的な能力も改善されるでしょう。

3. 牛乳

3-milk

牛乳にはトリプトファンが含まれているため、飲むと倦怠感や痛みの軽減に効果があります。

牛乳は脳のセロトニン分泌を促します。つまり、気分が上がり元気になれるのです。

4. チョコレート

1日20g〜30gのチョコレートを食べると、気分が上がりエネルギーがみなぎります。チョコレートには、脂肪分、炭水化物、カロリーが豊富に含まれているからです。

チョコレートは、抗酸化作用にも優れています。細胞の老化を遅らせる働きがあります。

5. フラックスシード・チアチード

4-flaxseed

フラックスシードやチアシードには、オメガ3脂肪酸、タンパク質、体にエネルギーを与えるミネラルが含まれています。

フラックスシードやチアシードをスムージー、オートミール、パンやマフィンなどに加えると手軽に栄養を取り入れることができます。

6. レンズ豆

豆類の中でも特に体に良いとされるレンズ豆は、炭水化物、鉄分、タンパク質など体にエネルギーを与え、倦怠感と闘うには日強不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

レンズ豆はスープにしたりサラダに加える他、潰してケーキに入れたりなど様々な方法で食べることができます。

7. バナナ

5-bananas

かつては、バナナを食べると太ると思われていたのですが、バナナは健康に良く、ダイエット効果があることも証明されています。

バナナは他のフルーツと比べ、炭水化物が非常に多く、天然のエネルギー源として最高のフルーツです。

またバナナには、トリプトファンが含まれています。トリプトファンはアミノ酸で、脳のセロトニン分泌を促す働きをします。

8. 葉物野菜

葉物野菜はバランスの良い食生活に欠かすことができない野菜です。この緑の色はクロロフィルが含まれているためです。クロロフィルは体に様々な利点をもたらしてくれる物質です。

葉物野菜はカロリーが少なく、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンKなど体のエネルギーとなる栄養素を多く含みます。

また、鉄分、マグネシウム、カリウムを豊富に含まれています。この3つのミネラルは、体を動かすのに必要不可欠な栄養素です。

葉物野菜の中でも特にお勧めする野菜を以下に挙げましょう。

  • ほうれん草
  • スイスチャード
  • セロリ
  • ブロッコリー
  • クレソン
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • アルグーラ
  • レタス

9. 脂身のない肉

6-lean-meats

赤身の肉には脂肪分が少なく、炭水化物、タンパク質を摂ることができます。

赤身の肉を食べることで、筋肉が強くなり、精神面、肉体面共に強くうまく機能することができるでしょう。

また、チロシンという基礎アミノ酸を含んでいるため、集中力や機敏さにつながります。

また、赤身の肉に含まれるビタミンB12が、絶望感や倦怠感に良いとされています。

今日ご紹介した9つの食品は、あくまでも毎日の食生活に取り入れると良いというもので、食べれば頭痛や倦怠感がすぐに治るというものではありません。

日々の食生活に取り入れ、頭痛や倦怠感を感じにくい体にしましょう。