ミニストロークとは?:この病気を見分けるカギ

· 4月 14, 2018
脳血管の病気のように、ミニストロークの症状も無視すると、その危険性はより大きな問題引き起こすことがあります。

このミニストロークという表現は、一過性脳虚血発作(Transient Ischemic Accients)という病気を意味します。

これは脳の血流が詰まることで生じる病気で、さらに危険な問題や症状を警告するサインとなっているのです。

その名前が示すように、ミニストロークは短期的に発生する一過性の症状です。

しかし、症状が現れる時間が短いからといって、決してミニストロークのことを気にしなくてもいいわけではありません。それは、脳血管障害の可能性を示しているということです。

基本的に、このミニストロークと脳血管障害の違いはその長さにあります。両方共非常に危険ですが、脳血管障害は麻痺や死に至る危険性を持っているのです。

問題は両方ともすぐに医学的な処置が施されないと、深刻なリスクを高めてしまうことなのです。

一般的な症状

一般的な症状

  • 顔の一部が「眠っている」ような感覚があったり、目が炎症を起こしていると、それはミニストロークかもしれません。
  • めまいや強烈な頭痛がエスカレートするのもすぐに注意を払う必要があります。
  • このような症状の全てが四肢の弱体化や、会話が出来なくなる症状と併せて発症することがあります。

最も深刻なのは、この症状全てが脳血管障害と同じもので医学的な措置を必要とすることです。

この一時的な症状は、およそ1時間未満、または1日を通して起こる可能性がありますが、標準とされている症状の長さはなく、一つ一つのケースによって異なります。

また、このサインに注意を払わないと致命的な問題になってしまう恐れがあるため、時間内にきっちり対応することが大切です。

一過性脳虚血発作の原因

どんなことでも脳への血流を瞬間的に妨げる原因になると考えられています。

  • 血栓はこのタイプの病気の引き金となる原因の一つです。これは、血栓が動脈をブロックして、大脳皮質に血液が流れない為に起こります。
  • また、血圧が著しく低下し、一過性脳虚血発作を引き起こします。これは動脈が細くなることで起こるのです。
  • 血管の炎症や、糖尿病と貧血のような病気も脳虚血の原因でもあります。

このことから、上記にあるような循環器の機能が低下する原因を見逃さないことはとても重要なことです。

静かに忍び寄る危険

静かに忍び寄る危険

この記事を読んでいる人の中には急性の頭痛を薬だけで対処する人もいるでしょう。

実際に、ミニストロークは頭痛のような症状を感じるだけなので、多くの人がこの病気患っている隠れた患者なのかもしれません。

ミニストロークのリスクを持つ人

ミニストロークに関する間違った認識として、高齢者だけが患うという誤解があります。

しかし、55歳を過ぎていれば、何らかの予防を実践する必要があります。比較的若い人でもこのリスクを持っている人は次のような特徴があります。

  • 喫煙者
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 遺伝(家族に脳血管の病気を患っている人がいた)

この特徴が示すように、健康的な生活習慣は、ミニストロークによる危険な症状を予防する最適の方法です。

ミニストロークの予防

ミニストロークの予防

上記で述べたように脂肪の少ない健康的な食生活や禁煙はミニストロークを予防する最適な方法だということが分かりました。

また、体の循環を促進してくれる有酸素運動も良い方法の一つです。

ある研究では消炎鎮静剤を1日1回服用することで、脳血管のリスクが軽減されると発表されています。

このような薬が迅速な予防効果が持っているのは事実なので、ミニストロークや脳血管障害を避ける為に服用することをおすすめします。

またミニストロークのサインやリスク、そして症状を知ることは大切なことです。もし気にかけていないと、多少のめまいが深刻な症状を招くこともあります。

もし、この病気を患っているかもしれないという疑いがあるなら、すぐにお近くの病院まで行って診察してもらいましょう。

1分1秒が生死に関わる病気なので、時間内にしっかり対処することで、致命的なケースを避けることが出来るのを覚えておいてください。