耳をきれいにする方法

8月 25, 2015
耳垢が蓄積すると、耳の穴が塞がれて聞こえが悪くなります。そうならないよう、いくつか簡単な方法をご紹介します。

耳が詰まるのにはいくつかの原因があります。例えば、耳垢がたまっていたり、プールで泳ぐなどして耳に水が入ってしまったりすることが原因として挙げられます。この記事では、耳の掃除方法をご紹介します。きれいにすることはもちろん、不快感を除いたり聞こえにくさを改善したり、感染症の予防にもなります。

耳が詰まる原因

耳が詰まる原因の一つとして、副鼻腔炎や風邪になった際によくなる症状で、上部の呼吸器系の器官が感染症を引き起こすことが考えられます。内耳と鼻腔をつなぐ部分が粘液でいっぱいになってしまい、耳を詰まらせてしまうのです。

二番目に考えられる理由としては、耳垢の蓄積です。分厚い耳垢で塞がれている場合は、道具を使い正しい方法で取り除く必要があります。先に述べましたが、水と接触することも耳の詰まりを引き起こします。水泳をする人は、この問題を引き起こしやすいのです。耳栓を使わずにいると外耳道の中に水が溜まりやすくなります。夏に耳を詰まらせる人が多いのはこのためです。プールや海、川の中に入ったときに耳の中に水が入ってしまうのです。

耳

また、高所に行くといつもと違う感覚になることがあります。高所では気圧の変化によって耳が詰まった感じになります。飛行機での移動が多い人は特に離陸時にこの症状に悩まされることも多いのではないでしょうか。

耳をきれいにする方法

完全に詰まってしまう前に、溜まってきた耳垢を取り除くいくつかの方法をご紹介します。

まずは、1:1の割合でアルコールと酢を混ぜます。混ぜたものを点耳液用のスポイトに入れて、頭を傾けたら、数滴耳の中に垂らします。耳を横にしたまま、5分間そのままの状態でいます。小さめのコットンを耳に当てながら、垂直の状態に戻ります。

他にも方法があります。数滴のぬるま湯をオリーブオイルまたはベビーオイルに混ぜます。同じように耳に垂らし、耳を傾けながら5分待ちます。そして垂直に戻ると、余分な液体と共に、耳にあるカスが出てきます。ぬるま湯が耳垢を柔らかくし、洗い流してくれるのです。あとはタオルで優しく耳を拭きましょう。綿棒を使いたいときもあると思いますが、それは止めましょう。綿棒は耳垢を固めてしまい、詰まりやすくさせてしまいます。

耳2

飛行中に圧力の変化で耳が詰まってしまったら、ガムを噛んだり飴を舐めたりして症状を緩和させましょう。また、唾液を飲みこむと圧迫感が弱まります。他にも、口を思いっきり開けて強制的にあくびを誘発するのも良い方法です。空気を吸いこむことが有効なのです。同様の理由で、口を閉じながら、鼻腔の通りを塞ぐために鼻をつまむのも良いでしょう。しかし、鼓膜を傷つけてしまうので無理にやるのは止めましょう。

風邪や副鼻腔炎で耳が詰まったときは、蒸し風呂が大変有効です。蒸気が耳だけでなく鼻の通りも良くしてくれます。ラベンダーオイルやユーカリオイルを数滴垂らすと、より効果が出るでしょう。ティッシュで鼻を数回かむと、鼻水が出てきて全体的な詰まりは緩和されています。

オキシドールを数滴耳に垂らすことも出来ます。方法は上記で述べた通りです。その後、しばらくリラックスして耳をラクにし横になることをお勧めします。

耳の詰まりは、乾燥した環境で過ごすことでも引き起こされます。その場合は、冷風の出る加湿器を部屋の中で使いましょう。加湿器は蓄積した粘液を減らし、耳と鼻腔の通りをスッキリさせてくれます。

耳3

もうひとつ、昔から伝わる民間療法をご紹介します。まず、ボトルにお湯を入れて入口に蓋をします。このボトルは一般的なもので結構です。現代では電気枕を使う方もいます。お湯の入ったボトルに耳をつけながら横になります。数分経つと、耳垢が落ちてくるのがわかるでしょう。

最後になりましたが、この民間療法が効かなかったり、耳が詰まる症状が続くようでしたら医師に診てもらいましょう。また、症状が深刻であったらやり過ぎないようにしてください。

あなたへおすすめ