耳に入った水を抜く6つの裏ワザ

· 5月 1, 2018
耳の穴の一番奥の部分は、角度が急になっていて奥に窪みがあるので水が抜けにくいのです。

耳に水が入るトラブルは、そこまで煩わしいものではないかもしれませんが、聴覚の問題や感染症ということを考えれば、水を抜くことは、極めて重要です。

プールや海に泳ぎに行った時、シュノーケル、お風呂など、なんらかの理由から誰もが耳に水が入った経験があるのではないでしょうか。本記事では、耳に入った水を抜く6つの裏ワザをご紹介します。

耳に水が入ると、ゴーッという音が常に聴こえ、外の音がクリアに聞こえなくなります。

また、この経験をさらに不愉快なものにするのが、耳から水を抜くのが非常に難しいという事実です。つま先立ちでクルクル回ったり、一連のアクロバットをする羽目になってしまった方もいるのではないでしょうか。

実はこの問題を解消するのに極めて効果的で役立つ、沢山の裏ワザがあるのです。

耳を軽くたたいたり、反対側の耳を下にして寝たりすることで耳から水を取り除けると良く言われていますが、必ずしも成功するわけではありません。

本記事では、耳から水を取り除くのにもっとも効果的な4つの方法をご紹介します。

耳に入った水を抜く裏ワザ

耳に水が入っている時に併発する可能性がある症状

頭痛

・吐き気

・めまい

 

1.真空効果

耳に入った水を抜く

耳に水が入った時、反対側の頭をポンポン叩くのは、皆さんもご経験があるでしょう。

さらに効果的な方法は、水が入った方の耳に掌を当てて、圧力を加えることです。耳の空気を抜くことで、水が耳道から出てくるのを促します。

このとき、頭を片方に傾け、圧力をあまり強くかけ過ぎないのが重要です。強すぎると、水をさらに奥へと押し込みかねないからです。

2.頭を片方に傾ける

このワザには、多くのバリエーションがあります。

・頭を片方に傾け、水が出てくるように首の後ろ側、あるいはもう片方の耳を手で軽くたたきます。

・水がかなり深くに詰まっている場合は、頭だけ横を向いてジャンプします。ジャンプすることによって、必要な圧力がかかり水を抜くことが出来ます。

耳道が開くように、耳たぶを下に引っ張るのもいいでしょう。水がより抜けやすくするのを助けます。

こちらもご参考に:
耳の衛生を保つ方法

3.水が入った方の耳を下にして寝る

寝てる女性

この裏ワザは、カンタンでしかも効果的です。それは、重力で自然に出てくるように、ただ水が入った方の耳を下にして寝るだけです。

この時、頭がベッドと平行になるように、少々頭を下げてもいいでしょう。こうすることで、耳道がベッドと垂直になり、水が出やすくなります。

 

4.ヘアドライヤー

ヘアドライヤーは、耳の中の水を蒸発させるのに理想的です。

ヘアドライヤーを一番低温に設定して、火傷をしないように充分距離をとったら、数分間耳にドライヤーを当てるだけです。

こうすることで、ドライヤーの風で水が出てくるのを促します。もしくは、ドライヤーの熱そのもので、水が蒸発して無くなるかもしれません。

ご存知でしたか?:
耳鳴りが意味するものとは?

5. アルコール

アルコール

アルコールは、水を吸収するのに非常に効果的です。薬局でアルコールを購入して試してください。

・数滴のアルコールを耳に垂らし、5分間そのままにしておくだけです。その後、頭をくるっと反対側にひねって、耳から液体が流れ出るようにします。

アルコールとお酢を混ぜ合わせ、数滴耳に垂らし、5分間そのままにしておくのも効果的です。その後、頭をくるっと反対側にひねって、耳から液体が完全に流れ出るようにします。また、耳に水が残っていても、それを蒸発させてくれます。

このちょっとした裏技は、耳から耳垢を取り除くのにも、最適な方法です。

 

6.過酸化水素

過酸化水素

アルコールと同様に、過酸化水素を数滴、水が入った方の耳に垂らし、5分間そのままにしておきます。その後、頭をくるっと反対側にひねって、耳から液体が完全に流れ出るようにします。