目の周りの皮膚のお手入れ 6つの方法

11月 12, 2019
目の周りの皮膚は薄く、皮脂腺がありません。そのため、紫外線や毒素など、老化を加速する多くの要因による攻撃から目の周りの皮膚を保護することが不可欠です。

目の周りの皮膚をケアするために高価なアンチエイジングクリームを購入する必要はありません。

もちろん効果的な製品が数多く市販されていることは否定できませんが、目の周りの皮膚を保護するのに高価な化粧品だけが唯一の方法ではありません。

目の周りの皮膚は早期の老化の兆候を示す場所の一つです。

これは、目の周りの皮膚が非常に薄く繊細なためであり、若々しさを保ちたい人はこの部分のお手入れを注意深く行う必要があります。

紫外線(UV)、大気汚染や環境汚染、そして様々な外部要因の攻撃から目の周りを保護しない人が少なくありません。

そのため、この部分には細かなシワやたるみをはじめとする審美的な問題や加齢の兆候が現れます。

今回の記事では、繊細な皮膚を持つ目の周りを保護する方法をいくつか紹介します。

目の周りの皮膚をお手入れする方法

目の周りにクマ、細いシワ、腫れ、たるみなど見られるのは一般的なことですが、シンプルで効果的な方法を使えば、目の周りをお手入れすることが可能です。

1. 十分な水分補給

皮膚への十分な水分補給が行われれば、皮膚が潤いと自然な弾力性を保ち、シワやたるみのリスクを減らします。

つまり十分な水分補給は、目の周りのお手入れに欠かせません。

目の周りのが乾燥すると、弾力性が失われ、シワができる原因になります。目の周りには皮脂腺がないため、皮膚の水分を保つのはとても大切です。

目の周りの保湿には、できる限り刺激の少ない成分を含む保湿剤を選ぶことが大切です。

また、目の周りはとても敏感なので、目元専用の保湿剤を使うようにしてください。

市販品の自然な代替手段は次のとおりです。

  • 新鮮なキュウリ
  • ココナッツオイルとローズエッセンシャルオイルの組み合わせ
  • シアバター
  • アロエベラジェル

ご存知ですか?:ココナッツオイルの美容効果10

2. 目の周りのマッサージ

目の周りのマッサージは、目の周りに出現する多くの問題の予防効果が期待できます。

マッサージによって目の周りの血液循環を刺激し、クマや小ジワを予防するだけでなく、目の周りの腫れをおさえるのにも役立ちます。

マッサージ方法

  • 保湿剤またはオイルを指につけます。
  • 指先を使って目の周りの皮膚を優しくマッサージします。
  • 2〜3分間軽く押します。
  • 毎晩寝る前に繰り返してください。
  • マッサージは、外側から涙管に向かって行うと効果的です。

3. 十分な睡眠

睡眠 目の周りの皮膚のお手入れ

睡眠不足は、すぐに目の周りにその影響が現れます。

十分な睡眠が得られないと、目の周りにはクマが現れます。

目の周りのお手入れを目指すのであれば、毎晩8時間以上の睡眠をとりましょう。

4. 健康的な食生活

正しい栄養素を補給することは、私たちの全般的な健康だけでなく皮膚の健康に大きな役割を果たします。

皮膚に塗布する化粧品や自然療法薬は、皮膚を健康に保つのに役立ちますが、細いシワや黒ずみ、そしてたるみなどのダメージの兆候を避けるためには、食生活にも注意を払うことが大切です。

ビタミンA、C、Eなどの栄養素、ミネラル、オメガ3脂肪酸、そしてアミノ酸は、皮膚細胞の再生を促進し、潤いのある皮膚を保ちます。

これらの栄養素は、次のような食品を通じて摂取することができます。

  • ナッツと種
  • 新鮮な果物と野菜
  • 赤身肉
  • 脂ののった魚
  • オリーブオイル

こちらもお試しください:目の健康に役立つ4つのスーパーフード

5. 日焼け止めの使用

日焼け止め 目の周りの皮膚のお手入れ

紫外線は、皮膚をより薄くするため、シミや早期のシワが出現する原因になります。

太陽の光に長時間さらされる日々を送り続けると、時間の経過とともに、たるみやシワなどが生じるだけでなく、皮膚ガンを発症することもあります。

そのため、日焼け止めを毎日塗布することが大切であり、特に目の周りは忘れてはいけません。

できる限り目の周りが太陽の光にさらされることを避け、乾燥を予防してください。

6. 毎日のメイク落とし

化粧をしたまま寝ると、目の周りに問題が生じることがあります。

特にマスカラやアイメイクが残っていると目の周りの黒ずみの原因になります。

化粧品の粒子は、皮膚への酸素供給を妨害するため、シミの原因にもなります。

そのため、目の周りを若々しく保ちたい時には、毎日メイクを落とすことが不可欠です。

アーモンドオイル、ココナッツオイル、またはオリーブオイルを使用して自然な方法でメイクを落とすことも可能です。

目の周りに細いシワが現れていませんか?

クマや黒ずみを防いで目の周りのお手入れを行う時には、今回ご紹介したヒントを毎日の美容ルーチンに加えてくださいね!

  • Verdier-S??vrain, S., & Bont??, F. (2007). Skin hydration: A review on its molecular mechanisms. Journal of Cosmetic Dermatology. https://doi.org/10.1111/j.1473-2165.2007.00300.x
  • Oyetakin-White, P., Suggs, A., Koo, B., Matsui, M. S., Yarosh, D., Cooper, K. D., & Baron, E. D. (2015). Does poor sleep quality affect skin ageing? Clinical and Experimental Dermatology. https://doi.org/10.1111/ced.12455
  • Bott, R. (2014). Nutrition for Healthy Skin. Igarss 2014. https://doi.org/10.1007/s13398-014-0173-7.2
  • Grether-Beck, S., Marini, A., Jaenicke, T., & Krutmann, J. (2014). Photoprotection of human skin beyond ultraviolet radiation. Photodermatology Photoimmunology and Photomedicine. https://doi.org/10.1111/phpp.12111
  • Antoniou, C., Kosmadaki, M. G., Stratigos, A. J., & Katsambas, A. D. (2008). Sunscreens – What’s important to know. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. https://doi.org/10.1111/j.1468-3083.2007.02580.x