慢性疲労を防ぐ5つのハーブ

· 5月 11, 2019
慢性的な疲労に対する医学的治療法はまだ確立していませんが、症状を和らげるために様々な方法を試すことができます。定期的な運動、質の良い睡眠、ストレスフリーの健康的な習慣はあなたの気持ちをポジティブにし、リラックスさせさせるのに役立つでしょう。

あなたはいつも疲れていませんか? 夜よく眠れず、日中集中できない事はありませんか。もしかしたら慢性疲労症候群かもしれません。これらのサインに気をつけて症状改善に努めましょう。

ストレスに満ちた忙しい生活はあなたの健康と幸せに深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。

ご存知でしたか?:
慢性疲労症候群(CFS)って何? その対処法は?

ストレスは自分の意思とは反して非常に無理をすることから生じる精神的疲労です。ストレスが多くかかると、健康と生活全体に影響が出るようになります。

慢性疲労症候群は、筋肉痛、疲労感、睡眠障害などの症状が現れる長期にわたる病気です。いくら寝ても症状が改善しません。

それとともに、慢性疲労症候群になると普通の健康的な生活を送ることができなくなります。

簡単な日常の仕事さえ困難に思えてしまいます。十分に眠らないと免疫システムも低下して、他の病気につながることもあります。

慢性疲労は心血管系、腎臓、および心理的な問題の主な原因であるため、多くの科学機関は慢性疲労を公衆衛生問題とみなしています。

慢性疲労症候群であると診断を下すのは容易ではありません。なぜなら、非常に多くの要因が考えられるからです。あなたの健康歴、仕事や家庭生活の状況、症状の頻度、生活にどのような影響が出ているのかなど様々な質問を医師はするでしょう。

貧血や特定の感染症など他の病気の可能性を排除した後、治療を開始します。

このウェブサイトで常にご紹介しているように、自然療法は慢性的疲労にも効果的です。今回は慢性疲労に効果的な5つのハーブをご紹介します。

1.シベリア人参

疲労

シベリア人参はエネルギーを取り戻すのに役立ちます。身体能力、筋肉、持久力を向上させる強力な植物として知られています。特に中国とロシアでとても人気があります。

あなたの好きなエネルギードリンクにもシベリア 人参が入っているかもしれません。また免疫システムを強化しながら、エネルギーと活力を増加させるのに役立ちます。

こちらもご参考に:
慢性疲労を取り除く食生活 6つのヒント

2セントジョーンズワート

セントジョーンズワート

慢性疲労と密接に関わっている不眠症やうつ病に対処することも非常に大事です。これらの症状にはセントジョーンズワートがお勧めです。

セントジョーンズワートは抗うつ作用を持つ黄色い花のハーブです。筋肉痛だけでなく、不安、注意力欠如障害、その他の関連障害にも効果があります。

3. シサンドラ

シサンドラは中枢神経系を刺激する植物であり、ストレスに効果的で、精神的な明快さと反射の回復をもたらします。ロシア、中国、日本、韓国などでは、ストレスを治療する伝統医学の一部として使われています。

腎臓やうつ病にかかっている人に効果があります。日常の活動におけるパフォーマンスの向上に役立つと言われています。さらに、抗酸化物質が含まれているため、肝臓や免疫システムを強化します。

4. イチョウの葉

ハーブ

慢性的な疲労に苦しむ人は、集中力及び記憶力に問題がある場合が一般的です。ありがたいことに、それらの問題や、他の精神的能力を回復するためにイチョウは自然で効果的な方法です。

漢方薬として広く利用されているイチョウの葉は、脳内の血行を促進します。神経のつながりを確立し、脳が老化すると起こる記憶喪失に対抗する手助けになります。アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病の人は他の治療薬とともにイチョウの葉を服用することがよくあります。

5. 甘草

キャンディを作るときに使われたり、ヨーロッパや熱帯アジアの伝統料理において使用されるハーブです。おいしく、お茶やタブレットにしてすぐ摂取することができます。

ストレスホルモンをコントロールするので、副腎疲労の治療に最適です。うつ病や不安にも効果的な促進剤です。

ハーブティ

慢性的な疲労に対する医療的治療方法はまだありません。しかし、医師と一緒に症状を軽減するために様々な方法を試すことができるでしょう。運動、規則的で質の良い睡眠、ストレスのかかる状況を避けた生活など健康的な習慣を確立することで、日々の生活をよりポジティブにし、心を安らげるのに役に立つでしょう。

理想的には、治療は社会的支援とセルフケアの両方からなるべきです。自分自身で悪い生活習慣を修正し、健康的な環境とより調和したライフスタイルを確立するように心がけてください。

  • Barbado Hernández, F. J., et al. “El síndrome de fatiga crónica y su diagnóstico en Medicina Interna.” Anales de medicina interna. Vol. 23. No. 5. Arán Ediciones, SL, 2006.
  • Sandín, Bonifacio. “El síndrome de fatiga crónica: Características psicológicas y terapia cognitivo-conductual.” Revista de Psicopatología y Psicología clínica 10.1 (2005): 85-94.
  • Solà, Joaquim Fernández. “Síndrome de fatiga crónica y su relación con la fibromialgia.” Revista española de reumatología: Órgano Oficial de la Sociedad Española de Reumatología 31.10 (2004): 535.