慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?

· 8月 3, 2018
慢性閉塞肺疾患(COPD)は一般的に35歳から40歳の人が患いやすい病気と言われていますが、50歳以上になるまで診断されないことがよくあります。

慢性閉塞性肺疾患は長期的な疾患でゆっくり発達していきます。この病気はあなたの肺に影響を与えて呼吸を困難にしてしまうものです。また、日常的な仕事や動作にも影響するので生活の質を脅かす病気と言ってもいいでしょう。

COPDは慢性気管支炎と肺気腫の2つの進行性肺疾患が別々に起こる、または一緒に起こりますが、最も一般的なCOPDはこの2つが組み合わさった状態のことです。

慢性気管支炎

病名が示すように、これは肺の気道(気管支)の慢性的な炎症(進行性)です。また、慢性気管支炎は2年以上連続して、最低3か月間毎日痰や咳が発生する状態と定義されています。

気管支炎は気管支を湿らせておくために、肺が過剰な粘液を作る為に引き起こされます。この粘液が咳や痰などの原因となり、空気が自由に流れにくくなるのです。すると、呼吸がしにくくなります。

肺気腫

肺気腫

肺気腫は、肺の肺胞が大きくなり、ダメージを受け始めた時に起こります。これは肺から血流への酸素移動の効率を下げてしまい、肺胞が壊れることは、細気管支と呼ばれる微気道を支えることが出来ないことを意味します。これは呼吸に問題を引き起こし、息を吸ったり吐いたりするのが非常に難しくなるのです。

慢性閉塞性肺疾患の症状とは?

COPDは長い年月をかけてゆっくりと進行する傾向があります。この病気の主な症状は、呼吸困難や喘鳴(呼吸時のヒューヒューという音)、そして胸部の緊張による咳(粘液、または淡などが出る)などが挙げられます。

その為、医師は様々な要因を基にCOPDがどのくらい深刻なものなのかを判断します。まず、患者が上記の症状を経験しているか、その人が息を止めるのにどれほど労力が必要か、そして、これがどのくらい患者の生活を制限しているのかを診断します。

その次に、患者が気道の感染症(風邪やインフルエンザ)にかかりやすいかどうか、痰や粘液などが出る慢性的な咳(進行性)が出るか、そして、どのくらいの頻度で急な症状が出るのかを確認します。一般的にCOPDの患者は風邪などの気道感染が原因で症状が悪化することがあると指摘されるべきなのです。

こちらもお読みください:肺をきれいにする方法

深刻なCOPD

深刻な肺気腫

重度な段階のCOPDでは、重い肺疾患のように他の症状が現れます。

慢性閉塞性肺疾患の原因

慢性閉塞性肺疾患の症例の多くが喫煙によるものです。特に幼児のタバコの受動喫煙はCOPDの発症リスクを高めます。また、COPDは長期的にほこりや化学的な煙にさらされて結果である可能性もあります。さらに、空気汚染も発症の原因や病気の悪化に影響を与えると言われています。

要因について

要因について

喫煙や有害なほこり、煙に加え、他にも慢性閉塞性肺疾患の進行を高める要因は存在します。例えば、以下のものが挙げられます。

  • 家族がCOPDになったことがある(特に家族が喫煙者であった場合)。
    • 家族が喘息を患っていた場合も含みます(長期間喘息で苦しんでいた)。
  • 幼少期に気道や肺に問題があった。

検査と診断

医師は患者の健康状態を知らせる特定の検査を通じて慢性閉塞性肺疾患の診断をします。この検査は患者から得た情報や症状よりも確実なものと言われています。

もちろん、患者が喫煙者かどうか、過去に喫煙の経験はあるか、ほこりやガス、そして煙などにさらされる環境で働いていたかどうかなどのチェックもします。

患者の過去の健康状態を判断する検査には以下のものがあります。

  • 肺機能検査:肺活量測定は肺機能検査の一つで、吐き出された空気の総量を基にCOPDの診断に使用します。
  • 胸部X線、またはコンピュータ断層撮影(CTスキャン):これもCOPDに繋がる特徴を見つける為に使用されます。このイメージテストは症状に影響している状態を発見するのに役立つのです。
  • 動脈血中のガス測定:この検査では、血中の酸素と二酸化炭素の量を測定し、肺がどのくらい機能しているかを計る為に役立ちます。

こちらもご覧ください:電磁放射って何?電磁放射が私たちに及ぼす影響とは

 

合併症について

医師に相談するタイミング

医師に相談するタイミング

喫煙者で35歳以上の方が以下の症状を感じたらすぐに相談してください。

  • 呼吸が困難になったり、喘鳴が起こる。この症状は、まず運動をした時に起こりやすくなります。
  • 痰や粘液などを含んだ咳がほぼ毎日、一日数回出る。
  • 頻繁に気道感染で苦しむ(咳の原因となる風邪など)。

あなたが出来ること

COPDを患っているあなたが出来る最善の方法は、禁煙することです。禁煙はあなたの呼吸を改善し、肺のダメージも和らげてくれるのです。

COPDは進行性の病気で、残念な事にこの病気を治す方法はありません。また、すでにダメージを受けた肺を良くすることも出来ません。しかし、肺機能を改善する治療や症状を和らげる方法、そしてこの病気の進行をさらに遅くする方法は存在するのです。

  • Cushen, B., Morgan, R., & Summer, R. (2016). Chronic Obstructive Pulmonary Disease. In International Encyclopedia of Public Health. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-803678-5.00073-4
  • Konstantinova, I., & Pearce, A. C. (2014). Chronic obstructive pulmonary disease (COPD). In Metabolism of Human Diseases: Organ Physiology and Pathophysiology. https://doi.org/10.1007/978-3-7091-0715-7_33
  • Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease. (2011). Global strategy for the diagnosis, management, and prevention of chronic obstructive pulmonary disease (Revised 2011). Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease. https://doi.org/10.1007/s10592-009-9960-7
  • Tuder, R. M., & Petrache, I. (2012). Pathogenesis of chronic obstructive pulmonary disease. Journal of Clinical Investigation. https://doi.org/10.1172/JCI60324
  • Broekhuizen, B. D. L., Sachs, A. P. E., Hoes, A. W., Verheij, T. J. M., & Moons, K. G. M. (2012). Diagnostic management of chronic obstructive pulmonary disease. Netherlands Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/NEJMra030415