毎日腕立て伏せを行うべき/5つの理由

3月 25, 2016
体が腕立て伏せをするのに慣れていない場合は、最初からあまり無理しないようにしてください。 ゆっくり始めて、徐々に増やしていきましょう。

運動は、あなたが望む体型になるまで、多くのカロリーを燃やして体重を減らし、筋肉を整えるのに最善の方法の一つです。

しかし、すべてのエクササイズが、身体のすべての筋肉群を使うわけではなく、ほとんどのエクササイズでは、異なる領域の筋力トレーニングと有酸素運動を結合する必要があります。

しかし幸いなことに、腕立て伏せは全てがセットになった「オールインワン」のエクササイズの一つで、日頃のエクササイズに新しい動きを加えたり、より激しく運動することを必要とすることなく、身体の複数の部位に効果をもたらします。

他のエクササイズで腕立て伏せを補完するのは良い考えですが 、腕立て伏せだけでも、体型に大きな影響を与えます。

上体を強化

毎日行う腕立て伏せの回数を徐々に増加させることによって、筋肉をつけすぎることなく、上体を強くします。

この簡単な運動は、胸と肩に働きかけ、強くてメリハリのある上体作りを助けます。

腹筋を使う

ダイエット

腕立て伏せは、技術的には上半身の運動ですが、適切に行われた場合は、他の筋肉群をも鍛えます。エクササイズをしている時に腹部をまっすぐに保てば、背骨を安定させます。

これは結果的に、特に腹筋をターゲットを絞ることなく、腹部を強化し引き締めます。

エネルギーレベルを高める

運動は疲労や虚弱を和らげるのに最悪の方法のように思えるかもしれませんが、腕立て伏せを数回行えば、実際は、エネルギーレベルを高めてくれます。

この動きは、血液循環を改善し、体熱を発生させ、より効率的に機能するように脳に働きかけます

最高なのは、事実上どこでも腕立て伏せを行うことができることで、栄養剤や薬に頼らず、いつでも急速にあなたの体を充電できます。

骨密度を増加

健康的

体が歳を重ねると、骨密度は減少し、骨折を起こしやすくなります。ウエイトトレーニングは強い骨を維持するのに必須であり、腕立て伏せをやることでも、この利点を得られます。

この総合的なエクササイズを行うことで、手首や肘に加えて異なる筋肉群を機能させ、骨を強化し怪我のリスクを減少させます。

基本代謝率を増加

腕立て伏せを行うと、体は同時にいくつかの異なる筋肉群を使用しなければなりません。腕立て伏せをすると、心臓が血液を送り出すためにより激しく機能し、呼吸が速くなります。

腕立て伏せの全体的な利点は基本代謝率の増加で、体重減少と健康改善の中心的な要素になります。一つの動きで有酸素運動と筋力トレーニング両方の役割を果たしており、2倍の効果を得ることになります。

どのように腕立て伏せをするか?

二の腕

説得力のある理由を得たことで、毎日の腕立て伏せの習慣を始める準備が整いました。

筋肉量を増やし、脂肪を燃焼させ、全体的に健康を向上させたい場合は、正しく行っていることを確認するために、次のアドバイスに注意しましょう。

  • 床やヨガのマットの上にうつ伏せになります。足を一緒に揃え、胸に体重を感じなければなりません。
  • 肩から少し離して、体の横で手のひらを床につきます。
  • 床に接するように、つま先を曲げます。
  • 手とつま先で体重を支えるようにして、腕で体を持ち上げます。頭は、かかとに対して直線上にキープします。
  • 腕をまっすぐに伸ばし、完全に伸ばした姿勢を維持します。そして肘を曲げて、始めの位置に戻ります。

初めは、この動きに慣れていない場合は、あまり無理をしないでください。休憩が必要だと感じたらすぐに休み、準備ができたら再開しましょう

これを何回か繰り返して、体が慣れたら数を増やしてください。最終的には、途中で休むことなく、続けてできるようになるでしょう。 初心者のための簡単な目標は、3日間にわたって12回腕立て伏せをして、そこから増やし始めることです

あなたへおすすめ