体全体を鍛えて体重を減らすトレーニング

· 9月 22, 2018
今回は、身体の複数の部分を同時に動かす素晴らしいエクササイズをご紹介します。ぜひお試しください。

体全体を鍛えて体重を減らすためにはどうしたら良いかと考えたことはありませんか?

細く引き締まった体を理想とする人は多くいますし、私たちの外見は周りの人に自分を表現する方法の一つだと考える人もいます。

大切なのは、心身の健康を保つ運動を行いながら、バランスのとれた健康的な食事を心がけることです。

体全体を鍛えるトレーニング

1.腹部

腹部の脂肪

今回ご紹介する腹部の運動は、連続して行います

  • 腕立て伏せの姿勢から始めますが、肘と前腕は床の上に置き、つま先と肘で体重を支えている状態です。
  • 頭から背中までは真っ直ぐな直線を描くように保ちます。
  • この姿勢から右足を上にあげて30秒間維持します。
  • 右足をゆっくり下ろしたら左足を上げます。

次は横向きになって行います。

  • 足、肘、そして前腕で体を支える「サイドプランク」の姿勢を30秒間維持してください。
  • 反対側も同じように行い、左右を行なってください。

最後の運動は、最初と同じ腕立て伏せの姿勢から始めます。

  • それぞれの腕を床から30秒間離し、反対側の腕だけで体重を支えます。

こちらの記事もご覧ください:お腹の脂肪を燃焼する5つのコツ

2.脚と臀部

  • 脚とお尻の周りである臀部を引き締めるためには、まずスクワット(1セット20回)を数セット行います。
  • 背中を真っ直ぐにした正しい姿勢を維持しておこなってください。
  • ランジ運動(1セット15回)を数セット行います。
  • スクワットとランジを終えたら、膝を曲げた状態で床の上にあおむけになます。
  • 脚とお尻を床からあげます。
  • 20回行ってください。

3.腕と胸

腕の運動

ダンベルを使って腕と胸を引き締めます。

  • 45回を1セットとして行いストレッチをした後、50回行なってください
  • ダンベルを使うエクササイズは、腕と胸の筋肉を同時に引き締めます。
  • 正しいフォームで行うことが大切です。
  • それぞれの腕では同じ回数の運動を行なってください。
  • 膝をついて行う腕立て伏せを20回行うのもお勧めです。
  • 空手のように、素早く動くことで筋肉の引き締め効果が高まります。

こちらの記事もご覧ください:減量にはつながらないエクササイズ5選

4.脂肪燃焼

脂肪燃焼

ここまででご紹介した運動以外にも、足、お尻、そして腹部の脂肪を燃焼させる効果的な運動があります。

有酸素運動は、体全体を鍛えるお勧めのトレーニングで、お尻、脚、そして腹部などの体内の様々な場所の脂肪を燃焼します。

その他の脂肪燃焼効果のある運動をご紹介します:

  • 足を肩幅に開いてたちます。手は頭の上に伸ばします。
  • 足を開きながら上に向かってジャンプをしますが、その時に手を激しく叩きます。
  • できる限り多くの回数を行ってください。
  • また膝を上に高く上げるハイニーの動きもお勧めです。膝を曲げた状態で足をできるだけ上にあげます。
  • バランスを保ちながら激しく運動するお勧めの方法です。それぞれ20回ずつ行ってください。

今回ご紹介したように、体全体を鍛えて体重を減らすためのトレーニングはとても簡単に行うことができます。

毎日の生活に取り入れて、理想の結果が得られるまで必ず継続してください。