毎日ハグをするべき10の理由

6月 23, 2016
ハグの効果を得るには、愛する人、信頼する人を20秒以上しっかりと抱きしめましょう。

ハグとは、腕を広げて相手を抱きしめることで、愛情や思いやりを表す表現です。

近年、このハグが身体的、精神的な健康効果があるとして注目を浴びています。また、ハグにはストレスやネガティブな感情に打ち勝つ力があるのです。

良いハグとは、20秒以上しっかりと抱きしめるものです。また、ハグをし合う2人は、お互いに信頼し合い、愛し合っていなくてはいけません。

1日に数回、そして毎日愛する人をハグをしましょう。ハグの持つセラピー効果が、心身ともに良い状態にしてくれるでしょう。

それでは、毎日ハグをするべき理由を以下に10つ挙げますので、是非参考にしてみてくださいね。

1. 気分が良くなる

positive-mood

愛する人からハグをされると、1日が充実し、ネガティブなエネルギーなど消え去ってしまうでしょう。

ハグはラブホルモンとして知られるオキシトシンの分泌や、幸福ホルモンであるエンドルフィンの分泌を促します

ハグをすると、ポジティブな感情を相手と分け合うことができ、お互いにポジティブなエネルギーが漲ってきます。

2. 痛みを和らげる

ハグをするという愛情表現は、シンプルでありながらも精神的・肉体的な痛みを和らげる効果があります。ハグの力はオキシトシンを分泌させ、痛みを忘れさせ、現在にフォーカスする力を与えてくれます。

3. 安心感が生まれる

hugs

ハグをした時に起こる温かい気持ちは、安心感を与え、孤独な気持ちを取り除きます。感情を解き放ち、関係を改善し、行動障害を予防する効果があります。

4. 自信がつく

1日あたり4回以上ハグをすること、されることの一番の効果はこれではないでしょうか。恐れや不安感が取り除かれ、他人の意見に左右されることが少なくなります。

これは、ハグをするたびにポジティブなエネルギーが発生し、気分を良くするホルモンが出てくるからです。

科学的な事実として、次のような現象が挙げられます。お気に入りのぬいぐるみをハグすると、子供たちは例え一人ぼっちであっても気分が落ち着き、安心感を覚える傾向にあるのです。

5. 心臓発作を予防する

couple

日常的にハグをしていると、心臓が保護され、血流のリズムコントロールに繋がります。

ハグをすることで血液中の酸素量が増え、心臓が正常に機能するのです。

ハグをほとんどしない人は心臓系の病気にかかるリスクが高いとも言われています。

6. 神経系を改善する

ハグをする効果は、心臓系の健康に現れるだけではありません。神経系にも効果があるのです。

1日数回ハグをしたり、ハグをされたりすることで神経系がリラックスし、ストレス、不安感などネガティブな感情が消えていきます。

7. 免疫系を強くする

immune-system

オキシトシンが十分な量分泌されると、感染や免疫系の病気のリスクが下がります。

これは、オキシトシンが分泌されることによって、体にはウイルスや細菌と闘う力が出るからです。

8. 神経細胞が発達

人が誕生して最初の数年の間にされたハグによる影響は、神経細胞の発達を促します。

ハグをされないと神経細胞が発達せず、のちに運動神経や精神的な機能に影響することになります。

デューク大学の研究によると、十分にハグをされなかった赤ちゃんの脳は、十分ハグをされて育てられた赤ちゃんと比べ、20%程まで小さいということです。

9. 絆が深まる

幸せな恋愛関係にはボディランゲージが必須です。ハグをするカップルは、お互いに愛し合っているという確かな強い絆を感じることでしょう。

10. 血圧をコントロールする

blood-pressure

ハグをして誰かと体を触れ合うことにより、血圧が下がります。皮膚にある遊離細胞として知られる受容器官が活性化し、神経を通してシグナルを送るからです。

つまり、体は保護されていると感じ、心拍数は安定し、血圧も落ち着くのです。

あなたは普段ハグをしたり、されたりしていますか?ハグは誰にでもすぐにできる簡単なことなのに、人生を輝かせてくれるのです。

今日から愛する人にはハグをしましょう。そして人生をより素敵なものにしましょう。

あなたへおすすめ