ネガティブな考えや感情の/体への影響

· 12月 8, 2015
あなたの考え方が、健康と身体に影響を与える可能性について考えたことはありますか?

私たちはしばしば、自分の考えが体と健康に与える影響を認識していません。時に、ストレス、緊張、不安、抑うつ、焦り、その他の負の感情にとらわれ、その感情が自分自身に影響を与え、生活の質を低下させているかもしれないのです。

心と体の関連は、私たちが思うよりもはるかに強く、思考や感情は、精神的、肉体的健康に影響を与える特定の化学物質の生産を刺激します。 例えば、セロトニンとドーパミンは、私たちが幸せや幸福感を感じている時に、から分泌される2種類の化学物質です。同様のプロセスは否定的な感情でも起こり、健康的な体を作る代わりに、痛みや病気を誘発します

脳は、行動とその身体との関連に関する重要かつ決定的な情報を記憶します。私たちが一定の出来事に肯定的または否定的な意味合いを与えており、どのような状況でも良い面と悪い面を見ることができる力を私たちが持っていることに、多くの専門家が同意しています。

こちらの記事もお読みください:ストレスが及ぼす負の影響

体への影響

肩こり

私たちの心の状態は体の病気につながる可能性があり、病気は、否定的な考えや感情に支配される時期にいることの現れかもしれません。 例えば、慢性的な首の痛みは、別の観点で物事を見ることができないことを意味しているかもしれません。

原因不明の腰痛は 、恐怖でいっぱいで重要な意思決定を行うことができない兆候である可能性があります。背中上部の痛みは失恋と関係があり、背中中央の痛みは過去に囚われていること、そして腰痛は金銭的ストレスに関連があるとされます

膝の痛みは、恐怖、プライド、自我のコントロールの欠如を示しているかもしれません。何かに怒りを感じている状況では、体内で生化学反応が起きてアドレナリンのレベルが上昇し、何度も何度も私たちにそれを追体験させます。

悲しみの感情は、私たちのエネルギーレベルとモチベーションに大きな影響を与え、悲しみは疲労、憔悴、倦怠感の原因となりえます

否定的な思考や感情にどのように対処するか?

ポジティブシンキング

大きな幸せを感じる時と同じくらい、自分自身の強さと感情をコントロールする能力が試される困難な時期があります。生活の中でいつでも起こりうる否定的な思考や感情に対処するためには、どんなに難しくても到底乗り越えられないと思っても、物事を肯定的に考えることが重要です。

その日一日健康で幸せに生きることができるように、毎朝目を覚ます時、新しい日と待ち受ける課題のために体と心を準備することが重要です。私たちの心は驚くほど強く、多くのタスクをたやすく実行することができます。ですから、克服するのが比較的困難な場合でも、心にポジティブさを与え、物事の明るい面を見ようとすることが重要です。

こちらの記事もお読みください:もう一度幸せになるために

否定的な思考や感情が私たちの生活と健康を支配しようとしたら、それが時間とエネルギーを費やす価値のあるものかどうか、しばし熟考してみることが重要です。この訓練をした後は、ネガティブさがあなたの生活の質を損なわないように、文句を言って感情に支配される代わりに、人生に変化を求めて解決策を模索するようになるでしょう。

ポジティブさと肯定的な感情が、免疫システムを強化するホルモンの分泌を促すことは、科学的に証明されています。同様に、否定的な感情には逆の効果があり、免疫系を弱め、病気にかかりやすくします。

ポジティブな人間であるということは、選択肢、良い思考や感情の問題です。多くの面で心と体の状態を向上させる、一定レベルのポジティブさが大切なのです。