キャベツで胸焼けを解消する方法

不摂生やストレスなど様々な要因により、胸やけは起こります。ここでは、キャベツを使った胸やけ解消レシピをご紹介します。
キャベツで胸焼けを解消する方法

最後の更新: 28 10月, 2018

胸焼けは非常に不快な症状で、単に食生活を改善するだけでは解決できないものもあります。その場合は、医師に相談しましょう。

今日は、キャベツを使った簡単なレシピで胸焼けを防ぐ方法をご紹介します。胸焼けが気になる方はぜひ、お試しください。

 

なぜ胸焼けは起こるのか?

人間の胃は、食物を消化するため、酸性に保たれています。しかし、様々な要因から酸が過剰に分泌されると、消化器官に影響が及びます。また、食道裂孔ヘルニアにより、これらの酸が食道にまで押し上げられ、炎症を起こす場合もあります。

 

胸焼けの原因

  • 不健康な食生活、消化・吸収の悪い食べ物
  • 酸性食品の過剰摂取:白砂糖、精製された小麦粉、揚げ物、肉、ソーセージ、牛乳、砂糖の入った飲み物、ソフトドリンク、お酒
  • 早食い、食べ過ぎ、よく噛まずに食べる
  • 消化器系が弱い、消化酵素の不足
  • 制酸薬や酸性値を上昇させる薬の過剰摂取
  • タバコやお酒などの悪習慣
  • ストレスやネガティブな感情
  • ダラダラとした生活
  • 都会や煩雑な環境
不摂生

 

胸焼けに良い食べ物

胸焼けが治るのをただ待つだけでなく、酸性になりすぎた胃を癒してくれる食べ物を選びましょう。市販の制酸薬より健康的な方法です。

普段の食事に次の食べ物を取り入れると、胃のpH値は徐々に正常化します。

  • アボカド
  • きゅうり
  • アスパラガス
  • 雑穀類
  • ブロッコリー

こちらもお読みください:アスパラガスの持つ8つの素晴らしい効能

なんといっても最も胸焼けに良いのが、キャベツです。体のpH値を整える効果のある簡単なレシピは数多くあります。

穀物

 

なぜキャベツが胸焼けに良いのか?

キャベツは安価で手に入りやすい上、体に良い野菜です。胃、肝臓、腸の機能を正常化し、酸性度を抑えて胃腸粘膜を保護することにより胸焼けを防止する作用があります。

日常的にキャベツを食べている人は、自然に免疫防御力を改善し、体の浄化作用を促進し、リウマチからくる痛みを緩和していることになります。

こちらもお読みください:紫キャベツを食べるべき11の理由

キャベツ

 

キャベツを使った胸焼け解消レシピ(2人分)

胸焼けを抑える効果のある、キャベツを使ったレシピがこちらです。

材料

  • キャベツ 300〜400g
  • エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2(50g)
  • レモン汁 レモン1/2個分
  • 黒胡椒 一摘み
  • クミン 一摘み
  • 海塩またはヒマラヤ塩 小さじ1/2(5g)

作り方

  • キャベツを薄くスライスする。フードプロセッサーで千切りにしても良い。
  • ガラス製の容器に千切りキャベツを入れる。
  • オリーブオイル、レモン汁、塩、黒胡椒、クミンを加える。
  • 容器に蓋をし最低2時間は室温で寝かせる。

食べ方

朝作っておき、味を馴染ませ、昼食と夕食に分けて食べることをお勧めします。

  • 出来上がりを2つに分け、昼食と夕食など2度に分けて食べましょう
  • 食べる時はよく噛みましょう。よく噛まなければお腹のガスの原因となってしまいます。このレシピではキャベツがガスの原因となりにくいようクミンを加えています。
  • このレシピは副菜です。これに加え、炭水化物、タンパク質、脂質などの栄養素を摂取しましょう。
  • 献立に他のサラダがある場合は、そこにキャベツを加えるだけで、効果があります。
  • 火を通したキャベツの味が嫌いと言う人もいるかもしれません。生で食べると味は違います。ぜひ、一度お試しください。
  • 数日試すだけで違いに気づくでしょう

これら従い、胸焼けの引き金となる食べ物を避けていれば、体の酸の値は自然と下がります。

こちらの記事もおすすめです。
胸焼けと胃炎を改善する自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
胸焼けと胃炎を改善する自然療法

胃は、私たちの健康維持のために大切な働きをする器官であり、そのために慢性の病気や疾患にかかりやすい器官です。炎症、痛み、そして違和感を伴う焼けるような感覚−これが胸焼けや胃炎の主な症状です。今回ご紹介するのは、副作用の心配なく胸焼けと胃炎の症状を緩和する自然療法です。



  • Falk GW, Katzka DA. Diseases of the esophagus. In: Goldman L, Schafer AI, eds. Goldman-Cecil Medicine. 25th ed. Philadelphia, PA: Elsevier Saunders; 2016:chap 138.
  • Katz PO, Gerson LB, Vela MF. Guidelines for the diagnosis and management of gastroesophageal reflux disease. Am J Gastroenterol. 2013;108(3):308-328. PMID: 23419381 www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23419381.
  • Richter JE, Friedenbert FK. Gastroesophageal reflux disease. In: Feldman M, Friedman LS, Brandt LJ, eds. Sleisenger and Fordtran’s Gastrointestinal and Liver Disease. 10th ed. Philadelphia, PA: Elsevier Saunders; 2016:chap 44.
  • Fulgoni, V. L., Dreher, M., & Davenport, A. J. (2013). Avocado consumption is associated with better diet quality and nutrient intake, and lower metabolic syndrome risk in US adults: results from the National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) 2001–2008. Nutrition journal, 12(1), 1. https://nutritionj.biomedcentral.com/articles/10.1186/1475-2891-12-1
  • Kumar, D., Kumar, S., Singh, J., Vashistha, B. D., & Singh, N. (2010). Free radical scavenging and analgesic activities of Cucumis sativus L. fruit extract. Journal of Young Pharmacists, 2(4), 365-368. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0975148310240062
  • Liu, Y., Hwang, H. J., Ryu, H., Lee, Y. S., Kim, H. S., & Park, H. (2017). The effects of daily intake timing of almond on the body composition and blood lipid profile of healthy adults. Nutrition research and practice, 11(6), 479-486. https://synapse.koreamed.org/DOIx.php?id=10.4162/nrp.2017.11.6.479
  • Canicoba, M., & Nastasi, V. (2016). La dieta reducida en FODMAP: ventajas y controversias. Nutrición clínica en medicina, 10(1), 20-39. http://www.aulamedica.es/nutricionclinicamedicina/pdf/5035.pdf
  • Jarrillo, G. C., Marín, M. L. R., Gutiérrez, A. D. R., & Ortiz, F. A. G. (2016). Evaluación de las propiedades fisicoquímicas de almidones de diferentes cereales Evaluation of physicochemical properties of starches of different cereals. https://repository.uaeh.edu.mx/revistas/index.php/icbi/article/download/573/3456?inline=1
  • Vasanthi, H. R., Mukherjee, S., & Das, D. K. (2009). Potential health benefits of broccoli-a chemico-biological overview. Mini reviews in medicinal chemistry, 9(6), 749-759. https://www.ingentaconnect.com/content/ben/mrmc/2009/00000009/00000006/art00011
  • Borowski, J., Szajdek, A., Borowska, E. J., Ciska, E., & Zieliński, H. (2008). Content of selected bioactive components and antioxidant properties of broccoli (Brassica oleracea L.). European Food Research and Technology, 226(3), 459-465. https://link.springer.com/article/10.1007/s00217-006-0557-9