空気嚥下症(呑気症)の症状と特徴とは?

3月 28, 2020
空気嚥下症は、食事中に過剰な空気を摂取することから生じる消化器疾患です。症状は子供に比較的よく見られるため、一般的には乳児のコリックと関係があると考えられています。

空気嚥下症の症状は、食事中に消化管内に空気を過剰に取り込むことが原因で起こります。

英語では「空気を食べる」ことを意味する「Aerophagia」という名前の軽度の消化器疾患です。

消化器疾患としては軽度でも、多くの不快感を生み出し、げっぷとして知られている上部空気放出の原因となっていることがよくあります。

ただし、同様の症状を示す胃食道逆流症と混同しないことが大切です。

空気嚥下症は、消化不良や腹部の腫れなどの他の消化器系の問題がある場合に悪化することがあります。

小児の空気嚥下症は比較的一般的あり、乳児のコリックと関連があると考えられています。

空気嚥下症の原因

空気嚥下症は、一般的に食生活の乱れなどが原因です。

ソフトドリンクなどの砂糖入りの飲み物、お菓子、パン粉、チューインガムをはじめとする体内に炎症が起こる食品を過剰に消費していることが原因だと考えられています。

早食いなどの食事中の悪い食習慣にも起因する可能性があります。これは、早食いなどにより消化管への大量の空気の流入を促進するためです。

ストレスや不安障害が原因で、空気嚥下症が生じることもあります。病理学的な観点からは、嚥下と呼吸の機能を適切に調整していない人によく見られますが、これはストレスや不安感を持つ人によく見られる症状です。

空気嚥下症の症状

空気嚥下症(呑気症)の症状と特徴とは? 腹部の痛み

空気嚥下症は、胃の重さや膨満感をはじめとする消化器系の問題を伴い、鼓腸に伴うげっぷは、消化の不快感を和らげる方法です。

空気嚥下症の症状は次のとおりです。

  • 腹部膨満:過剰な空気が腹部を膨らませますが、他の症状と混同しやすい症状です。
  • 腹痛:空気を胃と心臓の両方に押し付けることで、痛みが胸骨の下部に移動します。これは、狭心症(冠状動脈性心臓病)を引き起こす痛みと混同される可能性があります。
  • 腸からの音:腹部の音を引き起こすガスなどにより、腸からの音が聞こえることがあります。
  • げっぷと臭いのない鼓腸

続きを読む:胃をいたわって病気を予防しましょう

空気嚥下症の診断

げっぷを何度も繰り返し、患者にとって不快な症状となることが週に数回続く場合、医師は空気嚥下症という診断を確定します。

また、患者が取り込んだ空気量を確認します。

診断で大切なのは、上部消化管の疾患、炭水化物の腸管吸収不良、細菌の異常増殖、運動性の変化などの器質的病変の可能性を除外することです。

こちらもご参照を:胃腸に溜まったガスに効果的な5つのお茶

空気嚥下症の予防

空気嚥下症の予防には、健康的でバランスの良い適切な食事を維持する必要があります。

ゆっくりと噛むことを心がけながら、炭酸飲料、キャンディー、チューインガムなど体内に炎症を引き起こす特定の食品の摂取を避けてください。

また、腫れがストレスによるものである場合は、ストレスを解消して不安を和らげるための治療を行うか、定期的なスポーツやリラクゼーションで不安を軽減してください。

空気嚥下症の症状は通常、障害の原因を治療すると自然に消えます。

治療

空気嚥下症(呑気症)の症状と特徴とは? ハーブティー

最後に、空気嚥下症の治療には、考慮すべきさまざまな推奨事項があることを強調します。

  • 食品をゆっくりと噛む:食事を早く食べがちな人が多くいますが、これは、体重増加と消化不良につながります。空気嚥下症の予防と治療には、出来るだけ多く噛み、ゆっくりと食べてください。
  • 胃に重い食事を避ける:健康的な食事は、空気嚥下症の予防に役立ちます。また空気嚥下症に苦しんでいる人は、胃に重い食事や非常に辛い食べ物、そして炭酸や砂糖入りの飲み物の摂取を控えめにする必要があります。
  • リラックスを心がける:ストレスの多い生活が胃に悪影響を及ぼす可能性があります。できる限りストレスを解消する方法を見つけ、健康的な生活を送る第一歩にしてください。定期的に運動し、果物、魚、野菜をより多く食べることから始めましょう。
  • カモミールティーなどのハーブティーを飲むカモミールなどの天然成分の中には、空気嚥下症の症状を緩和するのに最適なものがあります。特にカモミールは、過剰なガスを緩和するのに役立つ自然療法です。
  • 十分な水分を摂取する:たくさんの水を飲むと、体内を十分な水和状態に保つだけでなく、空気嚥下症の治療にとって「禁止事項」である清涼飲料水や炭酸飲料の摂取が減ります。
  • 腹部マッサージ:消化器系障害である空気嚥下症の症状のいくつかを和らげるのに役立ちます。

Finally, it’s important to highlight that treatment will include a variety of measures to consider:

 

  • López Higueras, A. (2012). Protocolo diagnóstico de la aerofagia. Medicine. https://doi.org/10.1016/S0304-5412(12)70259-7

  • Velasco Benítez, C. A. (2013). AEROFAGIA, DOLOR ABDOMINAL RELACIONADO A DESÓRDENES GASTROINTESTINALES FUNCIONALES Y ESTREÑIMIENTO FUNCIONAL EN NIÑOS. Revista Gastrohnup.

  • Colaboración Cochrane. (2001). Efectividad del tratamiento en el cólico del lactante: revisión sistemática. Revista Pediatría de Atención Primaria.