苦しみの最中、脳の中で何が起きているのか?

· 11月 12, 2015
人生は絶え間ない学びの過程です。人として成長するために、過ちから学ばなければなりません。

木の根が嵐の最中に地中深く成長するように、人も苦しい経験の中から知恵を得て、成長します。この感情の側面と、苦しんでいる時にあなたの脳の中で起こっている事について、詳しくみていきましょう。

1.苦しみは脳の彫刻家

苦しみ2

人生のなかで苦しみが続くと、脳や人格に影響を与える重大な変化が起こります。 例えば、子供のことを考えてみてましょう。非常に幼い年齢で虐待を経験する子供たちがいます。このような辛い幼少期の体験ほど、破壊的なことはありません。 医師や精神科医はこれらのケースで、その苦しみは戦闘中の兵士のものと非常に似ていると言います。

絶え間ない恐怖、高い警戒心、継続的な悲しみは、脳に障害をもたらし、特定の神経伝達物質放出します。 痛みや恐怖の感情と関連する脳の領域が刺激され、不信、怒り、うつ傾向、さらには暴力的な行動といった、人格面に長期的な影響を及ぼす可能性があります。もちろん、その反応は世界共通ではありませんが、脳が同じように影響を受ける可能性は高いです。

こちらの記事もご覧ください:苦しみや困難は人を強くする

2.苦しみは素晴らしい学びのツール

不安感2

人生は、幸福が保証された簡単な道ではなく、またレールの敷かれた線路でもありません。そこから学ぶことができるポジティブな感情もたくさんありますが、苦しみは間違いなく偉大な教師です。最も優れているかもしれませんが最も無慈悲でもあります。

人は、苦しまずして本当には生きていないと言ったりもします。ちょっと大げさかもしれませんが、覚えておく価値はあります。 私たちは皆、自分の失敗や喪失から学びます。失敗から学ぶことを拒否する人は、絶え間ない学びのプロセスである人生を理解していません。喪失を受け入れない人は、前進して苦しみを乗り越え、最終的に強くなることは不可能です。

苦しみは快適ではありませんが、残りの人生の障壁になったり、あなたのすべてのドアを閉める口実になってはいけません。内なる自己、あなたの強さ、そしてあなたの意志は、苦しみを克服する能力を刺激するエンジンになります。 それを忘れないでください。

関連記事:失敗しても諦めなかった10人の成功者

3.苦しみは解放を求める

苦しみ3

対処法を学ぶことなく、苦しみを蓄積させてはいけません。苦しみと生きることは、脳にあまりにも多くの問題を起こします。高レベルのコルチゾール、ストレス、新しいことを学ぶことができない、記憶喪失…あなたは徐々に衰弱し、それに伴い健康と感情のバランスも失います。

もしあなたが自分自身を開放できるなら、そうしましょう。 誰かがあなたを傷つけたら、反応しましょう。 何かがあなたを抑圧する場合は、息をつける場所を探すか、脱出しましょう。目を涙でいっぱいにして、泣きたい時は泣きましょう。自分の声を見つけ、壁を壊しましょう。 苦しみ、特に終わりのない苦しみがふさわしい人なんて存在しません。可能なら、常に問題の解決策を探してください。 あらゆる努力はあなたにとって価値があり、あなたはそれにふさわしいのです。