クローブとリンシードで腸内寄生虫を取り除く方法

腸内寄生虫を取り除くためにクローブとリンシードを使う利点は、天然の材料なので腸内細菌のpHバランスを崩さず、強化する作用がある点です。

腸内寄生虫は回虫とも呼ばれ、腸に大量に寄生した場合、危険な病気を引き起こす生物です。

原生動物(ランブルべん毛虫など)あるいは線形動物や扁形動物(ヒトカイチュウやサナダムシなど)の場合があり、寄生虫の付いた食べ物や飲み物を摂取することで体内に入り込みます。

寄生のリスク要因として最も大きいのは、衛生条件の悪い環境での生活です。しかし、食品の衛生管理が不十分であることによって体内に入ることもあります。

事の重大さは、個人の免疫系の反応によって変わってきます。

いずれにしても、腸内寄生虫がさまざまな病気につながるリスクは常にあるので、初期の段階から注意することが重要です。

幸いなことに、医師の治療が必要になる前に、寄生虫を簡単に排出させる助けとなる100%ナチュラルな方法があります。

それらの自然療法の中から、腸内細菌を乱すことなく腸をきれいにすることで知られる、クローブとリンシードの療法をご紹介します。

 

クローブとリンシードで腸内寄生虫を取り除く方法

ドライクローブとリンシードの組み合わせは、腸の良好な機能を取り戻し、腸内寄生虫による悪影響を最小限にする効果のある自然療法です。

どちらの材料も寄生虫を攻撃し、それらが寄生し成長するのに必要な環境を変化させます。

他の駆虫薬との違いは、腸内細菌のpHバランスを乱すことがなく、逆に寄生虫への抵抗力を強化する助けにもなることです。

クローブの腸内寄生虫に対する効果

クローブ

クローブ(チョウジ)には、駆虫作用、抗菌作用、抗炎症作用があり、消化器官に繁殖するさまざまな種類の微生物を破壊する助けとなります。

  • クローブのエッセンシャルオイルには寄生虫の成長を止める働きがあるため、駆虫に効果的です。
  • 寄生虫は血液中に毒素を分泌し、健康の他の異常を引き起こすことがありますが、その毒素の分泌を防ぎます。
  • 腸壁の荒れや腫れ、継続的な腹痛を抑えます。

 

リンシードの腸内寄生虫に対する効果

リンシード

リンシード(亜麻の種)は、食物繊維、多価不飽和脂肪酸、ファイトケミカルの源であることで知られ、消化器官の多岐にわたる問題に効果があります。

  • ゼリー状に変化し、毒素を吸着することで排出を促す水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
  • 同時に、大腸に溜まりがちな老廃物を掃きだすために必要な不溶性食物繊維も含まれています。
  • 軽い下剤の作用もあるので、腸の働きが遅い場合に刺激し便秘を緩和します。
  • 免疫系を強化し、腸内寄生虫とたたかう抗体を増やします。
  • 腸内寄生虫のいる状況に対し、消化器官の健康を取り戻す駆虫作用、抗炎症作用があります。
  • 腸内細菌に栄養を与え、その劣化を防ぎます。

 

クローブとリンシードの自然療法の手順

クローブ 寄生虫 リンシード

クローブとリンシードの自然療法は、腸内寄生虫の治療の補完として行うことができます。また予防のために定期的に摂ることもすすめられています。

材料

  • ドライクローブ 大さじ1と1/2(20g)
  • リンシード(約100g)

作り方

  • クローブをすり鉢でするか、ミキサーのミル機能などで粉状にします。
  • リンシードも同じく粉状にし、クローブの粉と混ぜ合わせます。

飲み方

  • ぬるま湯1杯にクローブとリンシードを混ぜた粉を大さじ2杯加え、朝起きてすぐの空腹時に飲みます。
  • 3日間続け、3日間休み、また3日間飲みます。
  • 朝食のスムージーや果汁に加えるのも良いでしょう。

 

寄生虫がいると疑われる症状

お腹を抑える女性

腸内寄生虫は存在していても軽く、はっきりとした症状がないこともあります。しかし重くなると、その存在が疑われる一連の症状が現れます。

それらの症状は以下の通りです。

  • 下痢、便の色や固さの変化
  • 食欲の変化、一見理由のない体重の減少。
  • 栄養不足。
  • 疲労感、不眠、いらつき。
  • お腹の張り、腹痛。
  • 乾いた咳。
  • 肛門や膣周辺のかゆみ。
  • 吐き気、嘔吐。

これらの症状が日に日に重くなっていくようなら、すぐに受診することが重要です。

腸内寄生虫を防ぐには、衛生管理を強化し、特に食品や他人と共有する物の取り扱いに注意しましょう。

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ