クリスマスの後はオオアザミを飲むといい理由

· 1月 17, 2019
オオアザミは、抽出液という形であれお茶という形であれ、摂取することで肝臓をケアし、復活させることができる他、体を浄化することができます。

1月は、盛大に祝う祝日の期間の食べ過ぎや飲み過ぎによって乱れたバランスを整えていくのに理想的な時期です。オオアザミなどの自然療法で肝臓を浄化したりと、バランスを整えることで新年を健康に始められます。

肝臓の再生を促し、消化器系を整えるオオアザミの薬用効果を学びましょう。

クリスマスやお正月の食べ過ぎ・飲み過ぎ

暴飲暴食 オオアザミ

食べ過ぎ・飲み過ぎは体に負担をかけます。短期間で現れる体への影響には、消化器官の不快感、腫れ、体が重い、疲れ、イライラなどがあります。

ですが、長期的な影響として起こるものは往々にして深刻化します。常にドカ食いをしていると、慢性疾患を招きかねないからです。慢性疾患は生活の質を悪化させ、治療や医薬に依存する生活を余儀なくします。

食べ過ぎ・飲み過ぎの埋め合わせをするには、良い食生活と正しい自然療法を冬季の祝祭日期間の後に行うのが時期的に最適なのです。

おすすめの記事:食べ過ぎた後に体内を浄化する生姜・ステビア・リンゴのドリンク

年に2回のデトックス

毒素のない健康な体を維持したいのなら、年に2~3回体をデトックスしましょう。

  • 一般的に、デトックスするのに一番良い時期は季節の変わり目か、病気や健康全般を改善させる必要がある時、あるいは痩せる必要がある時です。
  • デトックス治療法には植物ベースやデトックス作用のある食べ物ベースのものなど様々なタイプのものがあります。
  • そうした治療法の役割は、肝臓や腎臓、肺、腸のはたらきを助けて、体から有毒物質を除去することです。

この記事では、オオアザミという浄化作用のある薬草をご紹介します。冬休みの後に体を回復させるのに素晴らしい治療薬です。

オオアザミ

オオアザミ

マリアアザミとしても知られるオオアザミは、2000年以上にもわたって使われてきた薬草です。地中海に面する国々やインド、シベリアなどのアジアが原産です。

オオアザミの活性成分であるシリマリンは、オオアザミの種から抽出されます。この抽出エキスは今日ではサプリメントとして売られており、この薬草の治癒効果が高められたものになっています。

シリマリンはフラボノリグナンに富んでおり、そのデトックス作用で群を抜く成分です。更に、肝臓の細胞組織の再生を促すのに役立ちます。

そのため、肝炎や脂肪肝、肝硬変の場合は肝臓の回復に役立ち、また、ガン患者においては化学療法や放射線治療による影響を最小限に抑えます。

オオアザミは肝臓を回復させる?

オオアザミは、唯一、短期間で再生が可能な臓器である肝臓を回復させられることで抜きんでています。

この機能は健康を保つにあたって重大な機能です。肝臓病を患っている人にとっては特に重要と言えます。。

肝臓は生命活動に欠かせない臓器でありながら、多くの要因から影響を最も受けやすい臓器の一つでもあります。そうした要因には、汚染やストレス、粗末な食事、健康に有害となる習慣・癖、薬などがあります。

効能

オオアザミには以下のような効能があります。

  • 結石症(腎臓結石や胆嚢結石)に有効
  • 強力な天然抗炎症作用
  • 遊離基によって起こる損傷から体を守る優れた抗酸化作用
  • 心血管系の健康を守り、高コレステロール値を下げる
  • 風邪やインフルエンザと闘う
  • 高血糖値を下げ、二型糖尿病に大変効果がある
  • 頭痛や、月経による不快感を解消する
  • 腎不全の人の腎臓の機能を改善する
  • 便秘を防ぐ
  • 授乳時の母乳の生成を高める
  • 薬や抗生物質、抗炎症剤による肝臓への損傷を防ぐ

こちらも読みたい:肝臓の炎症を示す6つのサイン

オオアザミの摂取法

オオアザミのお茶

オオアザミを薬用として摂取するには様々な方法があります。

  • オオアザミのエキス
  • 濃縮シリマリン
  • オオアザミの種を使ったお茶

混合療法

また、オオアザミはデトックス作用を持つ他のものと一緒に摂取することもできます。例えば、以下のようなものです。

  • ターメリック(ウコン):肝臓のはたらきを良くするのに大変効果のあるスパイスです。
  • タンポポ:腎臓や肝臓に蓄積した毒素を除去します。
  • ボルド:肝臓や胆嚢のケアをし、消化を改善します。
  • ゴボウ:体のデトックスに効き、腎臓の健康状態を改善する他、肌の不純物を浄化します。

どの治療法を始めるにしても、始める前には必ず医師などの医療専門家に相談することをお薦めします。