肝臓に効果的な食品9種:ぜひ試してみましょう!

1月 24, 2018
緑の葉野菜は肝臓にとても良いものの一つです。一般的に、苦みのある食べ物は肝臓や血を綺麗にしてくれます。

肝臓はケアする必要のある臓器です。そしてこれが食事が重要になる理由なのです。

もし肝臓に問題があれば、あるいは肝臓を健康に保ちたければ、どんな食べ物が効果的か理解しておきましょう。

肝臓に問題のある場合、問題が進行してはじめてそのサインが現れるのです。

こちらの記事もどうぞ:

目じりのシワは肝臓が弱っているサイン?

 

肝臓にいい食べ物

1.ニンニク

ニンニクは世の中で最も健康的な食材の一つです。有毒な物質を除いてくれるだけではなく、肝臓に効果的なたくさんの成分を含んでいます。

  • その成分の一つがセレニウムです。セレニウムはミネラルの一つで、体内の抗酸化作用を高めてくれます。
  • またニンニクはアルギニンと呼ばれるアミノ酸も豊富に含んでいます。アルギニンは血管を緩めてくれるので、肝臓への負担を減らすことが出来ます。
  • ニンニクは抗炎症作用のあるビタミンB6と、身体を酸化や細胞のダメージから守ってくれるビタミンCも多く含んでいます。

こちらも合わせてお読みください: 心臓を守るガーリックスープ

2.オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルも肝臓には効果的です。

適度に摂取することで、体内の有害な物質を融解する脂肪となり、身体を元気な状態に保ってくれます。

3.緑の葉野菜

一般的に、緑の葉野菜は全て肝臓の健康に効果的と言われています。この種の野菜は、食べ物に付着している重金属や化学成分、農薬を中和してくれます。

食事の中で、ぜひサラダ菜やほうれん草、チコリー等を取り入れていきましょう。これらの野菜は胆汁を増やすことで、体内の不純物を取り除くことが出来ます。

ビートの葉もまた自然に血液を浄化することで、肝臓のはたらきを助けてくれます。

4.緑茶

緑茶

緑茶もまた抗酸化作用に優れています。特にカテキンはフラボノイドから出来る成分で、身体を守ります。十分に効果を得るためには、一日一杯は飲む必要があります。

 

もっと知りたいですか? こちらもどうぞ:

緑茶、パイナップル、シナモンを毎日摂取し、身体をリニューアルしましょう。

 

5.グレープフルーツ

グレープフルーツはビタミンCとグルタチオンが豊富なフルーツです。

グルタチオンは身体の中で、細胞を成長させたり修復したり、あるいは化学成分やたんぱく質を生成したりと、いくつかの段階で作用します。

この成分はまた、免疫力を高めることもできます。

6.くるみ

くるみ

くるみはニンニクと同様にアルギニンを豊富に含んでいます。またグルタチオンやオメガ3脂肪酸、抗酸化成分、不飽和脂肪酸も豊富です。

  • グルタチオンや脂肪酸は肝臓のデトックス機能を助けます。
  • 抗酸化成分や良質な脂肪は肝臓を守ります。

7.リンゴ

リンゴには身体を守り、消化器官から有害物質を取り除いてくれるペクチンが多く含まれています。

ペクチンにより、肝臓は健康的にはたらき、有害な物質を減らしてくれます。

こちらの記事も合わせてお読みください: 代謝をあげるスパイス7選

8.ターメリック

ターメリック

ターメリックにはクルクミンと呼ばれる成分が含まれています。クルクミンは抗酸化作用や抗炎症作用に優れています。また胆汁を生成し、肝臓をより綺麗にしてくれます。

ターメリックは肝臓の細胞を若返らせ、アルコールやその他の成分に含まれる有害物質を中和してくれます。

この成分の効果を十分に得るためには、日々の食事の中に取り入れるのが一番です。スパイスとして、少量加えることから始めてみましょう。

9.レモンとライム

レモンもライムも柑橘系のフルーツで、ビタミンCや有害な成分を除いてくれる抗酸化成分を多く含んでいます。

絞ったレモン水やライムジュースをグラス一杯飲むだけで、肝臓の機能を刺激し、一日を最高の状態でスタートすることができます。毎日空腹の状態で飲んでみましょう。

画像提供 © wikiHow.com

あなたへおすすめ