口腔内環境と炎症性腸疾患の関係

口腔の健康は、炎症性腸疾患に影響を受けることがあり、またその逆もあります。この興味深い関係性について、この記事で詳しくご紹介します。
口腔内環境と炎症性腸疾患の関係

最後の更新: 03 5月, 2022

炎症性腸疾患が口腔内の健康に影響を与えることをご存知でしょうか? 医師がこの疾患を診断する頻度も増えています。信じられないかもしれませんが、実はお口の中の健康と密接な関係があるのです。この記事では、そのすべてをお伝えします。

クローン病やその他の炎症性腸疾患(IBD)は、消化管に影響を及ぼす疾患です。これらの疾患の最もよく知られた症状は、下痢、腹痛、貧血、体重減少、疲労感です。しかし、口の中に症状が現れることもあります。

ですから、この病気にかかったら、歯科医に知らせることが非常に重要です。そうすれば、口の中の症状にも気を配ることができ、口の中を健康に保つことができるようになります。

また、口の中の状態が消化器系疾患の発症に影響を与えるという説もあります。この記事では、このことについてお伝えします。

お口の健康と炎症性腸疾患の関係

炎症性腸疾患は、消化管(主に腸)を侵す一群の疾患です。最も一般的な疾患は、クローン病と潰瘍性大腸炎の2つです。

潰瘍性大腸炎は、主に大腸が侵されます。一方、クローン病は、口から肛門までの消化管のどこにでも発現する可能性があります。したがって、クローン病は口とより密接に関係しています。

患者は、通常15歳から30歳までの若い人たちです。症状は慢性的で、下痢、腹痛、体重減少、さらには直腸出血を引き起こします。しかし、口腔内を含む腸管の他の部位にも症状が現れることがあります。

この症状は、消化管における自己免疫反応の結果として生じます。腸の炎症は、未知の物質によって引き起こされるのです。

このタイプの問題の原因は、まだ解明されていません。遺伝的な条件や環境的な要因など、炎症性腸疾患の出現を助長するいくつかの要因があります。

口の中の病気を引き起こす微生物が腸の病気と関係しているという研究もあります。実際、炎症性腸疾患と歯周炎、う蝕、口腔感染症などの口腔内の健康問題には密接な関係があることを示す研究があるのです。

しかし、この問題がどのように消化管に起因しているかは明らかではありません。そこで、炎症性腸疾患と口腔内の健康を関連づけるいくつかの説を紹介します。

お口の健康と炎症性腸疾患:競合する理論

口腔と炎症性腸疾患の関係を示す学説のひとつに、口腔の症状が消化器系の症状に先行するというものがあります。つまり、腸に炎症が起こる前に、口腔内に炎症が起こる可能性があるということです。そのため、口の中の障害に気を配ることで、消化器系の病気を早期に診断することができるのです。

一方、炎症性腸疾患の発症を説明するために、口腔内の衛生状態が非常に良いことが発症に有利に働くという説も出てきています。口腔内の状態が悪いと症状が悪化するというのは、他の全身疾患ではよくあることですが、この場合は、歯の清潔さが消化器系疾患の引き金になる可能性があるというのです。

この仮説を支持する人々は、幼少期から口の中の細菌が減少することが、炎症性疾患、アレルギー性疾患、自己免疫疾患の増加に関係している可能性があると説明しています。口腔内の衛生状態が適切であれば、感染性物質にさらされることが少なくなります。

そのため、微生物のバランスが崩れ、免疫寛容の確立が妨げられ、病気の発症につながりやすくなる可能性があります。しかし、この関連性を示す証拠はほとんどありません。

先の見解とは対照的に、いくつかの研究では、口腔内の健康状態の悪化と炎症性腸疾患の間に関連性があることが分かっています。実際、初期歯周炎が存在し、口腔内の病原性細菌が増加すると、クローン病や潰瘍性大腸炎を悪化させることがあります。

なぜなら、これらの微生物は消化管内を移動し、腸の炎症反応を誘発するからです。ですから、口腔内の健康をおろそかにするのはよくありません。

お口の健康 炎症性腸疾患
バクテリアは消化管に遍在しているので、微生物叢の乱れは口と腸に病気を引き起こします。

こちらもお読みください:ココナッツオイルでお口の健康促進!

炎症性腸疾患が口腔の健康に及ぼす影響

炎症性腸疾患は、口腔内に症状が現れ、口腔内の健康に影響を及ぼすことがあります。症状の多くは消化管に集中しますが、口腔内にも関連した問題が現れることがあります。

それでは、見ていきましょう。

口内炎

口腔内やその周辺の潰瘍は、炎症性腸疾患の最も一般的な口腔内の症状の1つです。実際、下部消化管に障害が起こる前に、この病気の最初の症状の1つとなることがあります。

口内炎やアフタ性潰瘍は、口腔粘膜にできる痛みを伴う潰瘍です。黄白色に見え、周囲に赤い炎症性のぶつぶつが見えます。

頬、舌、口唇、歯ぐきの周囲にできることがあります。潰瘍性大腸炎の患者では、しばしば再燃時にアフタ性潰瘍が出現し、危機が過ぎると消失します。

これらの口内炎は、病気そのものの症状である場合もあれば、以下のような他の要因に関連している場合もあります。

  • 薬物療法。潰瘍性大腸炎の治療に用いられる薬剤の副作用として、口内炎が生じることがあります。これらの薬はドライマウスを引き起こし、口腔粘膜を傷つけやすくします。
  • ビタミンやミネラルの欠乏。IBDに伴うこれらの微量栄養素の吸収の低下や損失は、口腔内のアフタ性潰瘍の出現を促進します。

口腔衛生と炎症性腸疾患〜ドライマウスと口臭〜

唾液分泌の低下とそれに伴うドライマウスは、炎症性腸疾患と関連するもう一つの口腔内の問題です。実は、この口腔内の潤滑油の減少は、この病気の治療に使われる薬に関連しています。

IBDの治療に用いられる特定の副腎皮質ホルモン剤、抗炎症剤、下痢止め薬、抗生物質、抗コリン剤は、副作用として口腔乾燥を引き起こす可能性があります。一方、ドライマウスは、患者さんに不快感を与えるだけでなく、虫歯、歯周炎、口臭など他の症状を引き起こしやすくします。

口臭は、ドライマウスと不十分なお口のケアが組み合わさって起こることが多いです。唾液の不足による自浄作用の低下と、不衛生による細菌、食べかす、古い細胞の蓄積が悪臭の原因となります。

また、潰瘍性大腸炎を患っている人は、大腸内の硫酸還元菌の数が多くなります。そのため、硫化水素ガスの発生が多くなり、これも口臭の原因となります。

味覚の変化

IBDの患者さん、口の中に奇妙な金属味や酸味が感じられることがよくあります。この症状は、大腸全体が侵される潰瘍性大腸炎の重症型である膵炎に関連することがほとんどです。

味覚異常は、ビタミンB12の欠乏と関連している可能性があります。また、スルファサラジン、アザチオプリン、メトロニダゾールなどの薬剤の副作用として起こることもあります。

口腔粘膜の炎症

唇の外側が赤く腫れる炎症は、炎症性腸疾患の口腔内症状としてよくみられます。腫れは顔の他の部位にも及ぶことがあり、口腔顔面肉芽腫症として知られています。

口角炎では、唇に赤い病変ができます。口唇炎は、通常、風邪をひいたときに現れ、消化がよくなるまで消えません。

さらに、舌炎や舌の炎症も、IBD患者によく見られる口腔内の症状です。舌が腫れて大きくなり、嚥下や発声が困難になります。

その他、口腔粘膜の症状としては、頻度は低いですが、石灰沈着症があります。これは頬の内側に現れ、石ころのような白い斑点に見えます。咀嚼や嚥下時に非常に気になることがあります。

これらの粘膜病変の原因は、通常、ビタミンB12または鉄の欠乏です。また、長期のコルチコステロイド治療もこのような症状を引き起こすことがあります。

口腔の健康と炎症性腸疾患〜虫歯と歯周病〜

IBDの患者は、虫歯のリスクが高くなります。ドライマウスや炭水化物の摂取量の変化に伴う細菌性プラークの蓄積は、この口腔疾患の出現を促進します。

歯肉炎や歯周炎も、炎症性腸疾患の患者によく見られる症状です。これらのプロセスはすべて、その炎症性という点で共通しています。これらは、環境因子、遺伝的素因、微生物叢の変化の組み合わせによって引き起こされる可能性があります。

また、ビタミンの欠乏、口腔内の乾燥、ある種の薬剤の使用も、これらの口腔疾患の一因となります。実際、歯周病とIBDを関連付ける研究もあります。しかし、その関連性のメカニズムを明らかにするためには、さらなる研究が必要です。

口腔の健康 炎症性腸疾患
虫歯はIBDの患者でより頻繁に起こり、他の口腔病変もそれらの発生率を増加させます。

歯科医院を受診するタイミング

これまでお伝えしてきたように、IBDに罹患すると口腔内の症状はよく起こり得ることです。そのため、この消化器疾患の診断を受けたら、できるだけ早く信頼できる歯科医院に行き、その旨を伝えましょう。

専門家が状況を判断し、それに応じてフォローアップを手配してくれるでしょう。また、歯垢を減らし、コントロールするために、定期的なクリーニングも重要です。また、服用している薬について歯科医に伝えることで、副作用を最小限に抑えるために必要な措置を講じることができます。

腸の病気の診断に至る前に、多くの口腔内病変が現れることがあります。そのため、6ヶ月に一度の定期的な歯科検診が最も重要です。

口腔粘膜の病変、例えば、口内炎、唇や舌の腫れ、口唇炎、頬の白い斑点などが原因不明のまま現れたら、歯科医を受診することをお勧めします。専門家であれば、その傷と腸の劣化を結びつけて、専門医を紹介することも可能かもしれません。

お口のケアの重要性

これまでお伝えしてきたように、炎症性腸疾患は口腔内の健康に影響を与えることがあります。そのため、お口の中をできるだけ健康に保つように気をつけることは、時間を有効に使うことになります。

医師の指示に従い食事に気をつけ、糖分の摂取を控えることは、細菌性プラークを抑制することにもつながります。また、1日2回の徹底したブラッシング、フロス、フッ素入り歯磨き粉、洗口液など、徹底した口腔衛生が口腔内を守ります。

適切な衛生習慣を維持し、医療従事者と密接にコミュニケーションをとることで、炎症性腸疾患の影響をコントロールすることができます。

こちらの記事もおすすめです。
口内炎や口の中の痛みを和らげる方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
口内炎や口の中の痛みを和らげる方法

口内炎は口の中に出来る潰瘍です。小さいですが出来た場所によっては痛みがひどく、とても不快なもの。熱いもの、冷たいもの、硬いもの、酸っぱいものなどは特に痛みを刺激します。口の中は常に湿っており、食べ物を食べるためなかなか治りにくいようです。今回は早めに治したい方に嬉しい情報をお伝えします。



  • Cai, Z., Zhu, T., Liu, F., Zhuang, Z., & Zhao, L. (2021). Co-pathogens in Periodontitis and Inflammatory Bowel Disease. Frontiers in Medicine8.
  • Chandan, J. S., & Thomas, T. (2017). Inflammatory bowel disease and oral health. Bdj Team4(5), 17083.
  • Favia, G., Limongelli, L., Tempesta, A., Maiorano, E., & Capodiferro, S. (2020). Oral lesions as first clinical manifestations of Crohn’s disease in paediatric patients: a report on 8 cases. European Journal of Paediatric Dentistry21(1), 66-69.
  • Peláez, C., & Requena, T. (2017). La microbiota intestinal (Vol. 79). Los Libros de la Catarata.
  • Papageorgiou, S. N., Hagner, M., Nogueira, A. V. B., Franke, A., Jäger, A., & Deschner, J. (2017). Inflammatory bowel disease and oral health: systematic review and a meta‐analysis. Journal of Clinical Periodontology44(4), 382-393.
  • Imai, J., Ichikawa, H., Kitamoto, S., Golob, J. L., Kaneko, M., Nagata, J., … & Kamada, N. (2021). A potential pathogenic association between periodontal disease and Crohn’s disease. JCI insight6(23).
  • Weisshof, R., & Chermesh, I. (2015). Micronutrient deficiencies in inflammatory bowel disease. Current Opinion in Clinical Nutrition & Metabolic Care18(6), 576-581.
  • She, Y. Y., Kong, X. B., Ge, Y. P., Liu, Z. Y., Chen, J. Y., Jiang, J. W., … & Fang, S. L. (2020). Periodontitis and inflammatory bowel disease: a meta-analysis. BMC Oral Health20(1), 1-11.
  • Kato, I., Sun, J., Larson, J., Hastert, T., & Abrams, J. (2020). History of Inflammatory Bowel Disease and Self-Reported Oral Health: Women’s Health Initiative Observational Study. Journal of Women’s Health, 29(10), 1303-1311.
  • Docktor, M. J., Paster, B. J., Abramowicz, S., Ingram, J., Wang, Y. E., Correll, M., … & Bousvaros, A. (2012). Alterations in diversity of the oral microbiome in pediatric inflammatory bowel disease. Inflammatory bowel diseases, 18(5), 935-942.