コリアンダーの/知られざる用途と特性

· 11月 14, 2015
コリアンダーの特性の一つに、生理痛の軽減があります。 また、免疫システムを強化し、鉄分が豊富なため貧血にも効果があります。

食べ物に独特の風味を与えるコリアンダーは、 ヨーロッパでは特に南東部で広く使われ、中国そのほかアジアの国々、インド、南米、トルコ料理にも使われています。

おいしいだけではなく、多くの効能を持つコリアンダーの特性を学び、食生活に加えましょう!

肉類、魚介類、野菜、スープ、そしてソースなど、様々な料理を美味しくするコリアンダーは、イタリアンパセリと似ていますが独自の風味があります。

また、コリアンダーの種子も調味料として使用することもできます。コリアンダーは、パクチーやシラントロとも呼ばれることもあります。

コリアンダーの特性

コリアンダーは消化器系の機能を高める栄養素が豊富で、食欲を刺激し、特定の食品による体内への刺激を低下させます。

ビタミンA、K、B、C、Eなどのビタミン、そしてカルシウム、カリウム、マグネシウム、リンなどをはじめとするミネラルが豊富に含まれているコリアンダーは、有害物質に付着し、尿や汗を通じて、重金属などの毒素などを体外へ排出します。

呼吸器系の問題を抱えている場合は、水1カップにコリアンダーの葉を一握り入れて抽出したコリアンダー茶を飲むと、肺、喉頭、鼻などの粘液の除去を促進する効果があると言われています。

出産後の母乳の出が悪い女性(例えば、帝王切開を受けた場合など)は、コリアンダー茶をお試しください。

また、肝不全の症状を緩和、体内の細菌を浄化、そして血液から「悪玉」コレステロールのLDLを除去するのに役立つと考えられています。

コリアンダー(学名:Sativum coriandrum)は、6種類の酸(特にアスコルビン酸やビタミンC)を含んでいるため、多くの健康効果が期待できます。

詳しくご紹介します。

コリアンダーを摂取する利点

炎症の緩和

関節炎

コリアンダーの持つ抗炎症作用が、リウマチや関節炎などの強い痛みを伴う変性疾患が原因の炎症の症状を緩和します。

また、腎臓の問題、体液貯留、腎臓結石を持つ人々にも効果的です。

コレステロールを低下

この特別な香りを持つこのハーブはまた、血液中の悪玉コレステロール値を低下させる効果があると言われています。

静脈と動脈の内壁に蓄積された脂質を除去することで心臓発作をはじめとする心疾患の予防に役立ちます。

下痢を緩和

コリアンダーに関連した食品や製品(例えば精油など)は、消化を促進することで、肝臓や腸の機能を向上させるため、真菌や微生物が原因の下痢の症状を緩和するのに役立ちます。

また、生のコリアンダーの葉を食前に摂取するのも効果があると言われています。

口内炎を治療

口臭

口の中に傷や潰瘍ができた場合は、コリアンダーがおすすめです。

治癒効果と抗菌特性を持つ抗菌剤と言われるコリアンダーは、口内の問題を軽減しながら、口の中をフレッシュに保つなど、口臭にも効果があります。

貧血の防止

コリアンダーは鉄分が豊富に含まれているため、鉄分が不足している人は、サラダ、お茶にしたり、みじん切りにしてスープ、そしてソースの材料として食生活に加えるといいでしょう

ご存知ですか?:貧血を自然に緩和する7つの食品

消化器系の問題を改善

食欲を刺激する効果があると言われるコリアンダーは、海外では回復期の患者や拒食症患者の食事に加えられることが多くあります。

体内の消化酵素や消化液の分泌を促進しながら、消化に関する様々な問題を緩和するのに役立つと言われています。

免疫系を強化

コリアンダーのエッセンシャルオイルは抗酸化物質が豊富で、体内をクレンズするのに役立つと言われています。

また、ビタミンCと鉄分の含有量が高いため、免疫系を強化します。

結膜炎を治療

結膜炎

優れた消毒剤としての働きがあるコリアンダーは、結膜炎などの目の感染症の治療を促進する効果が期待できます。

また目の傷などに効果がある、コリアンダーを使った自然療法があります。

コリアンダーの葉を一握りと水カップ1杯を沸騰させてお茶を作ります。冷めたら、コットンをその液体に浸し、目の上にさっと塗りましょう。

糖尿病の症状を改善

2型糖尿病の場合は、食事にコリアンダーを加えると、インスリンの生成が促進されるため、血糖値を低下する効果があると考えられています。

こちらの記事もご参考に:本当に効く!糖尿病に良い5つの薬草

女性の友

コリアンダーティーは、月経周期に関連するホルモンの変化を減少させたり、バランスをとるのに最適です。月経痛を緩和することが証明されています。

重要な臓器や腺の機能を改善

コリアンダーは、リナロール、ゲラニオール、ボルネオールなどの精油成分が含まれているため、胃腸の機能をサポートするなどの健康維持効果が期待できます。

また抗酸化作用を持つビタミンC、鉄、そしてカルシウムなどが含まれているため、内分泌腺に加え、肝臓、膵臓、肺、胃の機能を高めると考えられています。

日本でも、徐々にその知名度が上がっているコリアンダーですが、これほど多くの用途があることはご存知なかったかもしれませんね。

以前より手軽に手に入るようになったコリアンダーをぜひお試しください!