子供同士の喧嘩に対処する方法

5月 8, 2019
子供同士が喧嘩をするのはよくありますが、身体的な攻撃を相手に加えるのではなく、自分がイライラしている理由や腹が立つ理由を言葉として相手に伝えるように教えることが大切です。

子供同士の喧嘩を目にすることはよくありますが、相手へのイライラや怒りは人間なら誰でも経験する感情であり、2歳から思春期まで間には喧嘩をする子供が多くいます。

感情の食い違いや、生存本能が活性化することで、子供は自分と同世代の子供や自分より年上の子供と喧嘩をする傾向があります。

また自分より年下の子供を支配をするためや、自分の言うことを聞かせるために喧嘩をすることもあります。

子供は、他者への尊敬や敬意、そして共感力や自制心を自宅で学ぶため、子供同士の喧嘩において親が重要な役割を果たします。

子供たちの喧嘩に対処方法

小さい子供の喧嘩では、相手を噛む、髪を引っ張る、突き飛ばす、殴る、そして言葉で攻撃するなどの行動が起こります。

年齢が上がるに連れて、身体的な攻撃に加えて相手を「いじめ」ることが増え、思春期に入るとさらに暴力的になり、喧嘩と暴力の境界線を越えることがあります。

ここからは、子供同士の喧嘩をより良い方法で仲裁するための6つの重要な鍵をご紹介します。

こちらもご覧ください:まさかうちの子が?いじめに遭っているかどうかを知る方法

1. 言葉の持つ力を教える

子供同士の喧嘩と母親

子供には、暴力ではなく言葉で解決することの大切さと、言葉の持つ強い力を教える必要があります。

何か相手に同意できないことや意見の相違があっても、まずは言葉を使って相手と話すべきだと子供がしっかりと理解することが大切です。

何か問題を解決するためには、暴力に頼るのではなく言葉という合理的な方法を選ぶことが大切だと子供自身に教えてください。

また、暴力が喧嘩の答えではないことを子供に教えるためには、親が子供をしつける時に決して暴力を使ったり攻撃的な態度をとってはいけません。

2. 親が見本になる

誰でも感情が爆発して、他人と対決をしなくてはいけない状況があります。

ここで大切なのは、他人との対決を避けることではなく、感情の爆発をどうコントロールするかです。

子供というのは、自宅での大人の様子、つまり親を映す鏡なので、親の家庭での振る舞いや子供に対する態度が、子供の情緒教育に影響を与えます。

親が怒りっぽく、常に誰かを屈辱したり、壁に物を投げつけるタイプならば、子供が暴力的になる傾向があります。

そして、親が暴力的な行動を常にとる場合には、親がどれだけ良いアドバイスや注意をしたとしても、親の行動を自然と模倣する傾向があります。

子供に何かアドバイスをする前に、親は自分の行動を振り返り、自分は子供の良い見本になっているか自問してください。

3. 子供同士の喧嘩では、知恵と平穏さを保つ

ここまででご紹介したように、子供は自宅で感情をコントロールする方法を学びます。

子供には、衝突や対立が起こりうる状況や、何かを不快に感じる状況に直面した時には、常に賢明な行動をとるように教える必要があります。

私たち人間は、他人との関係において、本能的にそして非合理的に行動することはできません。

自分と相手の感情を的確に見極めて、特に緊張した状況では、相手との適度な距離と境界線を保つ方法を理解することが大切です。

4. 地球が子供の周りを回っているのではないことを思い出させる

子供がいつも正しいというわけではないこと、そして世界は子供たちの周りを回っているわけではないと教えることが大切です。

人間は誰でも好みや好きなものが違う人と共存して生きており、常に他者への敬意を持って毎日の生活を送ることが不可欠です。

自分の言動や希望が、他人にとっても優先事項になる訳ではないこと、そしてそれが原因で他人と何か問題を起こすのは良くないことだと理解することが大切です。

他者への敬意を持って毎日の生活を送り、他人に対して積極的に立ち向かう時には、状況を何回も振り返り熟考し、他人への敬意を払うことが大切です。

5. 喧嘩の結果を判断するように教える

他人を拒絶すること、傷つけること、そして虐待することなど、暴力的行動の結果を子供に予測、そして判断させることが大切です。

子供の年齢に関係なく、喧嘩をすることで起こる結果や負の可能性について、子供自身が予見することを学ぶ必要があります。

子供たちは次第に、喧嘩という矛盾が生じる状況に対処、または回避するための最善の方法を自ら学んでいきます。

6. コミュニケーションの大切さを教える

ティーンの喧嘩

両親と子供がコミュニケーションについて話したり議論するのは、一見すると簡単なことではありませんが、コミュニケーションとは、何か衝突が起こるような状況で子供が多くの概念を理解するのに役立ちます。

子供との会話を大切にし、子供の話に耳を傾けて、子供の毎日の生活について質問することが大切です。

親と子供が適切なコミュニケーションをとることで、子供は徐々にコミュニケーションの大切さを学びます。

そしてその親子の会話の中で、徐々に親以外の人々とのコミュニケーションについても話をするように心がけてください。

親の役割は、子供の見本となり導くこと

泣いている子供

親の役割は子供の見本となり、子供を正しく導くことです。

子供に社会の秩序と他者への敬意、そして境界線を教えるのは親です。

子供が明らかに悪いことをした場合は、正しい方法で子供をしつけることが大切です。

誰かと常にトラブルを起こすタイプの子どもの場合は、親は一貫した態度と考えを維持し、決して「今回だけは許そう」などという例外を作ってはいけません。

親が子供に暴力を振るう場合は、子供も周りの子供に暴力を振るう可能性があります。

子供をしつける時には、暴力を用いず子供に子供の見本になることを心がけながら、一貫した考えでしつけることが大切です。

ご存知ですか?:叱る前に!子供の教育に役立つ5つのテクニック

子供や思春期のティーンエイジャーは、自分の行動の理由となる「原動力」を持っています。

これを良い方向へと伸ばすように、親は年齢に応じた問題への対処法を子供に教えましょう。

子供の喧嘩は友人や学校のクラスメイトとだけではなく、兄弟姉妹の間でも起こります。

親が精神状態を平穏に保ち、一貫した考えで、そして暴力を使わずに子供に教育やしつけを行えば、共感的で合理的な、そして幸せな大人へと成長します。

子供同士の喧嘩に対処するためには、正しい対処法を子供に教えることが大切な鍵となります。